Dogma and prejudice

媚中派も媚米派も同じ穴のムジナ
従属主義的思考から脱却すべし
(言っとくけど、「媚米」と「親米」は違うんだよ)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「テロ特措法」廃案で、アメリカの不興を怖れる自称保守

2007-12-13 | 自称保守・親米保守
 テロ特措法に反対する民主党に対して、「反対するだけでは駄目だ。対案を示せ。」と批判する向きもありますが、「テロ特措法反対」ということ自体を対案として、何か不都合でもあるの。

 自称保守としては、「テロ特措法」を止めるのであれば、何らかの別の「国際貢献」を行って、アメリカの不興をかわないようにしなければいけないという強迫観念があるようですね。

 まったくのとこと、彼らときたら、「アメリカのご機嫌を取ること」が自己目的化してしまっているという感じがします。

 彼らにとっての正しい外交政策とは、ただひたすら「アメリカのご機嫌を取ること」でしかなく、その為には、原爆投下を容認したり、従軍慰安婦非難決議をスルーすることなど、いとも簡単に出来てしまうわけだ。

 アメリカの言動一つで、簡単に意見を変えることの出来る彼らに、「イデオロギー」なんて、最初からないのでしょう。

 未だに、「私のスタンスは反共です」などとのたまう人もいたりして。・・・中国は、とっくの昔に共産主義を捨ててるのだけどね。いつまで、冷戦時代を引きずっているだろうか。要は、「反中国」&「親米」と言いたいのだろうけど・・・。

 こういう人たちって、アメリカが中国と組んで、日本と対立するというような構図になっても、「アメリカは、中国に騙されているんだ。アメリカは悪くないんだ」とか言って、最後までアメリカを庇い続けるのだろうね。(「従軍慰安婦非難決議問題」のときが、まさにそうだった)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 年金「年度内解決」を撤回・... | トップ | 国家ファンド創設へ議連発足…... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ビリー・ザ・マッド)
2007-12-13 21:35:32
>アメリカが中国と組んで、日本と対立するというような構図

アメリカが移民国家であること、
華僑のアメリカでの伸張を見るに
充分ありえる話だとおもいます。

今の日本の中枢の連中は、とてもじゃないが
そこまで想定して行動してるようには
見えません・・・

Unknown (上田真司)
2007-12-14 02:38:44
ビリー・ザ・マッドさん、コメントありがとうございます。

>>アメリカが中国と組んで、日本と対立するというような構図

>今の日本の中枢の連中は、とてもじゃないが
>そこまで想定して行動してるようには
>見えません・・・

 自称保守の人たちは、自らを現実主義者と自称していますが、都合のいい未来しか想定しないようでは、本当の現実主義者とは言えないと思うのですよ。最悪の場合を想定して、それでも生き残れるような戦略を持つべきだと思います。

自称保守・親米保守」カテゴリの最新記事