むらくも

四国の山歩き

滝下の天狗塚・大茶山…徳島県

2018-05-26 | 祖谷山系

滝下の天狗塚、大茶山         たきしたのてんぐづか、おおちゃやま 


山行日                2018年5月24日
標高                 1445m、1419.4m
登山口                三好市東祖谷落合東
駐車場                なし(林道丸見線広い路肩)
トイレ                なし
水場                 丸見谷上流標高おおよそ1000m付近、大茶山北西標高おおよそ1100m林道沿い
メンバー               ピオーネ、むらくも




祖谷山系の主峰、標高1848.8mの矢筈山が聳えている。
その南西にある矢筈山前衛峰から、南に派生する主尾根を下るとサガリハゲ山があって、さらに下ってゆくと南側が崖で、空に突き上げた形の滝下の天狗塚がある。

6年前にこの山の南の国道439号線から犬に吠えられながら登り、ニホンカモシカの棲む崖を東に迂回し、標高1424.8m△滝下北を経て周回したことがあるが、当時の記憶は山頂直下にある滝下上部集落が廃屋だったということ。
山頂に小さな祠があって、そこから眺める景色が意外とよかったということ。
帰り道にサガリハゲ山の東麓に流れる霧谷川へほんの少し入り込み、林道の状態を確かめたこと、それ以外の細かい記憶はほとんど残っていない。
当時は、霧谷川からサガリハゲ山に登り、黒笠山へ周回したいという思いがあったようだが、体力的に厳しいということもあって夢叶わずにいる。
というわけで、年齢不相応の大それたことはきっぱりと捨て去った今、落合東の丸見谷からチマチマッと周回することにした。




コースは林道丸見線の入り口から奥まで歩き、破線の道を辿って廃屋まで行き、滝下の天狗塚の北尾根鞍部に乗っかり、山頂に立つ。
そこから稜線を西へ辿り、標高1419.4m大茶山を経て林道を下って周回することにした。

気象庁は真夏日の予報を出している。
飲料水2.5L、うち1本は凍らせた。
リュックザックの重量は、出来る限り軽量化を図ってきたが、鍛錬のためにツェルトやガス器具、ポンチョ、ロープなども入れ、以前の重さに戻した。

国道439号線沿いにある「そば道場」を左折し県道44号線へ。
おおよそ2.6km、アスファルト舗装が途切れ、ダート道の丸見線入口になった三叉路のところで、広い空き地に駐車。

 
               駐車地点               林道丸見線

深夜まで降り続いた雨は上がり、すっかり晴れ渡った。
ダート道は入口のところでやや荒れていたので、車に乗るのを諦めて駐車したが、ゆっくり走ればオフロード車なら大丈夫な様子だった。
足元でまだ乾ききっていない濡れ石の間からサワガニが顔を出し、コチョコチョッと小走りに逃げていった。
谷を挟んで北側の尾根がすっきり見えている。

ピンカーブを二つ折れ曲がったちょい先で山手右への林道があった。
推測だが蔓原集落へと続く破線の道ではないだろうか。

 
              サワガニ                    サガリハゲ山への支尾根

駐車地点からおおよそ1.8kmのところで三叉路になった。
林道は右に大きくカーブを切って、上へと延びている。
踏み跡が直進方向に続いていて、道標はないが、どうやらここから破線の道で登山口のようだったので林道から離れ、直進した。
サガリハゲ山が見えた。
右のやや尖がり気味の頂は、サガリハゲ山の手前にあるピークのようです。

 
             破線の道(登山口)                 サガリハゲ山(中央)

この時季の透けるような若葉が道いっぱいに広がり、気持ちのいいところです。
寒峰台地のちょい下にある寒峰登山口から尾根へ向かって登っているような、そんな雰囲気に少し似ている。

 
             破線の道                       木の実

歩きだして40分ほど、標高おおよそ880mのところで谷を跨ぐ橋が見えた。
地図で確認すると対岸には3軒の民家らしき建物が描かれている。
後日に調べてみると、いずれも廃屋のようでしたが、そこへ通じる橋のようです。
その3軒の奥にある支尾根を東北に辿って登っていくと、標高1449.8△切禿に至る。

えっ!切禿ってなに、サガリハゲの下に切禿?
うーん、まじストレス感じるなー。
そちらへは行かずに、破線の道を直進し、グレーチングの橋を渡る。

 
             廃屋3軒への橋                  破線の道<グレーチング橋>

小さな小屋があって、そのすぐ先に四電の松一取水設備があった。
澄んだ水の中でなにかの影がすっと過ぎった。

 
             小屋                        丸見谷渓流取水設備

フタリシズカの花が咲いている先で、苔むしていまにも壊れそうな丸太の橋がある。
渡らずに上へ巻いた。
ミツマタが茂りんだんと道が怪しくなってきて、上へ行ったり下へ行ったり右往左往。

