紫桜ブログ

ようこそ 紫桜(しおう)の部屋へ!












火難よけの神さん

2017年11月26日 23時38分47秒 | 日記
私の住んでいる集落で昔から行われている
秋葉講(30名出席)があり、火難よけの神さんの
年に一度のお祭りでした。

その当番で、夫婦で出席しました。集落内で火災が
発生した年には参加者も多いですが、退会する人が
年々増えています。寒い時期で火を使うことが多い昨今、
現在の住宅環境は火が出るとたちまち燃え広がる材料が
多いので充分気をつけたいですね。


夕方、町に買い物に出るとあちこちで枯れ草を燃やされて
いるのか、畑で煙が上がっているところが多かったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 案山子の効果は? | トップ | 一緒に過ごす時間 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2017-11-27 08:07:29
野焼き禁止になって長いです。燃やせたら嵩が減って助かると個人的には思います。近くの火事の怖さは重々身に染みています。
Unknown (紫桜ブログ)
2017-11-27 22:08:06
kazuyoo60さんへ
>野焼き禁止になって長い
そうなのです。いくら禁止になっていても何のその、火を燃やして居られる人はいつも決まっているようです。同じ場所と言うのもあります。困ったものですが、止められないのでしょう。
禁止だが (杉やん)
2017-11-28 10:21:31
こちらも野焼き禁止になっています。
でも、分かっていて燃やしている人はいます。しょうがないですね。
私は、燃やしません。
耕作止めた山の田んぼに捨てるようにしています。
Unknown (紫桜ブログ)
2017-11-29 00:05:01
杉やん
>分かっていて燃やしている人は
一度の焼きをしている人に注意をしたことがありますが、反撃されただけで反省の余地はありませんでした。夕方に燃やされる人が多いです。しょうがないですね。
杉やんは耕作を止めた田んぼに捨てられているとか、普通はそうなのですけど・・・。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事