新車を安く買う

新車を安く買う方法

鬼に金棒 弁慶になぎなた レガシィ アウトバック&ブリザック DM-V2

2018-03-15 11:00:00 | スバル
yahoo自動車carviewより


少し時間が経ってしまいましたが、冬真っ最中の2月の中頃に、昨年秋にマイナーチェンジした「スバル レガシィ アウトバック(以下アウトバック)」に「ブリヂストン ブリザック DM-V2(以下ブリザック DM-V2)」を装着して蓼科高原にテストドライブに行ってきました。この時期の蓼科周辺は最低気温が-10℃前後。ドライと雪上を走る往復約500kmのドライブとなりました。

マイナーチェンジしたアウトバックは、アイサイトを進化させ全車速追従機能付クルーズコントロールの最高設定速度を120km/hまで可能にしたほか、後退時自動ブレーキシステムの追加などを行っています。他にはステアリング連動ヘッドランプの採用、サスペンションや電動パワーステアリングのチューニングなど、安全性能と走行性能の向上などを行っています。

ブリザック DM-V2は、ブリザックシリーズのSUV/4WD用スタッドレスタイヤで、クロスオーバーSUVから本格的なクロスカントリー車向けのサイズを取り揃えています。



ブリザックシリーズに採用されている「アクティブ発泡ゴム」や、雪道で路面をつかみやすい専用のトレッドパターン、タイヤのサイドウォールの形状を左右非対称にしてふらつきを低減させた「非対称サイド形状」などを採用しています。

乗ってみると、高速道路では静粛性の高さに驚きました。アウトバック自体の静粛性もさることながら、ブリザック DM-V2も夏タイヤとまではいきませんが、それでもロードノイズはよく抑えられています。

操縦安定性についても、ステアリングはブレることなくどっしりと直進し、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDからくる安定感と、ブリザック DM-V2のドライ性能の高さを感じました。

とはいうものの、高速道路のインターなどのカーブに速めの速度で進入したりする状況では、途中で「グニャリ」といく感覚がありました。あくまでスタッドレスなので、意識が必要ですね。

蓼科高原周辺はアイスバーンではなく圧雪路面でしたが、気の抜けない路面状態です。どれくらいブレーキが効くか強めのブレーキングテストをしてみると、ABSを効かせながら、自分の想定範疇で停止してくれることを確認。更に強く踏めばもっと手前で停まってくれる感触もありました。

結論ですが、アウトバックは突出した特徴は無いのですが、走行性能、安全性、快適性すべてをバランス良く兼ね備えています。さらにブリザック DM-V2を装着すれば冬でも万能。1台で趣味や仕事、家族でのユース、春夏秋冬あらゆる状況でも走りたい、「アウトバック×ブリザック DM-V2」はそんな方にお勧めしたい組み合わせです。


スペック
【 レガシィ アウトバック リミテッド  】
全長×全幅×全高=4820×1840×1605mm
ホイールベース=2745mm
駆動方式=AWD
車両重量=1580kg
エンジン=2500cc水平対向4気筒DOHC
最高出力=129kW(175ps)/5800rpm
最大トルク=235Nm/4000rpm
トランスミッション=CVT
サスペンション=前:ストラット式、後:ダブルウィッシュボーン式
タイヤサイズ=前後:225/60R18
JC08モード燃費=14.8km/L
使用燃料=レギュラーガソリン
車両本体価格=356万4千円(税込み)


新車を安く買うには、大幅値引き!?
ところが、モデルチェンジの前以外は、大幅な値引きは、期待出来ません!

商談が、成立する前に、下取り価格中古車買い取り業社の価格を比べて見てください。

買取額の違いに驚きますよ!! 


400万人以上の査定実績!!
あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!

わずらわしい営業電話なしあなたの買い取り相場がスグわかる!
Goo買取 中古車査定プロモーション

かんたん車査定ガイド

Amazon
『メーカーブランド(車バイク)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« いよいよフォルクスワーゲン... | トップ | 雪上でも安心して走れる三菱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