Fly…Little Wing

手作りRCグライダーの記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Kalulaの製作 完成まで

2013年06月16日 | Kalula (無尾翼DLG)
機首からハッチを切り出します。型紙を貼って切り出しました。
後部にはサーボコードを通すために、スリットを切っておきます。
機首、翼、垂直安定板にカバー・フィルムを貼った後、各パーツを接着します。


サーボはPower-HDの3.7gを使います。
サーボをシュリンク・チューブで包んで、主翼に貼り付けます。
サーボの側面と主翼の底面が合う位に、バルサでかさ上げしました。




サーボのコードは主翼上面のケーブル・ホールから引き出して、機首後部に設けたスリットから機首内部へ引き込みます。
コネクターのシースは外しておき、端子がバラケ無いようテープでまとめてあります。
ケーブルが通ったら、コネクターのシースを復旧します。






エレボンリンケージは、カーボン・ロッドにクランク部を収縮チューブで固定したもの。
サーボ側はZクランク。動翼側はLクランクに極細収縮チューブで抜け止めです。
サーボカバーは、緑色のクリアファイルから切り出したものです。


クリアファイルの端切れを利用して、機首底部と垂直安定板下端部にスキッドを設けます。
そうそう、機首・垂直安定板と主翼の接合部には、マイクロバルーンをエポキシ接着剤でパテ化した物を肉盛りしてあります。


受信器のアンテナ線は取り回しを良くする為、ノイズレスチューブに通して本体にテープ止めしてあります。
アンテナは機首後部のケーブル・スリットから、機外へ引き出します。


バッテリーはリポ1セル300mAh、約10g。
機首内部に何とか収まりました。


全装備重量74gで完成。
重心位置はMAC36%で、無尾翼機としては後ろに外れすぎですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« Kalulaの製作 生地完成まで | トップ | Kalulaのテスト飛行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Kalula (無尾翼DLG)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事