白浜学園

白浜学園の日常

平成30年度第一回『人権擁護(虐待防止)』研修会

2018-04-15 18:29:10 | Weblog

4月5日(木)今年度第一回の『人権擁護(虐待防止)』研修会が、

講師に、社会福祉法人ぶどうの里・名誉理事長の田ケ谷雅夫さんを迎え、

「知的障害者の人権擁護とはなにか」をテーマに白浜学園食堂で開かれました。

  

 

職員2名の感想で、内容の紹介に換えます。

許可を得て、当日、ビデオ撮影をしました。業務で参加できなかった職員に見てもらおうと考えています。

平成30年度の良いスタートが切れました。

 

   **************************************

◎ 藤原 智香子(日向子ども発達支援センターもくせい園)

田ケ谷先生の講演を聴かせて頂き、今までいろいろな福祉の研修に参加させて頂きましたが、こんなに

内容の濃い研修は初めてでした。あっという間に2時間が過ぎてしまいました。

フィリピンのパグサンハンでの子どもたちが、売春させられている写真は、思わず目を背けたくなるよ

うな映像でしたが、今現在このようなことが現実に起こっているのだと驚きと悲しみの気持ちでいっぱ

いで、一人でも多くの子どもを救うために、何か私たちに出来ることはないのか、もっとそういうこと

を知りたいと思いました。 ~中略~ 歴史にも詳しく、英会話も出来、趣味も豊富で、ボランティア

もされており、数多くの本を読んでおられ、またご自身も本を出版されており、言葉では言い表せない

程の凄い方なのだと改めて思いました。このような素晴らしい方の研修を受けることが出来、本当にあ

りがたく思います。

今回の研修で、人権擁護の本当の意味「すばらしい人生を生きていきたいあこがれを充たす」というこ

と、積極的に障害の軽減・改善をすることが、最高の人権擁護であるということを学びました。

田ヶ谷先生が仰られたように、心を込めて支援すれば必ず軽減・改善すると信念を持ち、愛情を持って

子どもたちの療育を行っていきたいと思います。

まだまだ私は知識不足なので、まずは本日購入させて頂いた「福祉のこころ」を読み勉強したいと思い

ます。貴重な研修に参加させて頂き、ありがとうがざいました。

 

◎ 宗 千恵子(相談サポートセンターしらはま)

今回、初めて田ヶ谷先生のお話を直接聞かせて頂きました。

講演の内容は、フィリピンの児童買春の話、インドで無償で重症心身障害児の支援をされている渋谷り

つ子さんの話等、グローバルで私が考える権利擁護とはまったくスケールの違う人権擁護のお話で、こ

んなに間近で、こんなお話を聴けるなんて、白浜学園の研修すごいなと思いました。

障害者の強制不妊手術・・・医療・福祉の専門職の人権侵害が一番こわいということ。専門家がいいこ

と、この人たちのために・・・と知らず知らずに人権侵害している。本人のことを本人の前で平然とし

ゃべる・・・知的障害があっても、折り目正しくつきあわなくてはいけない、不作法ではいけない、最

重度の人でも予想以上に伸びる、その人の幸せのために積極的に持っている障害を軽減・改善させる、

治せるところはすべての努力をはらう、必ず改善できるという信念を持つ、言葉の一つ一つが実践によ

る重みがあると感じました。

86歳の田ヶ谷先生が、生き方の3点セットとして、仕事・ボランティア・趣味をあげられ、先立って

ボランティアをすべき、できる形でできることをする、ボランティアをしない人間は人間ではない、大

人になっても子どもと同じ新鮮な関心・喜びを持つべき、ポップアップ絵本やフォルクスワーゲンミニ

カーのお話、仕事に追われているだけではだめだなと思いました。

最後に宮沢賢治の歌を詠まれた時は、先生が癌だと言われたことや、菅修先生が最期まで自分を客観的

に科学的に分析しながら死をとらえた意思と重なり、胸が熱くなりました。

   **************************************

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月の和菓子処‘桃乃屋‘さん展、桃乃屋さんの和菓子

2018-04-14 11:16:27 | Weblog

4月の和菓子処‘桃乃屋‘さん展は、『にこにこ絵画教室のトートバッグ展』です。

昨年のアートピクニック展で好評だったトートバッグの、展示・販売です。

原画も、展示しています。

メンバー・職員の励みにもなります。

よろしかったら、お買い求めくださいませ。

 

        

 

また、いつも快く展示させていただくうえに、

販売もしていただく‘心優しい桃乃屋さん‘の春のお菓子も、ご紹介します。

お味は、園長の太鼓判付きです。

目で、ご賞味くださいませ。

     

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『花より団子』

2018-04-14 10:38:54 | Weblog

外出から、帰って来ると、机に、美味しそうな‘桜もち‘が。

ゆうゆう工房の渡邊先生の‘お菓子作り教室‘の作品でした。

ただいま、白浜学園は‘春爛漫‘、色とりどりのお花が真っ盛りです。

「でも、きっと、園長は‘花より団子‘よねえ」って、声が聞こえたような・・・

気がしました。

美味しかったですよ、ありがとうございました。

 

何とか、画面に収めようと、アングルに苦心したきたのさんの撮影です。

          

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開園記念日

2018-04-02 13:50:50 | Weblog

正確には、4月1日が開園記念日ですが、みんなが揃った日のほうがいいだろうと

今日、ささやかなお祝いの膳をみんなで楽しみました。

新卒の3人も、顔をそろえ、平成30年度の始まりです。

急なお休みに、懐かしい以前の世話人さんが、助っ人で、出勤されました。

「リバイバルチキン」だの「OGは、大事にします」だの、にぎやかでした。

早速、「にんにく剥きが、忙しいと聞いたから・・・」とか、

「畑の肥料(米ぬか)、取りに行ってきます」など、

新たなサポーターとしてのご縁に、感謝です。

これからも、どうぞ、よろしくお願いします

 

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつまでも、お元気で!

2018-04-01 20:15:05 | Weblog

もくせい園の桜が、満開です。今までで、いちばん見事に咲いているように思います。

‘春‘は、出会いと別れの季節。3月最後の金曜日、お別れをした職員さん達がいました。

「もう一年は、がんばれると思うけど、途中で何かあって、迷惑をかけたらいけないから・・・」

「長い間、お世話になりました。いいメンバーさん達で、愉しかった」年齢や健康問題で、辞められた方たちから。

「(家庭の事情で)こんな形で、辞めるとは思ってもいませんでした・・・」

「三つ職場を経験したけど、ここがいちばんでした。最初に、園長が『楽しんでください』と言われ、

何を楽しむんだろうと思っていました。でも、ホントに楽しかった。(70歳を機に)辞めたくないけど、

ケジメはつけんといかんです。畑に、私の小屋を作ってくれるそうですから、また、来ます」

ホームや白浜学園、第二白浜学園は年配の方々に、助け支えてもらっています。

以前、ある職員さんが、「園長、私、60歳になったら〇〇〇さん、65歳になったら〇〇さん、人生のモデルが出来ました

と言ったことがありました。

白浜学園は、いい職員さんに恵まれています。

皆さん、口々に、園長体に気を付けて・・・と言ってくださるけれど、皆さんこそ、

『どうぞ、いつまでも、お元気で

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すごい話~夜勤について

2018-03-21 12:59:56 | Weblog

「どこの施設でも、夜勤を敬遠して、入所施設の職員を希望する人がいない」という話をT先生にしたところ、

「そうかね。私は、夜勤が好きだった。だって、園生さんと長く、一緒にいられるじゃあないか。ま、夜勤はつらいけどね」

と言われ、一瞬、私はびっくり、そして、目からウロコ!

夜勤を、私も特老で経験していますが、夜勤を楽しい、好きという側面からとらえていなかった気がします。

そんな話を、白浜学園のふたりの主任にしました。ふたりは、夜勤の現役です。

 

◎T主任

T先生は、夜勤が好きだった・・・と言われたということですか?すごいですねー。

私は、夜勤が大変と思う派です。一人夜勤(女性棟)で夜間無事に守れるだろうか・・・と未だに緊張します。投薬や更衣

に追われて、ゆっくりメンバーに関われる時間も持てず、下手したら、メンバーが楽しみにしている、おやつの時間もとれ

ないときもあります。もうしわけないなあ・・・と後ろめたい気持ちもあります。

たしかに、昼間に見られない爆笑(特に男性)シーンもありますが。

それこそ、昨日の友愛園の職員さんは、住み込みと聞いて、ひっくり返りそうになりました。

毎日、夜勤のようなものです。

昔の施設職員さんは、住み込みだったと聞きますので、メンバーとの距離感も近かったのだろうと思いますが、職員自身の

メンタルは大丈夫だったのか心配になります。

夜勤が好きと思われるほど、職員から、一緒にいたいと思ってもらえるメンバーは幸せですよね。

結果、私も言ってみたいけれど、言えない言葉ナンバーワンになりそうです。

答えになっていますやら?すみません。

 

◎Y主任

発想の転換ですね。

実際に夜勤をしていると、体力的にも気力にも、余裕がなくなってしまうのは正直なところです。

ただ、自分が学生の頃は、福祉がもう少し周りに誇れるような仕事だと教えられたし、そう思っていました。

待遇や環境を気にすることもなかった気がします。周りの友達も同じように感じていたと思います。

時代が違うと言えばそれまでですが、福祉がサービスへと変化したことと関係があるのでしょうか?

