映画制作裏話ブログ

映画制作裏話をかき集め作品ごとに整理したブログです。mixi「独身社会人映画ファンコミニティ」のログ集!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メイキング「天使の恋」

2010年09月26日 | 映画原作 映画製作裏話 独身社会人

佐々木希と谷原章介に話を聞いた。

Q:ヒロインの援助交際やいじめなど、ショッキングな場面もある作品ですが、
台本を読んだときの感想はいかがでしたか?
佐々木:最初に台本を読んだときは、ちょっと過激なストーリーだなと思いました。
でも、わたしも理央のような気持ちを経験したことがあったので……。
谷原:ちょっと待って! その経験って、まさか援助交際じゃないよね(笑)?
佐々木:もちろん援助交際の経験はないです(笑)! でも、10代特有の反抗心を抱いた
ことや、友だちとの人間関係で悩んだ経験はあるし、理央に共感できる部分も多かったの
で、演じられるのがとてもうれしかったです。
谷原:確かにこの作品には、女の子にとってトラウマになるような経験や、よくない方向
に進む遊びなども描かれていて、台本を読んだ段階ではどんな風に演出されるのか想像し
かねる部分もあったんです。それが主人公につらい状況を与えるためだけのツールになる
のはいやだなと思っていたんですよね。でも、演じた希ちゃんの解釈や表現が加わって、
単なるショッキングな出来事ではなく、物語を形作る大切な要素になっていたので
安心しました。

Q:今回演じた理央と光輝を、それぞれどんな人物だと解釈しましたか?

佐々木:理央は過去にショックな出来事があって、そのためにどん底まで落ちてしまう
んですけど、光輝と出会ってどんどん前向きになっていく。本当は純粋で素直な女の子
なんですよね。光輝に恋をして、真っすぐにアプローチするところがすごく魅力的だな
と思いました。
谷原:僕が演じた光輝は、理央ちゃんのように他者から受けた傷によってではなく、
自分自身の病気が原因で他人を拒絶してしまっている。僕から見たらとても独りよがりな、
ある意味ナルシストな部分を持っている人物なんです。そんな彼が、理央によって心の壁
を壊され、自分自身の一歩を踏み出していくまでの心の動きを、どのように組み立ててい
こうか考えながら撮影に挑みました。

Q:今回の共演で、お互いをどんな風に思ったか教えてください。

佐々木:谷原さんは…


以下はネタバレとなるので
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/la-mer/#japan
にてメイキング「天使の恋」の頁をご覧下さい。

mixi(ミクシー)「独身社会人映画ファンコミュニティ」に入ろう!

おにぎりブログもやってます

<form name="mag2-form" action="#">
</form>

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« メイキング「小さな村の小さ... | トップ | メイキング「252 生存者... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画原作 映画製作裏話 独身社会人」カテゴリの最新記事