 
             丸太の橋                       ミツマタ

茂みを避け空いている方へ歩いていると、再び踏み跡に合流。
ホッと一安心して後方を振り返ると谷間の向こうに寒峰方面が見え、寒峰落合林道だろうか、山肌に車道らしき筋も走っている。

谷のあちこちに白い花が冠のように樹の頂に乗っかっている。
目の前に真っ白な花が手の届く位置にあった。
妻が、アサガラであることを諭してくれた。

 
             丸見谷と寒峰方面                      アサガラ

標高おおよそ1050m、道は無くなり、石ころの涸れ沢を上り詰める。
キツツキのドラミング音がココココーンと山に木霊する。

沢の先に建物の形が次第に大きくなり、11:08、廃屋に到着。

 
              涸れ沢                          廃屋

前庭に立ち、後方を振り返ると寒峰と前烏帽子山への支尾根だろうか、の景色が開け息をのむ。
その右手前には先ほどの3軒の廃屋奥から切禿への支尾根が迫るようにして上へ延びている。


                            中央左奥寒峰、右前烏帽子

廃屋は立っているのがやっとの容子。
内側を覗くと襖や障子が傾いでおり、かつては生活していたことが伺われた。


                             廃屋

草刈り用だろうか、長い鉈のような鎌のようなものが落ちていたので、妻にかざしてもらったが、錆びていてもう切れそうにない。
廃屋の栗の木が生えている左奥から、隣の尾根に乗り、植林地を突っ切ると伐採地に出た。

 
                長鉈                          伐採地

蕨など下草が茂っていて、歩きよい。
尾根手前にトタン仕立ての何かの看板が転がっていた。

 
                伐採地                         看板

11:54、尾根鞍部に到着。
座り込んで一休みしたあと、いよいよ天狗塚への急登に、上へ行くにつれますますきつくなる。

 
                尾根鞍部                        急登

なんと、鞍部から50分も掛かってようやく山頂へ。
時刻は12:54、昼食とした。


                                滝下の天狗塚山頂
                 
主に南に開けた景色は三嶺とその麓にあるいやしの温泉郷が見え、駐車場にはバイクなどが止まっている。


                                三嶺

こちらは寒峰、そしてこちらは剣山。

 
                   寒峰                     剣山

天狗峠をズームアップ、地蔵の頭と天狗塚が耳、なんとなく熊の頭を後方から撮った形をしている。
30分余り休んで、尾根を南西に進むが、滝下の天狗塚から下る斜面のきついこと。
6年前にここを下ってるが、記憶に残っていない。
ロープを出して、長い急勾配をなんとか凌いだ。

一つコブを越して、次のコブは北側に切れ落ちた岩峰だった。
南に巻いた。

 
                 天狗塚と地蔵の頭                  岩峰

岩峰を下って振り向き加減に右側を覗くと、こんな感じ。
再びピークを登って振り返りみた滝下の天狗塚。

 
                   崖                      滝下の天狗塚

滝下の天狗塚と標高1419.4mの大茶山との中間にあるおおよそ1390mピーク付近からはサガリハゲ山と右奥にほんの少し矢筈山の頂が覗き見えた。
手前のはおおよそ1640mの三角ピーク。
尾根には絶えず冷たい風が吹き抜け、心地よい。
遠くからピューッとシカの鳴き声がして、妻がそちらに向かって「おーい、こっちだよー」と叫ぶ。
どういうこと?

 
                    サガリハゲ山                  尾根

15:20、大茶山手前にある小さなコブを越え、ゆるゆると下ったところで尾根の真ん中で立ちふさがるようにして立っている大きなブナに出合った。
15:35、大茶山山頂到着。
なんと読むのか、「おおちゃやま」だろうか、それとも「おおさやま」だろうか?
他には茶をタとも読むので「おおたやま」というのもありなのだが、下山後もどなたにも出会えずお訊ねする機会が得られなかった。
※後日(6/14)に読みが判明<おおちゃやま>でした。
 
