和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

日本の衣って、そうなんだ&きもの好きに嬉しい「衣の会」

2017-02-21 11:06:31 | アート・文化

 

先に行った文化学園博物館。

雑駁な新宿の街に忽然と美しい並木道が

現れます。


 

ずっと前から行きたかったのですが、

なぜか初めて。

近くに中央公園があります。


風が強くて?乱れたね。

 

展示会では麻の作り方やら、

刺繍きものの展示やらが

ワンコインで。


今回、ここで教えてもらったのは、

「真綿」の作り方。

いえ、真綿がいわゆる屑繭で作ることは

知っていたのですが、その前段階・

繭をアルカリ性の水のなかに浸して、

少しずつ少しずつ伸ばしていき、ハンカチ状にします。


ネットの借り写真です。

展示会では写真撮影はNG。


これを6枚くらい重ねたものから

糸を引いていくんだね。

屑繭の再生、ものすごく手間かけてるよね。



前に結城の里の奥順で見学したときには

ここまでの説明はなかった。

そうだ、結城の里行こう」


②次は、武士の裃。

質実剛健を旨とする武士ゆえ、

江戸時代の後期まで、素材は麻だったそうです。



ふ~~ん、江戸小紋(定め小紋)は武士の

礼装だったというから、

絹だと思っていたけど、

麻だったんですね。


③は「綾部」とか「錦織」という名前。


これらは6世紀頃、大陸から絹が

伝わったとき、渡来して、

日本人に織りの技法を教えた人たちのこと。

そうか、ピースの綾部やテニスの錦織さんって

もともと織り人だったんだ~~。

まあ、これはおまけ情報。


そうそう、もう一つ、これは実用的な情報。

東京は代々木にある「衣の会」。

 

営利団体ではないから、一か月なんと

2500円程度で

着付けを教えてくれるそうです。


着物同士、つい話が弾んで~~。

いいですよね、このきものコーディ。




そのほか、能やら歌舞伎やら源氏物語研究やら、

着物にまつわるあれこれのイベントも。

詳しくは

衣の会きもの研究グループ」


楽しそうですよね。

素敵なきものを着た方と

初対面ながら話が弾んで

教えていただきました。

着物着ていると、楽しいことあるよね。

 


 春はバラの帯どめと梅のかんざしに。


というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« やっぱきもの好きだなあ。「... | トップ | モノと癒しと記憶の物語ーす... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (友美)
2017-02-21 12:23:53
良かった!
おかえりなさ〜い♪
嬉しいです。

あぁ楽しそうな情報が盛り沢山!
なのに…ちょっと遠い…
残念〜
Unknown (想三奏)
2017-02-21 18:38:47
しおん様

あーっ(うれし)、お帰りなさいませ(ハート)。
あー、よかった。。。ほーっっと。
。。うれし。

又大きな楽しみが、ご帰還されました。

ルン。。ルン。。

想三奏
大阪 (紫苑)
2017-02-22 19:07:40
友美さん
コート作り素敵なので大阪まで行こうかな(笑)。
引っ越しなさる前から拝見していたので、関西方面だってこと存じ上げていましたよ。作りかた、アップしてください(笑)
有難いです (紫苑)
2017-02-23 18:49:23
想三奏さま
こんなつたないブログなのに、本当にありがとうございます。想三奏さんのコメントは、私にとって大きなエネルギーです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アート・文化」カテゴリの最新記事