白浜学園

白浜学園の日常

白浜学園祭の準備、しいたけ、芋煮

2018-11-11 13:15:51 | Weblog

白浜学園祭のために、ゆうゆう工房のメンバーが、園内のコンテナにパンジーを植えました。

植えたのは、もちろん、あべ支援員で、現場監督の皆さんは、その様子をしっかり見届けていました。

ひろしさんは、空のポットを受けとり、重ねて持っていましたし、

だいすけさんは、土を掘り起こし、さらさらと移植ゴテからこぼして、を繰り返して、土を柔らかくしていました。

何とも言えない、メンバーとあべさんの、その空気感がうらやましかったです

  

 

生協のカタログに、‘しいたけ農園‘という、しいたけの栽培セットを見つけ、もくせい園・もくせいクラブで、しいたけ作りに取り組みました。

びっしり小さなしいたけが生えているのに、ギョと固まったり、「これ、タケノコ」「スーパーに売ってるやつ」「食べれるの」「天ぷらがいいな」と反応もいろいろでしたが、

もくせいクラブが、収穫一番乗りでした。

アルミホイルで、バター醤油焼きして、食べました。

食べると聞いて、大きなしいたけを採った子は、焼きあがるのに時間がかかり、だんだん不安になって、半泣き状態。

やっと、出来て、食べられると「おいしい」と、満足したようでしたが、

「今度は、いつ、出来るの」と、2回目の収穫を、早くも心待ちしています。

  

 

第二白浜学園恒例の‘芋煮会‘、畑でできた里芋やニンジン、ねぎなど、たくさん入って、おいしかったです

園長、試食分です。

 

 

コメント

11月の和菓子処‘桃乃屋さん展、最近のトピックス

2018-11-05 20:01:52 | Weblog

11月の和菓子処‘桃乃屋さん展は、『もくせいクラブの絵画展』です。

本当は、10月「もくせいクラブ」11月「もくせい園」の絵画展のはずだったんですが、

急きょ、『Tシャツ・トートバッグ展示販売』をしたために、11月を半々で使うことになりました。

月2回の‘絵画教室‘での傑作揃いです

機会がありましたら、どうぞ、覗いてくださいませ。

    

 

本来は、秋の豊穣と悪霊を追い払うという『ハローウィン』ですが、乱痴気騒ぎになっているようで、

白浜学園では、特には、何もしていません。

でも、ささやかですが、お昼の給食とおやつに『ハローウィン』を、取り入れました。

 

わかりますか?みんなの大好きなチャンポン、選択メニューの小鉢(ギョウザ・シュウマイ)、かぼちゃプリンです。

なかの栄養士が、不思議がるのですが、野菜嫌いのめいおうさんも、はちろうさんも、チャンポンと焼きそばの野菜は、全部食べるのだそうです。

白浜学園の給食は、とても美味しいです。写真は園長検食のため、小鉢は、2種類ついてます。

おやつも、ハロウィンのマドレーヌでした。

 

もうちょっと、らしくしようとお昼中のこたまちゃんに、園長が、毛糸の帽子と襟巻で変装させたのですが、

お昼寝を中断させられて、おかんむり

物凄く、怒っていました。今までで、いちばんの怒り顔です(ホントは、もっと可愛いのですよ)。

 

新生グループのカフェは、成人の施設ですから、

『ノンアルコールビール・ノンアルコールカクテル、ポテトサラダ・焼き鳥』の選択メニューです。

白浜学園で、初めて‘ビアガーデン‘をした時、『余計なことをして…』と、ある保護者の方にお叱りを受けました。

27年前のことです。

もくせいクラブの子どもたちから、白浜学園のメンバーまで、大好きなカフェ活動、

それぞれの担当支援員の思いを大切に、受け止めたいと思います。

 

『悪魔のおにぎり』という名前のコンビニの、おにぎりが評判です。

TVでも、取り上げられたせいか、なかなか手に入りません。

クックパッドのレシピをもとに、もくせいクラブのおやつ作りで、さっそく挑戦しました

おいしかったけれど、ますます本物が食べたくなりました。

 