T先生にも聞いてみたいです。

ただ、働きやすい環境作りも、自分たちの仕事だと思っています。

T先生は、生粋の福祉人なのですね。器が違い過ぎて、若い職員に伝わるか心配です。

 

ともに、白浜学園を支える二人の感想です。

夜勤を無くすことはできませんが、回数や時間帯など、工夫や改善は必要なこととと思います。

そして、白浜学園の職員であることが誇りに思えるような、職場風土と職員集団であってほしいし、

何より『利用者中心主義に基づく理念』がぶれることなく、貫かれる白浜学園であるように努めます。

 

★理事長とふたりのやりとり(メール)です。一言一句、替えていません。

こんな上司とともに、思いっきり福祉をしたい!働きたい!と思われる方は、連絡ください。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月の家族会‘春‘のバスハイク

2018-03-21 11:56:16 | Weblog

20日(火)、メンバー・家族・職員143名で、

3月の家族会行事『‘春‘のバスハイク』に出かけました。

あいにくの雨模様でしたが、沿道の菜の花は満開、

も3部咲き(所によってはほぼ満開)で、愉しい道中となりました。

Aコース 大分・道の駅「あさじ」道の駅「きよかわ」

Bコース ホテルメリージュ「曼荼林」よっちみろ屋

Cコース 都農「宴」「ママンマルシェ」

 

写真は、Bコース ホテルメリージュ「曼荼林」でのランチの様子です。

 

ランチは、この後デザートの杏仁豆腐が付きました。

たおかさんはじめ数名のメンバーは、PTの工藤先生のリハビリの成果で、体幹もしっかりして

小皿を持って、スプーンで食事が摂れました。

また、お出かけや外食に慣れているせいか、とても静かに美味しく食事ができて、

家族も職員もビックリでした。

帰園してみると、あちこちお土産が行きかっていました。

もらう方も、あげる方も、それが、お出かけのお楽しみのようです。

年度末のあわただしさの中、ほっかり一休みの楽しい一日でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒園式のおみやげ、

2018-03-18 12:34:27 | Weblog

市内のH保育所から、‘花の花‘へ、卒園式のお土産のご注文がありました。

パン職人3人で、シフォンケーキ(プレーン)を75個作り、

無事、お届けしました。‘卒園、おめでとう

 

 

 

10年以上、園長とやの主任で続けてきた、公立保育所の‘個別セッションを

この3月で終わりにすることにしました。

やの主任のサービス管理責任者としての仕事が増え、毎月2回の訪問もむずかしくなりました。

小学校に入学するAくんの最後のセッションは、数字とお名前書き、おまけのタングラム(いちばん難しい)でした。

ヤル気をなくすと、だんまりか、机にもぐっていたAくんも、担任のK先生とがんばり、

ノートいっぱいに練習するようになりました。

園長からのプレゼントの筆箱をしっかり握りしめていたAくん、

君の小学校生活に幸多かれと、祈ります。

    

いつも美味しい給食を頂いていました。

T子先生、ありがとうございました。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトデーetc. 

2018-03-18 12:05:13 | Weblog

2月の‘バレンタインデー‘のお返しの‘ホワイトデー‘の日、

白浜学園は朝から、ウキウキムードが漂い、いい香りに包まれました。

「義理チョコ、止めませんか」とゴディバが広告したようですが、

白浜学園に限っていえば、こんなに笑顔があふれ、恥じらう姿が見られるのなら、

「義理チョコもいいじゃないの」と思えます。

 

写真は、ゆうゆう工房の生どら焼き、夢限のクランチチョコレートのタルト、新生のかぼちゃチーズパイ、門川事業所のミニどら焼きです。

   

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月の和菓子処‘桃乃屋‘さん展、

2018-03-18 11:42:32 | Weblog

3月の‘桃乃屋さん‘展は、門川事業所の『‘春‘を楽しむ作品展』です。

門川事業所の作品は、ステンシルやデコパージュなど人気の作品が多く、

バザーや福祉のフェアなどでの売り上げもダントツです。

桃乃屋さんでの作品展でも、すでに、売れているものもあるようですので、

お早めにお出かけください。

              

コメント
この記事をはてなブックマークに追加