新野辺まちづくり協議会公式ブログ

加古川市別府町新野辺で郷土の歴史遺産を次代に伝えることが目的の団体。
祭り、住吉神社、大歳家保存会から成る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第1回 改修工事中の大歳家住宅の見学会のお知らせ

2018-05-29 15:51:02 | 大歳家の建物公開!

改修工事中の大歳家住宅の見学会のお知らせをいたします。
大歳家住宅は、4月25日から改修工事を行っています。
大歳家住宅は、「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として国録有形文化財に登録されている建築物であり、180年以上前から新野辺の景観をつくってきました。
新野辺の地域遺産として、地域のみなさまにも大歳家住宅や新野辺の歴史や改修工事の状況について、是非見ていただきたいと思っています。
6月17日(日)14時から「第1回 改修工事中の大歳家住宅 見学会」を開催します。
当日は、改修工事の状況だけでなく、当時の姫路城のお殿様が滞在した「上段の間」や「勧善之堂」の掛け軸などもご覧になることが出来ます。
専門家による大歳家住宅や新野辺の歴史、改修方法についてのイベントも計画しています。
是非、少しでもご興味のある方は、お気楽にご参加下さい︕
平成30年6月 新野辺まちづくり協議会 山口賢一 大歳正明

 

 

コメント

地蔵盆の開催地マップ

2016-08-10 05:13:02 | 新野辺の地蔵盆
おはようさんです、今日も「しの」が担当します。
ご要望にお応えしまして、まずは先日取材してきた
地蔵盆でご接待をしているお地蔵さんを紹介しますね。


https://www.google.com/maps/d/u/0/edit?mid=1sQ-LieEPxYZkW0h6bre0lB1Ajpk




写真など未完成のものがあったりしますが、場所については
実際に確認してきました。
播磨町の方はもしかすると、未確認のお地蔵さんがあるかも
しれませんが、新野辺の人は
良仙寺地蔵(地蔵盆塔婆供養寺)が最後ということです。

各お地蔵さんの詳細はまた、明日から紹介していきますね!

他にご存じのお地蔵さんがあれば教えてくださいね。



コメント

どうして地蔵盆がなくなってしまうのか

2016-08-09 04:57:42 | 新野辺の地蔵盆


新兵衛の嫁、しのです!
今日もお付き合いの程よろしくお願いします。

さて、昨日の続き「どうして新野辺の地蔵盆がなくなってしまうのか」やけどね、
これは、一部のお地蔵さんの話なんやわ。

現在、新野辺の地蔵盆は、
浜のお大師さん、延命地蔵尊、薬師寺地蔵尊の3ヶ所で
毎年やってるんです。



8月24日の朝早くから近所のおばあちゃんたちが、
お地蔵さんのためにお膳をこしらえて、
お接待のためお菓子を用意して、毎年楽しみにしている子供たちに
配ってくれてたんやけどな、なにぶんもう皆さんご高齢や。





もう体力的にも無理やって言うことなんやけど、それを続ける
後継者がもういないって言うのが原因なんや。
今は昔と違って、女性も職場で活躍する時代で、家のことやら子供のことやらで
ものすごく忙しくて、こういった地域の祭事に参加する機会がめっきり減ってしまったからね。


とにかくまずは今年、多くの人に地蔵盆に参加してもらって、
その伝統文化の意味と、良さを知ってほしいと思ってます。

そして、若い働き盛りのみなさんにも、
一緒に考えてもらいたいんや。
どうやったら地蔵盆を存続させていけるのか。
子供たちの楽しみを盛り上げて行けるのか。
どうしたら次世代に引き継いでいけるのか。

例えば、8月23、24日にこだわらずに、土日にするとか、
町内会全体の催しにするとか、色々アイデアはあると思います。
皆さんのご意見を聞きたいと思ってます。

町外の人でも、県外に人でも、うちの町ではこうやってるで!という情報も広く募集しています。


-------------------
Facebookでコメントを頂ました。

▼Uさん
稲美町はしっかりありますよ~❗
うちの所は近所のお地蔵さん毎に
担当が別れていて1年に5~6軒づつ
当番になっており、6~7年に1回
当番が廻ってきます。
先日当番表が回ってきました。
私は平成31年度の当番になってました。


▼Nさん
地蔵盆懐かしい…今の町内には無いですが、全国にあると思ってました。


▼Kさん
子供がまだ小さい時は実家に泊まり自転車で播磨町まで行ってましたよ〜
無くなってしまうなんて寂しすぎ、存続を願います😚

地蔵尊の場所は祖母から母へ伝わりあたしへ でも 地図がある訳ではありません。
いつも20ヶ所くらい巡ってましたが 知らない場所がたくさんあるんでしょうね。
地図があればもっと効率よくまわれたんでしょうね
と、言いますか こんな行事がある事みんな知らないのでは?
町内で地図も回覧まわすなりして貰えたらもっと沢山の人に知ってもらえるんではないでしょうかね?
最近は新興住宅地が増えて地元の方々も高齢化してなくなりつつあるんでしょうね…。
コメント

無くなるかもしれない地蔵盆

2016-08-08 04:50:16 | 新野辺の地蔵盆


新兵衛に代わりまして、今回は、妻の「しの」がご案内します。

・・・と、言うのもこの間、噂を聞いてしまいまして。
なんと、子供たちが楽しみにしとる新野辺の「地蔵盆」が
何年後かには無くなるかもしれんって!!