コメント

‘秋のバスハイク‘、もくせい園の運動会

2018-10-28 12:07:30 | Weblog

我が家の庭のヤマボウシの実が、赤く色づき、金木犀の甘い香りも漂って、ようやく秋本番と思っていたら、

先日の家族会の‘秋のバスハイク‘で、出かけた宇目(大分)の道の駅への道中、山々はもう紅葉していました。

台風の影響で、山肌があらわだったり、倒木が目立ったり、被害の大きさを改めて痛感しました。

   

今回の‘秋のバスハイク‘、参加は総勢134名という大所帯でした。

職員の数がギリギリでしたので、みんな一緒に、源太(延岡)で、美味しい昼食(1600円)後、

高千穂・道の駅行き、宇目・道の駅行きの2コースに、別れて、初秋のバスドライブを楽しみました。

 

20日(土)、もくせい園の運動会が行われました。

運動会と卒園式は,もくせい園の二大行事です

恒例の皆の顔写真や、シールや指スタンプの手作りフラッグが、日向市体育センターいっぱいに張られました。

始まるまでの時間、みんな喜んで見上げていました。

お孫さんの写真を探していた方が、思わず『首がだれるわ』と、苦笑されていました。

たくさんの来賓の方や、家族に見守られ、子どもたちは、日ごろの療育以上の力を発揮して、皆さんを感激させていました。

連日、遅くまで、装飾等々の準備をした職員の皆さんのガンバリも、目を見張るものがありました。

    

 

2週間余り、ブログをお休みしている間も、居室の茶話会や調理のほか、高鍋リレーマラソンへの参加など、

白浜学園のメンバーや職員も、それぞれガンバっていました。

11月23日(金)の白浜学園祭を目指しての、‘作品作り‘に、励んでいます

 

 ブログを見てくださる皆さまに、お願いがございます。

桃乃屋さんでの、「Tシャツ・トートバッグ展」の売れ行きが、伸び悩んでおります。

あたたかい毎日とはいえ、もう半そでTシャツの季節ではないのかもしれませんが、

もし、よろしければ、お買い上げいただきますよう、お願い申し上げます。

 

コメント

10月の和菓子処‘桃乃屋‘さん展、

2018-10-08 11:16:01 | Weblog

10月の和菓子処‘桃乃屋さん展は、『Tシャツ・トートバッグの展示・販売』{25時間テレビで、紹介されました}、です。

白浜学園にこにこ絵画教室のメンバーの絵に、県北のデザイナーさん達が手を加えてくださったTシャツ・トートバッグを、

(株)アビックスの谷口さんが、ブランド化して、「宮崎のお土産にしよう」と、製作したものです。

24時間テレビ等で、紹介され、「どこに行ったら、買えるの」とお問い合わせをいただいていました。

県北では、延岡のエンクロスのみの販売だったので、

急きょ、桃乃屋さんにお願いして、今月いっぱい販売することになりました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

      

コメント

もくせい園の食育、祝お誕生日、自立促進訓練棟のお楽しみ調理

2018-10-08 09:58:23 | Weblog

日向子ども発達支援センターもくせい園では、年長さんのクラスを対象に、年1回、おさかなをまるごと食べる日を、設けています。

今年は、今が旬の‘サンマ‘(秋刀魚)を、出しました。

「これは、小さな魚が、大きくなったんだね」という、可愛い発言や、お箸と手で何とか食べようとする子、

使い慣れたフォークで、意外にきれいに身をはがして食べる子、

「これ(苦い腹ワタ)は、食べなくていいからね」と言っていたにも関わらず、ちょっと職員が目を離したら、

きれいにまるごと食べてしまった子など、さまざな反応でしたが、みんな上手に、食べていました。

 

朝ごはんを、あきらかに食べて来ていない子ども達のことが、最近、気になっていました。

しの栄養士と相談して、補食として、『朝のおやつ」の導入をすることにしました。

もちろん、現場の職員が取り入れやすい形も含めて、しばらく、試行錯誤しようと話し合いました。

最初は、早く来る子を対象に、簡単なスープから、始めましたが、

該当する子どもが少ないことと、スープよりも、小さなミルクパンが好まれたようで、

時間帯をずらして、給食作りに影響しないように、栄養補助飲料で試しています。

それにしても、職員は結構、良い取り組みをしているのに、「個人情報保護」という足かせで、

子どもたちの表情が載せられないのが、残念です

 

 

