和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

髭男爵の「ヒキコモリ漂流記」・人生無駄だらけ

2019-01-14 13:00:02 | きものの本&本

 

本日は成人式。

わが家はもう関係ないけど、

髭男爵こと山田瑠偉53世の書いた一冊は、

成人式が再起のきっかけ。

から

先に「不幸な家族、幸福な家族」なんて

ブログをアップ。

そんなこと考えたのも、

この一冊を読んでいたからかも。

お正月には家族のこと考えること多い~~。


  「ヒキコモリ漂流記」(角川書店)

 

私、お笑い系に詳しくないから、

この方のことまったく知らなかった。

書店では「ヒキコモリ」の言葉に引き寄せられて

手に取った。

「ひきこもり」に興味あって。

わが子にはそんな気配もなかったけど、か

私にはその気配あるんですね。

折しも

隠れ不登校の実態~~学校に行きたくない」

なんて記事がアップされている。


ホント、学校って苦痛なことあったよ。

ワタシらの時代「ひきこもり」なんて言葉自体

なかったから、考えの外、だったけどね。

 

で、この本だけど。

それまで神童、優秀で通っていた著者が

ある日の「事件」をきっかけに

6年間のヒキコモリ。

ある事件とは~^、


「ウンコ事件」

 

登校の途中で~。

でもその前に、

あまりな有名校に行ったもんだから、

「友達との経済格差」

「それを埋めるための猛勉強」

「長距離通学の負担」

ついに行きたくない~~。

 

「優秀な息子」の突然の変化に親は

「大人になって思うが、両親はそういう事態への

対応が下手だった。魚がじっと動かないと

水槽をバンバン叩くタイプだった」

しかし、

そういう事態に上手に対応できる親」が

いるんかい。

 

アドラーによると、

それは子供が親をコントロールしようと

している、だから「課題の分離」せよ。

なんて言っているけど、なかなか、ね。

 

でこの方、6年間というものひきこもり、

社会復帰しようとするたびに、

「自分は優等生だった」「優秀だった」という

過去の栄光、プライドが邪魔をして、

「(優秀な)俺がこんなことできる?」

ってなもんで。

そうなんですよね、

社会でサバイバルするのに、

この「プライド」ほど

邪魔になるものはない~~。

誰も気にしないのに、本人一人が気負って~。

はい、不肖紫苑にも覚えがあります。

そして友人知人にも、これ一つのため

道を誤った人いますよ。


優等生とか優秀って、結構

おとろしい~~。

「自信より自尊かな、で自尊感情を育てる気持ちよさ」


話を戻すと、この方の一念発起、

「そうだ、大検をうけて大学に入ろう」との

きっかけが成人式。


関係ないけど、いきなり娘の成人式。

私は式出ない、出たくなかった、ほう。

少しひねくれていた~、少し~~?


「~マズイ、成人はまずいぞ」

なんとか「自分はできる人間だ」

とごまかしていたけど。

もうごまかしきれないと、

大検を受けて大学に。

で、この家庭、

厳格だった父親は愛人を作り、

そのせいか左遷、

兄は万引きを繰り返し、家を出て行方不明。

母親は、

「私も浮気する」と叫び、息子には

「もう視界から消えてほしい」

そんなこんなで男爵さまは

いつしかお笑い芸人に。

そんな家庭でも

子供はどうにか育つのね、

そっちですか。


気になるのは、

ヒキコモリ時代に彼は何をしていたかということ。

本には書いていないけど、

きっと、

父親が拾ってきた文学全集

読んでいたね、この方。

赤い表紙の「赤と黒」「ファウスト」などなど。

図書館にあったなあ、こんな全集。

 

それゆえのこの文章力、お笑いのセンス~~。


「ひきこもりの時期が

あったから今があるんですよね」

「人生に無駄はないですよね」

こんなありがちな質問に著者はこう思う。

「こういう無駄を許さない空気感が人を

追いつめる」って。

 文化は無駄が作る、

 なんでも捨てるって、だからね、

 

ぼんやり、ゆるモードで

のんびりいきましょう。

たまには休んで引きこもる?

人生長い、無駄だらけ 。

生きているだけ儲けもの。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 


コメント   この記事についてブログを書く
« 不幸な家族・幸福な家族・幸... | トップ | 古布で遊びながら「映像の世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

きものの本&本」カテゴリの最新記事