                   ブナ                       大茶山山頂

稜線からの最後の眺めを楽しんだあと、林道に向かって下山開始。

 
                  三嶺&天狗塚方面              ヤマシャクヤクとトリカブト

ヤマシャクヤクの群生があちこちに見られる。
大きめのヌタ場でしきりとカエルが鳴いていた。

 
                 タネ                         ヌタ場

下山開始から10分ほどで東西に延びる林道に合流した。
間違って西へ下ろうとしたが、妻に呼び止められ、東方向へと向きを変える。
下る方向は、やや登り気味なので、間違えやすい。
林床には、密集こそしていないが、びっくりするほど広範囲にヤマシャクヤクが群生している。

 
                 林道                        ヤマシャクヤク

下る林道沿いの斜面に延々と続いているのです。
ヤマシャクだけでなく、フタリシズカやトリカブトなども多い。

標高おおよそ1100m、カツラの木の根元ではこんこんと沢水が流れていて、林道にしみ出している。

 
                 ヤマシャクヤク                  カツラの木と沢水

植林はきれいに手入れされていて、こもれびが床に降り注いでいた。
林道はオフロード車が走れる程度に整っていた。

 
                 林床                        林道

長い長い林道歩き、足が嵓びれ、陽がだいぶ西に傾いた。
やっと、やっと登山口に下り立ち、さてまだ駐車地点まで1.8kmほどの歩きが残っている。

 
                 林道                        サガリハゲ山

お月さんが東の樹の上に…。
麓から6時のみおつくしのチャイムが鳴り響いてきた。
18:10、駐車地点に戻った。

 
                ウツギ                     月

駐車地点(丸見線入口)9:20-登山口9:51-11:08廃屋11:17-11:54尾根分岐12:06-12:54滝下の天狗塚13:27-15:35大茶山15:47-林道合流16:12ー17:47登山口ー18:10駐車地点


左クリック地図拡大

ジャンル:
ウェブログ
コメント (62)   この記事についてブログを書く
« 大登岐山ー兵庫山ー玉取山…高... | トップ | 蓼科山…八ヶ岳連峰 »
最近の画像もっと見る

62 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまです。 (bisco)
2018-05-27 18:36:53
UP!早っ!

廃屋や崖にでっかいブナにシャクヤクの群生!そしてカエル池ですか!
見どころが盛りだくさんでとても楽しそうな周回ですが
林道歩きが思っていたより長くてびっくりです。
熊の後ろ頭みたいな対面の天狗と地蔵ノ頭もこれまたいいですネー!

せっかくジムニーで行かれたのに林道は攻めなかったんですねぇ。
うちのジム子はガタガタと酷使しすぎて振動が良くなかったのかナビがおかしくなってしまいました。

先日は極秘エ〇BBファイルをありがとうございました。よだれが出そう~♪
こちらもとても楽しみです。
すごいところ (佐々連)
2018-05-27 20:01:58
山行、レポお疲れ様です。

今回の廃屋や滝下集落は、随分標高が高いですが、何を作って生活していたのでしょうね。
かつての暮らしぶりが気になります。

林道をを随分歩いて下山していますが、この林道がなければ難儀したでしょう。
この林道の情報は、どのようにして入手したのですか。地図には載ってない様ですが、前もって、偵察したのですか。

おもしろい山でした (むらくも)
2018-05-27 21:17:39
biscoさん
佐々連さん こんばんは

健脚な方は滝下の天狗塚をサガリハゲ山とセットで落合峠へと周回しているようですね。
昔は、いつか行ってやろうと舌なめずりしまくってたんですが、なんとなく行きそびれてしまいました。
いまは乾ききって、もう涎も出てこなくなってます。
もし行くなら、2分割で、切禿からサガリハゲ山ー矢筈山前衛峰ー落合峠がいいとこです。
それでもきついかもなー。

林道入り口から車で登山口まで入ろうとしたのですが、入り口のところがガタガタで前日の雨で石が濡れてたもんだから滑りやすくて止めたんです。
歩いて分かったのですが、そんな状態は入口のところだけでした。
妻と二人で、あらら、車で入ればよかったなーってべそ掻きながら歩きました。

滝下集落は畑地が広がっていたのを記憶してますが、今回の廃屋付近にはミツマタが茂ってましたので、栗などの果樹とミツマタを栽培してたのじゃないかなと思いました。

林道は7kmほどでした。
滝下の天狗塚でネット検索をしてみてください。
けっこうたくさんの方たちがいろんなルートを使って歩いてまして、林道のことも載ってます。
途中でショートカットもできますし、尾根を辿って丸見線入り口まで下ることもできるようです。
今回はわざと林道歩きをしました。
おつかれさまです! (glico)
2018-05-28 07:20:38

