和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

「女優きもの髪」をトライしてみた

2019-08-08 10:46:25 | きものヘア

 

あんまり暑いので、

 なにもする気になれず、

唯一触手が伸びるのはきもの関係のみ。

 

この際いろいろやってみることにしました。

 

ヘアに関しては変わり映えしない

定番ヘアになっていたのですが、

こんな本を見つけて~~。

 

「女優きもの髪」(黒田啓藏 世界文化社」

 

本は、雑誌の再録、編集しなおしではありますが、

宮沢りえさんや常盤貴子さんなど、

眺めているだけでワクワクします。

 

眺めているだけではつまらないので、

早速トライしてみます。

「女優」髪とはいきませんいきませんが。

わかっているって。

 

女優さんたちのヘアの作り方も

載ってはいるのですが、

いかんせん技術と美貌が足りなすぎる、

そこでなるべく私でもできそうなスタイルを。

 

まず試したのは三つ編み&編み込みヘア。



三つ編みを三本作り、

それをぐるぐるとまとめただけです。

言うは易し~~。


この三つ編みを作っていると、

腕を持ち上げる、

慣れていないので、その時間が長い~~,


腕が痛くなった~~(汗)

それでも頑張ってどうにかやってはみたものの。


 

 

こちら。

白いものが混じっているのはご愛敬。

どこが三つ編みなの?って感じ。

真ん中の大きな三つ編みを、

もっと頭頂から編みこめばいいんだけど、

なかなかね。

まあ、同じじゃなくてもこれで良しとします。

次は

「美人のセンターパート」


 

美人ではないのでセンターパートは

似合わない.

いつもの分け方でトライ。


三つ編みヘアとあまり違わない~~。

よく見えないのが幸い。

花火にはこれで。

 

敗因は、

髪が多くて、うなじに小さなシニヨンを作れない、

艶がない~~。

そこで後日再度トライ。


 

見本とは大きく違うけど、

きれいにまとまった

横からの髪を捩じり留めしたので

艶が出たのですね。


で、絣展に行くときも、

少し丁寧に作ってみた。


 

どれが見本なのか不明なれど、

 

ヘアの丸みがよくできました?

 

髪質、長さ、艶、技術~~。

皆違うので、そこはもう

でたとこ勝負!

きものヘア本の定番

「きもの美人になるヘアスタイル」をもう一回見直そう。

「あっというまにできた!憧れの芸者ヘア」

というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 


コメント   この記事についてブログを書く
« アルさんたちと「絣展」に~... | トップ | 仕立て襟、Tシャツとエアリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

きものヘア」カテゴリの最新記事