思いつくまま

みどりごを殺す「正義」はありや?
パレスチナ占領に反対します--住民を犠牲にして強盗の安全を守る道理がどこにあろう

王力雄:「中華民族」概念の意図は何か?

2009-02-27 23:00:38 | 中国異論派選訳
王力雄:「中華民族」概念の意図は何か?

 20世紀初頭、中国で清帝国を打倒した革命は当初は「駆逐靼虜(タタールを駆逐せよ)」というスローガンでハン(漢)ショービニズムを鼓吹した。しかし、中華民国が帝国を引き継ぐと、スローガンは「五族共和」に変わった。中国にはハン、マンジュ(満洲)、モンゴル、ムスリム(回)・チベットの五族だけではなく、イ、ミャオなどの民族の人口も少なくないのに、なぜ共和を行う民族に入れないのか? ここから、五族が含意しているのはむしろ領土であることが分かる――マンジュは東北(満洲)、モンゴルはモンゴル、ムスリムは新疆と西北、チベットはチベット。これらの地区はまさに領土拡張期の清帝国によって残された遺産である。

 当時の中国(ハン)は主権意識に目覚めていたとはいえ、主権を有効に貫徹する能力に欠けていた。そして他の民族も同様に主権意識に目覚め、世界主権システムの中で自らのわずかな場所を確保しようと努力していた。中華民国が内憂外患で自らの地位も危うかった時代、上述の地区では、モンゴルは半分以上が独立のモンゴル国になり、チベットは40年間の実質的独立を維持し、新疆には2回にわたって東トルキスタン国家が建国され、東北も14年間満洲国となった。中華帝国は瓦解し、中国本土さえ日本に侵略され占領された。

 当時の中国が「滅亡を防ぎ生存を図る」には二重の任務に直面した。一つは、外部の帝国主義の侵略を撃退すること、もう一つは中華帝国内部の分裂を防ぐことである。前者に対しては、民族主義は重要な手段だった。後者に対しては、民族主義はむしろ不利だった。そこでいかにして民族主義を国家のために使いつつ、少数民族に民族主義が生まれるのを防ぐかという問題を解決しなければならなかった。「中華民族」という概念はこのような状況の下で生まれたのである。

 いわゆる中華民族とは、帝国圏内のすべての民族が共同で構成するものと解釈されており、もし各民族がみな自民族の狭隘さを捨て、胸襟を開いて統一の「中華民族」に同一化し、「中華民族」に統合されれば、民族主義は全中国を一致して外と戦うよう動員できるし、内部に民族対立がおこることを心配する必要もない。

 中華民族の概念は今日頂点に押し上げられた。原因は中共がマルクス主義イデオロギーを放棄し、経済を発展させるために西側資本主義に対し開放政策を取ったことで、いかにして西側の民主政治の独裁政治に対する衝撃を防ぐかが、中共政権の生死にかかわる問題になったからだ。そのため中共は一層民族主義に依存せざるを得なくなった。だから中共の空前の「中華民族」の推奨の目的は、民族主義を外に対してのみ向けられ、内には向かない独裁の道具に改造することだ。

 しかし、これは明らかに一方的な願望にすぎない。民族は文化の蓄積と歴史の伝承の上に成立するものであり、人工的に作り出すことはできない。今回の(2008年3月の)チベット事件は中華民族概念に根がないことを証明した。中共の民族主義煽動の結果、チベット、ハン両民族の対立がもたらされた。歴史を振り返ってみれば、国家の分裂は、しばしば民族の対立から始まるのである。

2008年5月

原文:http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/94b25bf377947b5cbef29f0af69613c9
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 王力雄:「中華民族」概念の... | トップ | 新京報:江蘇省塩城市で近年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中国異論派選訳」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事