和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

アンティーク刺繍半襟をいろんな着物に合わせてみる。

2019-08-02 10:55:54 | きものコーディネイト

 

 

昨日アップした絞りのれんのまち。

早速教えてくださいました。

加筆していますので、

興味のある方はご覧ください。

天からの贈り物色いろ・お仕事のれん」

情報ありがとうございます。

とても嬉しいです。

わからなかったことがわかって

すっつきり。

 

 

さて、

 

整理していて見つけたアンティーク刺繍半襟。

アンティークに凝っていたのはかなり前だから、

この半襟もかなり前にゲット。

破れもあるし、

アンティークにはアンティークの着物

と固まった考え持っていたせいか、

使わず仕舞い。

 

で、今頃になって、使ってみようかな。

現代ものに合わせてみようっと。

 

まずは絹芭蕉のきもの。

 

昨年。

「娘の上司にご挨拶」

 

柄が大胆なので、結構合うかな。

 

模様と同系色の半幅帯を見つけたので、

せっかくだからつけてみた。


暑いのでユル着付け~過ぎだね。

でも色的にはグッドだね。

 

 

 

 

こちらは現代ものの絽の縞小紋。

特に違和感はない。

襟が出すぎなのは、

半襟を見るためです。


こちらは定番の麻。

「藍一枚あれば万能引き寄せきもの」

「紫苑 きもの 襟...」の画像検索結果

 

ほかの色が入ってないので少し寂しいかな。

上部の黒の部分がもっと見えるように

下に縫い付ければいいかもしれない。

アンティークっぽい帯に合わせるもよし、

現代帯に合わせるもよし。

これからどんどん付けよう。

 

というわけで、

アンティークといえども、

どんな着物にも合う。

アンティークにはアンティークという

型通りの思い込みはきれいになくなり、

視野の広がった(?)紫苑でした。

ちゃんと着る日が楽しみ。

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

 

コメント