おはようございます。
滝下の天狗を検索して驚きました。
祖谷系は、まだまだ未知の界隈です。
これからが楽しみです。

アップ早〜 (アンジーパパ)
2018-05-28 12:47:05
鮮度の良いアップありがとうございます。
昨日はまずは佐々連さんも含めて3人で歩いた場所へ。
紺色のデリカスペースギアの男性と又お会いしました。
昨年のお礼を申し上げました。
一二週後みたいやと言われましたが
ここまで来たので取り敢えずは行ってきました。
ピオーネさんに報告した通りです。

その後林道の様子を見に移動しましたが
登る疲れより車の移動の疲れが大きかった。

四国も梅雨入りしたようです。
雨の日にどーせ又行くとこ考えるに違いないんで
むらくもさんも佐々連さんも宿題が減ることは
ないと思うがなー。

昨夜も泉保さんのイメージをトレース山登り
を久々に読み返していました。
自分が歩いた所と重なるところが沢山有るんやけど知らず知らずに影響を受けているんですね
アップップー (むらくも)
2018-05-28 22:24:08
glicoさん
アンジーパパさん こんばんは

いよいよ梅雨入りしましたねー。
天気が変わりやすくて、読みづらい季節になりました。

石鎚山系や剣山系に比べて、祖谷山系は比較的静かなところが多いので、稀にですが大きなザックを担いで縦走されている方をみかけます。
たぶん、訓練のために歩いているんだと思います。
glicoさんちからは結界の内側だと思いますので、いいルートを開拓してどしどし出かけてください。

へー!
アンジーパパさん 昨年に続いてまたまたお会いしましたか。
奇遇やなー。
べっぴんさんと甘くておいしい蜜には、その時期になると寄ってくるもんなんやね。
ひょー、丸見林道にも行ったのや。
それは運転疲れするわ、お疲れさんです。

泉保さんの本が出たときは、正直驚きました。
それまでの山のイメージががらりと180度変わりました。
わたしゃその当時ハイキング程度に楽しながら歩いてたもんで(今でも変わらりませんが)、あまりの違いにショックでした。
あの本は鮮烈でした。

泉保さんの滝下の天狗塚へのコース取りは最高だわ。
行くたびに思うのですが、あの小さな祠の向きが滝下集落でもなく、石鎚山方向でもないし、落合に向いてるんですよね。
どなたが祠を建てて祀ったのか、気になってしかたがないのです。
があべらさんとアンジーはお元気にされていますですか? (bisco)
2018-05-30 20:22:59
泉保さんの本が出た頃を知りませんが
時々、拝見していた「泉保さん」と言うキーワードを不思議に感じておりました。

チマチマおいちゃんに泉保さんの本を貸して頂いて(まだお返しできていませんスミマセン)
佐々連さんにとても貴重な泉保さんの地図を贈呈して頂いて
その時期に居合わせなかった事がとても残念ですが
今こうやって先輩方に貸してもらったり頂いたりできる事にとても感謝しております。

それで、今年は少しでも結界の外へと言いますか
結界(縄張り)の拡大を狙っている江崎隊ですが
徳島はまだ国見山や中津山あたりで止まってますねぇ。

先輩方どーか宜しくお導き頂けますように~(>人<)ヨロシク!
死にそうですよーん (むらくも)
2018-05-30 22:29:12
うそ、しっかりあくどく生きております。
のはずです。

なぬーっ!
縄張りの拡張ですと、シッコをそこらへんじゅうにかけまわっりょんじゃな。
くっさー!
江崎隊の臭いは強烈ー。

センパイって誰のこと?
しまちまおいちゃん、隊長のことや、呼んでまっせ―。
わし、もう引退寸前の役立たずのクソジジーやしー、ゲヒゲヒゲヒヒ
元気でっせー (アンジーパパ)
2018-05-30 23:47:51
むらくもさん今晩は
蒸し暑かったですねー
こうなると少しでも高いとこで風が吹いたら最高ーやな
かと言うて直射日光もかなわんな〜
少し木立が欲しいとこや

と、何処行こうかと悶々としとんですわ。

biscoさんお今晩は
があべらは生憎元気なんですが
この夏に高松でなんや全国大会が有って
なんでかわからんけど大会委員長らしいわ
結構忙しくしています
アンジーは私に付き合って散歩に
行ってますよ
今日も夕方雨上がりに飯野山へ
行きました。
雨の日が増えるので散歩に出られる日が
少し減るんが可愛そう。
そんな日は家の中で
待てをさせておいてその間にお菓子を隠して
探させてます。
そのことなら (シマチマおいちゃん)
2018-05-31 17:02:46
内閣府宇宙開発戦略推進事務局へお問い合わせください。

コメントを投稿

祖谷山系」カテゴリの最新記事