紫桜ブログ

ようこそ 紫桜(しおう)の部屋へ!












何でも聞いてくれ?

2018年10月08日 08時05分16秒 | 日記
昨日は、いきなり土足で踏み込まれたような一日でした。行きつけの
美容院で、週末だけ手伝いに来られている30代ぐらいの若い女性から
(私は平日しか行かないので初対面です)矢継ぎ早に、

年はいくつ。子供の年齢は何歳くらい。孫は何人。どんな仕事をされているの。
旦那さんは居るの。

色んな質問が飛んでくる。それを正直にはぐらかすことなく、答えている
生真面目で馬鹿な私。他人のことにそんなに興味があるのか不思議な気持ち
でした。
後で「バツイチので戻り」と自分のことも話されたので何となく許せる
気持ちになりました。


稲穂を拾っている農婦。一粒のお米も大切に思われているのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 小さい秋見つけた | トップ | 夕焼け »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その人の (山水)
2018-10-08 17:35:09
社交辞令なのか 話題はそこが一番と思っているのでしょう
それも有りだと思いますが・・
Unknown (紫桜ブログ)
2018-10-08 19:33:45
山水さんへ
社交辞令と思われているのでしょうか。考えもしませんでしたが、そうかもしれませんね。
有難うございます。勉強になります。
持って行きかただと思いますよ (メーメー)
2018-10-08 19:40:33
話してるうちに 知らず知らずに こっちのことを言っていた。
そんな会話が そういうお店のいい所なのでしょうが こっちが???って感じた時点で アウトですね。笑
一番最後に オチがあったとしても そこまで行くのに 腹を立てちゃったら?
お客様にも色々おられるでしょうから。。。でも笑っちゃう。

「私、バツイチ 出戻りなんですよ〜
 お客様は お休みに お出でいただいて ご家族は?」
みたいな話から始まるのではないでしょうか。。。
Unknown (Unknown)
2018-10-08 21:00:04
メーメーさん
職業によって色々あるのですね。接客業は難しいですね。神経を使う仕事だと思います。
お客様はお休みにお出でいただいて有難うございます。ご家族は、ですか。
大阪の叔母ちゃんみたい、といえば叱られるかな。すっかりそれに乗せられてしまいました。
参りました。
Unknown (kazuyoo60)
2018-10-09 06:13:44
落穂ひろいしたことありますよ。手が空いていたら、この方もそんなお気持ちなのでしょう。
人様のそんなことを知って、何になるのでしょう。ご自分から話されない限り、昔から聞かないことにしています。必要に迫られたら、そのうちの何個かは聞くときもありましたが。
Unknown (紫桜ブログ)
2018-10-11 00:53:27
kazuyoo60さんへ
手が空いていたら、そんな思いでしょうね。
接客業は難しいでしょうね。お客様人一人の個性がありますものね。世の中には人のことが気になる人が多いですね。必要に迫られたら聞く程度というkazuyoo60さんを尊敬します。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事