江川のほとり

四季の移ろいとメダカの独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Fc2ブログのアドレスを変更しました。

2013-02-13 00:07:09 | Weblog
fc2 ブログのアドレスを変更しました。 更新もまばらになりましたが、 春の賑わいが戻ってきましたので、 取材散歩に精出して頑張りたいと思います。 お暇の折、訪問いただければ嬉しいです。 http://miyuki929.blog.fc2.com/ 「 江川のほとり3」  です
コメント (1)

芝桜とミモザと。

2012-04-24 00:31:55 | Weblog

葉桜になりほっとしています。咲いている間、そわそわして落ち着きません。
ブログもずーとご無沙汰でした。年度切り替えの用事も終わってこちらもほっとしています。
投稿できるかどうか分かりませんが、
FC2を開設しましたのでお暇な時覗いていただければうれしいです。
Http;//sino929.blog.fc2.com/ 江川のほとり 2 です。






殺風景な門に今、芝桜が色どりを添えてちょっとは晴れやかな形になりましたので、
花の様子だけアップしました。


 
ある所でミモザを油彩で同系色にまとめられた小品に触発されて、まず写真に写してみました。


コメント (2)

3月25日 日差しが強くなりました。 

2012-03-27 23:55:56 | Weblog

村の花の拾い歩き。早春なのか中春(?)なのか分かりません。
(画面右下のマークをクリックしてください。砂時計で時間の調節ができます。終えるのはEscで。)

新しいチャンネル

コメント

20年目の椿

2012-03-26 00:02:53 | Weblog







思いもかげず蕾を発見して飛び上がりました。我が家に来て20数年、全く花の姿を見た者がなく、貰ったものを捨てるわけにもいかず、極暑極寒に耐えていたのを3年前、なんの心境の変化か植え替えてみた所今年の変化、とたんに愛情が湧いて、どんな花が咲くだろう毎日眺めていました。藪椿か侘びすけと思われる花が現われて数日来の胸のときめきは一段落しました。








ようやく庭の水仙が咲きました。


コメント (3)

ウグイスの初音を聞いた日 3月20日。

2012-03-21 23:59:17 | Weblog

3月20日は前の里山(最近は竹が勢力を増していて、こならや常緑樹は少なくなりました。)が一遍に賑やかになってほっとしている時、ウグイスの声も混ざり二重の喜びでした。小鳥も種は違っても集団が好きらしい。今日21日、夕刻江川を覗いたら、黄梅が暮れなずむ辺りに逆らう如く、黄色を際立たせていました。八重でしょうか。ジャスミン属だそうですが香りは全くありません。こうして写真に切り取ってみると、冬枯れの川の土手で誇らしげで風情があるな~・・と私のひいき目です。







コメント

  河津桜一輪

2012-03-14 00:32:51 | Weblog

春の日差しはありましたが冷たい1日でした。河津桜がようやく開花
しはじめてなんかホッとしました。今年は随分季節がおくれてやって
くるようで、過去のブログを繰ってみるとよく分かります。
小鳥の声の聞こえない里山を寂しく見上げてどうしたのかなと独り言。
(右下の拡大マークをクリックすると大きな画面に変わります。)

新しいチャンネル

コメント (2)

鎮魂の日に

2012-03-12 23:48:23 | Weblog


コメント (2)

3月5日、啓蟄と菜種梅雨。

2012-03-04 15:03:56 | Weblog

今日は啓蟄でした。季節が行きつ戻りつしているうちにいつの間にやら春はやってきていました。そして菜種梅雨です。庭の梅は3分咲きの状態が随分長く、今日の暖かい雨でようやく咲き揃い始めました。





草地の梅


雨の中で咲き始めた庭の梅  その1


その2

コメント (4)

当面の彼氏は青鷺さん・・。

2012-03-04 00:32:46 | Weblog

飾り羽が微妙に絡まって風に靡いている様子が見事に見えて大きく
UPしてみました。他の鳥たちが姿を見せませんのでたまにいる青鷺だけが主役です。











コメント (2)

銭太鼓で苦労しました。ー 2月14日ー

2012-02-17 00:09:44 | Weblog

過日、地区の年長者クラブの閉講式が行われました。講義とは関係なく、日本舞踊、カラオケ、合唱など個人団体で日ごろ趣味としているものを発表することとなり、私たち5人は急ごしらえで銭太鼓をしました。村田秀雄さん威勢のいい「無法松の一生」に乗せて叩きましたが、主要メンバーの急な欠席が加わり、多少太鼓のバラツキはあったもののまあまあの出来だったかな・・自賛・・というところでした。


コメント (1)