和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

袷の生紬を胴抜き単衣に直す

2019-05-20 17:15:01 | 手仕事 和裁

 

ずっと仕舞いっぱなしになっていたベージュの生紬。

前に着用したのはもう5年も前なのです。


「駆け込みで北斎展に」

 

この生紬、きもの着始めた頃に、

「生紬って何だ?」

「どんな素材だ?」と

思い切って買った一枚です。

 

最初はとにかくこれを頻繁に着ていたので、

きものといえばこれ!という一枚でした。

北斎展では自作のイカット帯と。



裾はもうボロボロ。

汚れもある。

で、整理しようとしたのですが、

この生紬のざらざらした手触りは

捨てがたい。

そうだ、帯にしようと思い解く始めたものの、

もう一度単衣として着てみようと思い立って。

袷を単衣にするときには襟まで解くと

裏がきれいに取れます。

まあ、メンドウといえばメンドウだけど、

私、こういう単純作業好き

無心に糸を抜いていく。


 

八掛を取ったら、ちょっと寂しい。

このままでは味気ないなあ、

どこかに色が欲しいなあ、

それも最初のこの赤茶ではなく、

ブルー系がいいな~~。

そこでもう一枚、小紋を解くことに、


この銀杏小紋です。

プチプラなのは裏をみればわかるね。

 

こちらも解いて

そこについていた八掛を生紬の方に。

ベージュにブルーが映えてきれい。

テンション上がります。

で、この小紋はまたほかのモノの素材に。

何にしようかな~??

これを考えるのもまた楽しい~~。

着用してみようと思ったけど、

時間がなかった~~。

そこで前のパチリを。

 

5年前かあ。

 

というわけで、

あれこれ解いてはまた作って~~。

それが楽しい紫苑でした。

死ぬまでやっていれば~~。

はいそのつもりです。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 燕コーディの着回しと帯の形... | トップ | 人はなぜモノやお金を追いか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

手仕事 和裁」カテゴリの最新記事