年を取るのは、ありがたくないないけれど、皆にお祝いしてもらうのは、格別に、うれしいもの。

女性居室の茶話会、男性居室の夜の外食、スタイルはそれぞれ違っても、

思わず、笑顔がこぼれます。

見ているこちらまで、うれしくなります。

 

 

促進棟(正式には、自立促進訓練棟)、今では、誰もが促進棟で済ませているし、

もしかしたら、正式名称を知らない職員もいるかもしれません。

グループホームが、制度として、出来立ての頃、入所施設とグループホームでの地域生活の中間施設として、

白浜学園の敷地内に、建設しました。

小学校から、実家を離れたメンバーの中には、入浴後、毎回お湯を抜いていた人がいたり、

お風呂のフタをせずに上がるので、お湯が冷めてしまったり、数々のエピソードがあります。

今は、男性3人のメンバーですが、好みの違いから、二人と一人に分かれて、‘調理‘に取り組んでいます。

この日、二人組の‘調理‘は、ハヤシライスがメインのようです。

 促進棟の活動報告で、Nさんの雑巾で床をふく様子に、職員一同、ビックリしたことがあります。

むずかしいメンバーにも優しく接してくれて、担当のとみた支援員には、感謝です。

 

コメント

余暇の過ごし方、ナイトミーティング

2018-09-30 05:59:21 | Weblog

余暇って、一般的な言い方ではないですね。

私は、施設の中だけで通用する考えや、言葉を無くして、

日向市のフツーの市民生活に近い『白浜学園の暮らし』を、求め続けていきたいと考えています。

今回の‘余暇‘は、日中の作業科での活動以外の時間と思ってください。

 

3連休後半は、第二白浜学園の長友さんにお手製の「ポン菓子機」で、‘ポン菓子‘を作ってもらいました。

最近は、皆の食べるものには、念には念を入れて、吟味しています。

気をつけないと、『老人の友』と言われる‘誤嚥性肺炎‘になりやすいメンバーが、増えてきたからです。

‘ポン菓子‘は、懐かしい、ほの甘い、味わいが、好評です

長友さん、いつもありがとうございます。

 

 

また、今回、初めて、もくせい園で、‘リトミック‘の指導をしていただいている佐藤ひとみ先生に、

‘リトミック‘を、お願いしました。

特に、もくせい園や、もくせいクラブの子どもたちに、大好評の‘オバケ‘(つぼみや花に変化するオーガンジーを頭にかぶるもの)を

お願いして、していただきました。

『きょうこさんの、あんな笑顔は、初めてです』と、メンバーにも支援員にも、大受けでした。

佐藤先生、楽しいじかんを、ありがとうございます。 

 

 

3日めは、休日担当の支援員さんによる、サーキット。

お休みで、なまった体を使ってもらおうと、無理のない体操やペットボトルの‘ボーリング‘、バランスボールなどを行いました。 

だいすけさんの笑顔も、楽しさを伝えてくれます。

 

毎月恒例の各作業科、事業所の代表が参加しての『ナイトミーティング』が、今月も行われました。

理事長からは、冒頭、「マクロの視点・ミクロの視点で、自分の仕事を見つめなおしてほしい」と

話がありました。

   

コメント

3連休(お彼岸)

2018-09-22 18:58:32 | Weblog

今年も、白浜学園の前の花壇には、彼岸花が咲きましたが、

赤い方の花は、盛りを過ぎたようで、白い(?)彼岸花が、元気に咲いています。

 

もくせいクラブで作った‘お彼岸だんご‘が、届きました。

また、先週には、『敬老の日キッズカフェ』で、もくせい園の職員よしながさんを招待しました。

メニューは、子どもたち手作りの水ようかんと、ピザトーストの選択です。

最初は、緊張気味だったよしながさんも、子どもたちの「あっ、よしながさんだ」という声に、緊張もほぐれたようで、

たのしいひと時を過ごせました。

  

 

朝夕は、涼しく感じるようになりました。が、今年は、『秋バテ』という言葉を耳にします。

風邪も、静かに、流行中です。季節の移り変わりに、体が追いつかないらしいです。

ゆうゆう工房は、特別活動で、大漁丸に出かけ、豪華なランチに、舌鼓を打ちました。

また、元気出して、学園祭に向けて、作品作りに励みましょう 

 

