和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

京都五山の送り火出演の黒木瞳さんの着物が

2019-08-17 11:02:14 | アート・文化

 

昨夜NHKBSで放映した

「五山の送り火」の黒木瞳さんの

訪問着がとても美しいので

アップさせていただきます。

「古都の夜空に 五山の送り火」

 

送り火はお盆にこちらに帰ってきた

祖先の霊を送るための行事ですね。

 

この暑さのなか、火を熾す人。

有難いことです。

 

黒木様のきものは~、


薄い朱鷺色というより、

聴色(ゆるしいろ)という紅花で染めた色

のようです。


絽の訪問着にクリーム色の半襟の刺繍が可愛い。

甘いコーディです。

半襟の刺繍の赤は萩の花でしょうか。


 

訪問着の模様の花はなんだろう?

この時期には撫子などが一般的ですが、

違うなあ。

調べてみました。

瓢箪のようです。

ピンク系の花をつけることもあるようです。

違っていたらごめんね。

 

鳥居~~。

 

裾模様は、萩、笹など華やか。

薄の黒系綴れ帯に浅葱の帯揚げ。

帯締めはピンクと浅葱のグラデーション。

夏用ではないようですが、

夏だからといって帯揚げ、帯締めは

夏用ではなくてもよいのです。

 

アナウンサーの方は

淡黄(たんこう、と読みます)色

色無地に浅葱系の帯。


南無妙法蓮華経の「妙」と「法」の文字を。

 

お二人のきものの後姿です。

アナウンサーの方は鯉かな。


現代社会は今と先のことばかり考えがちだが、

ときには祖先や過去に思いを馳せ、

悠久の時間の流れを感じるのもいいのではないかと

いうようなことを、養老孟司先生は

仰っていました。

画面に目を奪われていたので、

まったく取り違えているかもしれません。

まつ、取り違えも芸のうちということで。



冷泉家の方。



祖先の霊もこちらに帰ったものの、

あまりの暑さに驚いたのではないでしょうか。

向こうは涼しいのかな?

私の祖先の方々もご苦労さまでした。

とりあえず無事に暮らしておりますが、

何かあった折には

ご助力を。

ブログで後ろ髪ひっぱるようなお願い事か。

とにもかくも、

暑く静かなお盆、無事に過ごせました。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
« 婚活女子の選択と「もっとい... | トップ | 帯は表と裏と二度遣いいたし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アート・文化」カテゴリの最新記事