和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

「私の身体は頭がいい」?~~そうなんだの検診結果

2019-10-17 21:04:11 | 健康・病気

 

このところ、身体に気を付けています。

きっかけは夏バテかな?

とにかく身体を動かそうとするのですが、

ダルくて(汗)。

それで「寝たきりヨガ」というのを布団のなかで

やってみたら、これが意外に楽で効果がある。

寝たきりというくらいだから、寝たまま

足の先やら、をとにかく少しでも動かすわけです。

するとだんだんほかも動かしたくなって、

ヨガをやりはじめ、

呼吸法を学び、瞑想ができるようになって。

ついにジョギング。

「長時間座禅ができるようになった」


家の近くの公園にジョギングコースがあるのに今頃気づいた。

1100メートルを今のところ四周。

おおよそ4・5キロ

そのうち一周ごとに200メートル×2=400×4=

1・6キロくらいマラソン

を入れています。

徐々に増やしていく~つもり。

できるかな??


呼吸がスムーズだとこんなに楽なのかと。

もちろんマラソンはちと苦しい。

無理しない程度に。

で、少し前に検診結果が出た。

びっくりしたのは血圧がなんと高いこと!

これまでずっと低血圧だったから、

いきなり高血圧(137)と言われてもね。

「老化の一種でしょう」と医師。

なんでも老化、まあ、いいけど。

低血圧で朝起きるのは苦手と言い訳していたけど

どうする?

言い訳できないね。

で、「私の身体は頭がいい」

これは内田樹さんの本のタイトル。

とにかくなんでも身体に任せる。

たとえば「嫌な人」も身体が事前に察知して

「その人から離れろ」と警告してくれる。

これはHSP(超敏感な人)の特徴でもありますね。

「嬉しいで体調を崩すことも~HSP]

こういう話大好き。


なにしろ、

身体が自動的にいろんなことを

判断してくれるなんて、

便利じゃないですか?

そのためにはとにかく身体を動かす。

かの村上春樹さんは嫌なことがあると、

その分長く走って、身体を鍛える」

とのこと。

嫌なことがあるごとに

身体が強くなる仕組み

なるわけだね。

すごいね、さすがだね。


もう一冊おもしろい本を。

「能が鍛えるには運動しかない」(NHK出版)

ウツ、発達障害、パニック、加齢~^、

とにかく身体を動かすことで改善する。

これは実感があるね。


 

というわけで、古希まじかにして

マラソンを始めた紫苑でした。

そうそう、身長が一センチ伸びてた。

これは姿勢がよくなったせいだと思う。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント