和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

発達障害に学ぶサバイバル術~~栗原類さん&台風一過

2019-09-09 19:48:40 | 「引き寄せ」の法則

 

東京は夜半にすごい風で家が壊れるかと

風の音を聞きながらうとうとしていました。

家も壊れず、いきなりすごい暑さ。


台風一過のあとに外の様子を見るため散歩しました。

すごい雲が~~。

 

ゆえあって発達障害のお勉強をしています。

いろいろ渉猟するなかで、

タレントでありモデルである栗原類さんの本。

最初は発達障害の一例として読み始めたのですが、

「おお、これは現代に生きる人ならどんな人にも

当てはまるサバイバル術だ」と

自分のこととして読み進んでいきました。

子育て最中のお母さんにも

孫育てにも。

大いに参考になると思いました。

 

「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」

(KADOKAWA)

 

発達障害とは生まれつき脳の機能障害がある人で、

東大生の0割はアスペルガーだとか、

一般的に知られるようになりました。

実は類さんの母親も種類の違う発達障害で、

こちらは多動性だそうです。

 

8歳のときにアメリカで診断、

それ以来母子一体となって病気に

向かい合っていきます。

栗原さんちは母子家庭なんですね。

母親の願いは~~、

とにかく「将来自立できるようになること」

「偉くなる、お金持ちになるより、とにかく

幸せになってほしい」

その日を目指してレッスン、レッスン、

またレッスン。

一日一日がもう即サバイバルに通じている~~。

 


私も含めて多くの人は

子どもが生まれたばかりにときには

「とにかく元気で育ってくれればいい」と

願いますが、その基本をずっと持ち続ける

のは結構難しい、

人と比べたり、より優秀で、よりよい学校とか、

~~より上を目指しはじめ、

ついにはイカロスのように

墜落する子も増えている~~。

「哀れなるかな イカロスが幾人も

来ては落っこちる」「梶井基次郎・Kの昇天」


社会にでると能力より

「愛されキャラ」のほうが評価される、

ユーモアは大切

と類さんの母親はいうけど、

本当にそう思います。

 

 孫と遊ぶときにNHKEテレでこの方の番組を。

 

私自身、これは参考になると感じたいくつかを

挙げてみます。

① 自分の弱点を知る。

 何が、どんなときに苦痛を感じるのか、ですね。


この方の母のエラいところは

周りの人は自分に関してどんなことで

困っているのかを知る、と周りへの

気遣いがあることです。

 

② 時間をかけてできるようになればいいと考える。

物事を長期的な目でとらえる→

これは幸せになるための原則なのですが~~。

今の社会は、、、、ですね。

人のこと言えないけど。


③ 周囲に自分のクセを伝えておく。

これは普通の人は、周囲に伝えるというより、

自分のクセを把握して

ノートなどに書いておくといいですね。


④類さんは子供の頃から

オーディションを何度も受けては

落ちることが多く、

だから失敗しても落ち込まない。

このごろは失敗を恐れる、一度失敗しただけで、

自分はダメだと思い込む人が増えているので、

やはり「失敗体験」も大切ですね。

それだけではなく、一つのところでNGでも

ほかのところでは絶賛されることも多いそうです。

そうです、価値観は一つじゃない、

ある一人にNGでもほかのところでは絶賛ということは

多いものです。

恋愛関係になると特にそうだよね。

個性とはそういうもんです。


⑤ 大きな円のなかに自分をイメージする。

とかく自分中心にものごとを捉えがちですが、

自分は大きな円のなかの一つに、でも大切な一つ

だと思うこと。

「ここで自分が求められているのはどんなことか」と

考える。

 

私、この本を読んで自分の「弱さ」を認める

ことはサバイバルの必須条件ではないか

と思いました。

通常、人は「強いこと」をいいこととしますが、

弱さから始めると、比較している暇はない、

自分で伸びるだけですから。


村上春樹のこんな一節を思い出します。

 

「強い人間なんてどこにもいないさ。

強い振りをできる人間がいるだけさ」

 

発達障害でもHSP(超敏感体質)でも、

自分の弱点をちゃんと見つめて、

そこから一つ一つ構築していく~~、

その結果が春樹であり、

いまの栗原類さんなんですね。

「自分の持てなかったものを欲しがると不幸になる」

私も、生き直ししたい~~。


もう遅い~?

まだできる~~?


そうそう、「引き寄せ」。もう

やめたいのでうが、じゃあ、どこに

するかが見つからないので

しばらくこのままにしておきます。

 

というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
« デカプリオは三か月&ポジと... | トップ | グレー生紬と羅の帯・フレン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「引き寄せ」の法則」カテゴリの最新記事