あれ?
地蔵盆・・・知らない若い人がいてるんや?
子供の頃、お菓子もらいに行かへんかった?

8月23日から準備して24日の朝早く(はやいところで午前4時)から
お参りに来た子供たちに、お菓子を配るそうです。


地蔵盆って言うのは、地域によってはやってないところもあるからね。
簡単に説明するわね。

夏の終わり頃に、「路傍や街角のお地蔵さん」やお寺にあるお地蔵さん
がおしゃれに着飾ってもらってるのを見たことない?

地蔵盆は京都生まれで、近畿地方の行事として古くから行われてきたんやって。
そもそもお地蔵さんは、仏教で言うところの地蔵菩薩なんやそう。
平安時代以降には阿弥陀信仰と結びついて、地蔵信仰が庶民に広がり
地獄の鬼から子供を救うとして「子供の守護神」となったんやて。
だから、地蔵盆の主役は、子どもたちなんや!

基本的に地蔵盆は、8月は23、24日に行われ
子どもたちがお地蔵さんめぐりをして、町内の人からお菓子を頂いたりします。(お接待と言います)

この、子供たちにとっては夏休み最後にして、
最大の「いべんと」がなくなってしまうってどういうこと?

・・・と言うことで、次回その理由を説明したいと思ってます。

コメント

新野辺と太平洋戦争

2016-08-07 04:47:08 | 昔の写真
なんか久しぶりの新兵衛やで。
昨日は8月6日、広島原爆の日やったな。
実はわしも昨年、息子と広島の原爆ドームに行ってきたんや。
息子には「戦争と原爆」という、いきなり重すぎるテーマ
やったみたいやけど。
やっぱり次の世代へ伝えることの難しさを感じたな。

新野辺にももちろん、戦中があったんやで。
大歳家に残るアルバムにも、戦中の新野辺が写った写真があるんや。
今日はその写真の中から3枚を紹介するな。



1枚目は「昭和16年秋新野辺上空の編隊飛行」。
尾上の飛行場に戻る途中の編隊やろうか。




2枚目、3枚目は
「昭和12年7月日支事変出征(山電別府駅撮影)」
近所の別府駅から、こんなふうに送り出されてた兵隊さんが
実際におったんやな。
少しでも戦時中の新野辺や別府の雰囲気が伝わったやろうか。

コメント

大正時代の別府の海

2016-07-31 04:40:43 | 昔の写真
冬でしょうか。
写真に写っているのは大歳家のご家族かとおもいますが、ちょっと寒そうですね。
今は見ることが出来ない遠浅の海。沿岸から5kmほど遠浅が続いていたといいます。
キラキラ光る海の水面が美しいです。





-----------------------------------------------------

▼Facebookでは最新情報やイベント情報もご案内しています。
 現在10,000いいね!を目標に頑張っていますので、応援よろしくお願いいたします。
 
https://www.facebook.com/shinobematidukuri/
コメント

新野辺は農業にとっては悪条件の集落

2016-07-30 04:34:28 | 加古川市別府町新野辺の歴史
今日も新野辺の歴史を、古文書から読んでいこうと思います。
今から250年程前はどんな村やったのか、想像してみてな。

今日紹介するのも、新野辺の明細帳からやで。




新野辺の田畑がどんな土地だったのか、よくわかる一文。

「当村田畑之儀海辺ニ而御座候ニ付汐風吹上ケ風損多ク
 場所ニ御座候田地之儀ハ第一水損場ニ而御座候」

この文章の意味は、

「新野辺村の田畑は海辺に近く潮風が吹き上げ
 風の害も多い所で、田の水が得にくい場所である」

と書かれてるんや。

前回、新野辺の田畑について砂地で出来ていると言う話しを
したけど、海辺に近いので潮風や海水の害も多かったんや。

別府川は、海に近い新野辺村に到達するころには、淡水と海水が入り混じった水で、
田畑には不向き。つまり、田畑のための「淡水」を引き込みにくい、そう言う村やった。

当時は、加古川地域の他の村も田畑の水争いが絶えなかったけど、
加古川から引き込んだ「五ヶ井用水」という用水路があって
それに助けられてたんや。

新野辺村は、その「五ヶ井用水」の末端の地域。
普段はそれなりに「淡水」を得られるけど、日照りが続き
水不足に悩まされると、上流の村が水を引き込んでしまうので
全く水がこなくなる。