コメント

快気祝い

2018-09-19 07:35:11 | Weblog

胆石の手術で入院し、無事に退院。グループホームで静養中だった、Mさんが、

担当の石崎支援員に、付き添われて、顔を出しました。

退院して、すぐに、あいさつに来ていたので、「今日は、何」と、尋ねると、もごもご・むにゃむにゃ。

園長「・・・

石崎さんのフォローも、

ようやく、「お見舞いを、もらったから・・・」と、ペーパーバッグを抱えて、ゆっくり、近づく。

園長「あらまあ、(こんなことしなくても)良かったのに」

Mさん、ただ、にこにこ。

園長「でも、今日は、顔色もいいし、この前より、顔もふっくらして、赤みもあって、(手術をして)良かったわ

好対照の石崎さんは、「頭の皮膚まで、真っ黒ね。どうしたら、そんなに焼けるの何したの

すかさず、Mさん「外だからですよ」

園長「外作業

Mさん「ソフトボールの・・・」

園長「仕事じゃ、ないのね」(子供のソフトボールの応援らしい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石崎さん「快気祝いの、熨斗が、付いてなくて、すみません・・・」

Mさん「失礼しました」と退出。

園長「どうも、ありがとう。口の悪い園長で、すいませんね」

 

夕方、第二白浜学園のサビ管の黒木さんと、いつもの☎連絡。

園長「Mさんから、快気祝いを、もらったよ」

黒木さん「『園長から、見舞い、もらった』って、言うから、お返しせんとねって、言ったんですよ」

「そしたら、『イヤミも、言われましたけど』って。それも、愛情だからね」って、言ったら、

「『僕は、わかっているんですよ』って、言いましたわ」

園長「あらまあ(笑)」

Hコーディネーター(当時)が、警察からの依頼で、引き合わせてくれてから、十数年、

ちょっと気弱で、パチンコがやめられなくて、甘えん坊。

トマト加工と、学童クラブの仕事を半々というのが、今の彼に最適の就労です。

Mさん、石崎さん、黒木さん、「みんな、一緒に、生きていこうね

 

コメント

9月の和菓子処‘桃乃屋さん展‘、お誕生日の外食、他

2018-09-17 18:02:48 | Weblog

 夏の疲れが、どっと出て来そうな連休前の午後、門川事業所から調理療法の海苔巻きとお稲荷さんが、届けられました。

・・・うれしい・・・

 

白浜学園の業務日誌 に、お誕生日のお出かけの写真が、たくさん、挿入されていました。

ずいぶん外食にも慣れ、きちんとした格好をして、飛び切りの笑顔です。

おしゃべりをして、ゆっくり、食事を楽しむというわけではないのですが、

同じ居室のメンバー、それぞれのペースを大切に、好物の焼肉やチャンポンに、満足の様子がよくわかります。

     

 

 9月の和菓子処‘桃乃屋さん展‘は、ゆうゆう工房の『ひまわりとサーフボード』です。

      

コメント

9月の‘花の花‘ギャラリー、園内研修

2018-09-09 08:51:20 | Weblog

9月の‘花の花‘ギャラリーは、「趣味の会」の6名の皆さんの『秋の手作り雑貨展』です。

様々なジャンルの手作り作品が、所せましと並べられています。

あったかな手作り品を、お部屋に飾ってみませんか。

          

 

 

8月末、白浜学園の支援員対象に、虐待防止研修(Sさんのケース会議)をしました。

こだわりが強いSさんの意志や思いを理解するために、

今回は、特に、8月の保護者会に出席されていたご両親に、

やの主任がインタビューした映像を、了解を得て、出席した職員に見てもらいました。

幼い頃、おかあさんがSさんに文字を教えたことや、

帰省すると、おとうさんには‘仕事に行って‘と促し、

おかあさんには‘買い物に行って、Sさんの好物を買って来てほしい‘と注文するそうだとか、

私たちの知らないSさんのことを知って、見直すことがたくさんありました。

また、支援員の手を引いて、あちこち落ち着かずにいた理由が、

夕食のお盆の箸が違っていたことという気づきの報告もありました。

ともすれば、困った人、と思われがちなSさんには、愛情深く育ててきた両親がおり、

困った行為には、Sさんなりの‘理由‘思いがあることに、改めて気づいた研修でした。

 

 

 

 

コメント