真生丸の釣果

沖縄県読谷村都屋漁港の釣り船 真生丸(しんせいまる)です。
半日コース1名様1万円 1日コース1名様2万円

沖縄県釣り動画アカジン(スジアラ)真生丸

2017年11月22日 00時00分48秒 | アカジン釣り

京都の田中久仁彦さんです。

真生丸では、常連のアングラーです。

真生丸の半日コースで、過去2回も巨大ミーバイを釣ったのも

田中久仁彦さんでした。

今回は、アカジン(スジアラ)のヒットでした。

深場の釣りでも、アカジン(スジアラ)はヒットします。

深場で釣れるアカジンは、比較的サイズが大きい事が特徴です。

アカジンは深場釣りでは、浅場(80m前後)を狙うとヒットします。

田中久仁彦さんは、真生丸に乗船すれば大物をヒットさせるツワモノ

釣り歴40年のアングラーです。

マイボートで、京都でも釣りをしているベテランなのです。

船長より釣り経験は長く、ベテラン釣り師なのです。

「船長、何でも教えてやるわ」

京都なまりで、田中さんの口癖です。(笑)

いつも、ありがとうございます。

真生丸の深場の釣りは、数多くあります

港から片道30分のポイントから片道5時間のポイントまで

あるのですが、半日コースで行ける深場のポイントは

読谷村の都屋漁港の沖なのです。

近場でも深場のポイントがあるのは魅力です。

その為に、半日コースでも深場の釣りが堪能出来るのです。

浅場の釣りと深場の釣りでは、釣りの醍醐味に

格段の違いがあるのです。

浅場の釣りは水深25m~50mと理解して下さい。

深場の釣りとは水深80m~150mです。

深海釣とは水深200m~400mですが、

今回は浅場の釣りと、深海の釣りの説明は後日にしましよう。

 真生丸では、深場の釣りでは、電動リールを使用します。

釣れる魚も、浅場の釣りと比較するとすべてサイズが大きいのが特徴でしょう

毎回、引きが楽しめて、種類も数多く

今度は、何が釣れるのか、ワクワク感を味わいながらの釣りとなるのです。

希望なら、深場で泳がせ釣りも可能なのです。

今年は、例年に比較すると 1月から11月まで、

大物の釣果も良く、ヒットする確率も高い状況なのです。

深場の釣りは、ボーズはめったに無く 大物が釣れなくても

その他の、魚が数多くヒットします。

船長が、魚影を見つけるまでは、時間が必要ですが

一度釣れだすと、入れ食い状態が多いのが特徴なのです。

深場では、海底の地形がフラットで 魚の多くは回遊してます。

潮の向き、波の高さ、季節や海水温度によって

回遊場所も大きく変わってくるので、魚との遭遇は

船長の感が頼りでしょう。

簡単に説明すると、昨日居たポイントに、今日は魚が居ないのが特徴です。

経験が無いと、さて次は何処に向かえば良いのか

仕掛けを降ろしても、釣れない状況が続きますが

真生丸は、ほぼ毎日 狙っているポイントなので、ヒットしたデーターが

GPSに記録されてます、焦らず次のポイントに向かう事が出来るのです。

 

動画も投稿しました、ご覧ください。

  動画は ここから

真生丸は12名乗船可能な遊漁船ですが

深場釣りの予約は、8名で予約をストップします。

水深が深いので、仕掛けが絡むのを防ぐ為です。

リールもすべて電動リールを使います。

8名以上12名まで乗船しても料金は8名料金を頂いてます。

8名以上乗船する時は、交代で釣りをして下さい。

深場の泳がせ狙いの場合は、4名で予約をストップします。

12名乗船可能な真生丸ですが、4名で予約をストップです。

その為、料金が割高になるのは、仕方無事だと理解して下さい。

6名~12名乗船しても、泳がせ釣りは可能ですが

その場合は、全員で深場の釣りを楽しんで、

全員が釣りを堪能した後に、後半に大物竿を4本出して

泳がせ釣りを楽しみます。

真生丸では、浅場の釣りは 4月~11月までです。

12月~3月までは、浅場のグルクンの釣果が落ちるのでお勧め出来ません。

深場の釣りは周年、楽しむ事が可能です。

初心者でも、釣り初体験でも大歓迎です、沖縄県の旅行客に好評です。

大物は釣り人の運なのです、大物との遭遇は釣り人の運なのです。

広い海原で、巨大な魚の くち の前に餌を降ろせばヒットします。(笑)

そのお手伝いを、真生丸がしましょう (笑)

まさに、大物との遭遇は、釣り人の運なのです、

沖縄県旅行の半日は、真生丸の半日コースでお楽しみください。

 

真生丸の予約は 090-4583-0094 です。

 真生丸のホームページはここから

 



最新の画像もっと見る

コメントを投稿