そして、しばしば「干害(かんがい)」が起こる。
田畑の作物は枯れ、その年の農作物はほぼ壊滅的。

農業収入の安定した集落ではなかったということやねん。

そういう厳しい土地で、新野辺村の先人たちは
少しでも収入を得、生計を立てる為に
様々なことに挑んでいくんやで。


--------------------------------------

古文書にはこう記されていますが、これらの明細帳は姫路藩に報告するためのものです。
つまり、多く作物が採れたと報告すれば、それだけ年貢の負担が増えるので
見方によっては「大げさに書いている」可能性もあるそうです。

コメント

新野辺町内会文書:新野辺小字図(近代)

2016-07-28 04:28:28 | 加古川市別府町新野辺の歴史
今回は、明治時代に描かれた
新野辺の小字(こあざ)図を紹介するで~。



このように色分けされているんで、田畑の土地、浜ノ宮神社の官林、住宅地、当時の道がよう分かるやろ~。

そして、地元の人にはようわかると思うんやけど
字(あざ)が今も残されていることに気付くと思う。



前も話したけど、字にはきちんと地理的な意味があって
昔の土地の様子を知る手掛かりになるんやで。

この絵図は明治時代のものなので、
現在の神戸製鋼のあたりは「金澤新田」書かれてるやろ。

知ってる人も多いと思うけど、
この金澤新田は、江戸時代の終わり頃に
もともと遠浅の海だったところを人工的に埋め立てて作った
「田んぼ」やったんやで!!

江戸時代の土木工事、すごいと思わへん??

つまり、浜国道より海側は、江戸時代は砂地やったんや。
大松という小字があるように、浜ノ宮公園のあたりみたいに、
松林があったんじゃないんかな~?
この絵図は、またこれからも出てくるので覚えといてな~!



コメント

新野辺は砂の上にできている

2016-07-25 04:22:52 | 加古川市別府町新野辺の歴史
こんにちは!新兵衛やで。
今回は、新野辺の明細帳から昔の新野辺についてお話しするで。

まずは、地理の勉強やな。
勉強って言ったら難しく思うかもしれんけど、簡単な話やから
まぁ聞いてな。

新野辺明細帳の中に、こんな記述がある。



「 田畑共土地ハ砂地ニ而御座候 」

古文書を読めなくても、感じでなんとなく意味は分かると思う。

「 田畑ともに土地は砂地にてござそうろう 」

そうなんや、新野辺の土地は砂地で出来てるんや。
つまりは、新野辺村の土地は砂地で、
作物の栽培に適していないということが言いたいわけやな。

なんで砂地の上にあるのかって?

実は、加古川は昔から長い時間をかけて
土砂を大量に河口に運び堆積させ陸地をつくったんやで。










川の威力はすごいな。地形を変えてしまうんやから。
削るだけじゃなくて、新たな土地を作る。

そんで、流れ出た土砂が海に出て、波の力で東へ東へと
運ばれてできた土地。

それが尾上から別府にかけての海岸線なんやで。

新野辺の歴史を語る上で、
この土砂の上に作られた村だということが、ものすごい
重要な言葉になるから、よーく覚えておいてな!
コメント

新野辺に残る村方文書と大歳家文書

2016-07-25 04:18:31 | 加古川市別府町新野辺の歴史
新兵衛やで~♪

今週からまた新シリーズ「江戸時代の新野辺の姿」を
少しずつ紹介するんで、よろしくお願いします。




新野辺村の古文書は、以前紹介したと思うけど
大庄屋やった大歳家に残る「大歳家古文書」と
実は村に残る「村方文書(むらかたもんじょ)」の2種類があるんや。
新野辺の町内会では、分かりやすく
町内会文書って言ってるけどな(^ω^)

しかし、加古川市の中でも、こんなに古文書が残ってるのは
新野辺が一番やないかな?
なんでかって、図書館に行ったら
ぶあつーい「加古川市史」って言う本があるけど、
この第二巻には他の地域よりも新野辺村についての江戸時代の様子が多く紹介されてるんや。

これは、町内会文書の方を参考にしたものと思われるけど、
わしらが守りたいって思ってる「大歳家文書」は、
まだまだ研究が進んでいない文書がたくさんあるんや。

実はようやく、まちづくり協議会が出来た4年くらい前から、
本格的な研究がはじまったんやで。




この研究をされているのが、現在は長野県飯田市研究所の
研究員である羽田真也先生という方なんや。

羽田先生は、もともと加古川市のご出身で
この春から長野に赴任されてしもたんやけど、
大歳家文書への愛は変わらず、引き続き新野辺村の研究も
続けておられるんや。

わしも実はな、羽田先生が講師の「新野辺の古文書を読む会」で
1年間だけやったけど色んなこと教わったんや。
古文書を読めるようになる「講座」ではなく、
新野辺を知るために古文書を読み解いていく「古文書を読む会」。

歴史好きには、たまらんおもしろい講座です。
興味がある方は、無料体験や見学もOKなんで、
是非遊びに来てな~(^◇^)
コメント