読書日和

お気に入りの小説やマンガをご紹介。
好きな小説は青春もの。
日々のできごとやフォトギャラリーなどもお届けします。

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」

2011-02-16 23:51:52 | 音楽・映画
先日、「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」を観ました。

-----内容-----
1944年、太平洋戦争末期のサイパン島。
圧倒的な戦力を誇るアメリカ軍に対し、日本軍守備隊は最後の突撃を敢行し、玉砕する。
しかしその日から、アメリカ軍の恐怖の日々が始まった。
残存兵力を組織した大場栄大尉による抵抗が開始されたのだ。
大場は47人の兵士たちと共に、512日もの間敵に立ち向かい、多くの民間人を守っていく。
やがて彼の不屈の戦いぶりは、敵軍の将校ハーマン・ルイス大尉に畏敬の念を抱かせる。

-----感想-----
この映画は実話をもとに作られています。
太平洋戦争末期のサイパン島で、「バンザイアタック」と呼ばれる最後の総攻撃に打って出た日本軍。
映画の冒頭から激しい戦闘が繰り広げられました。
アメリカ軍に気付かれることなく敵陣近くまで接近した日本軍は、一斉に銃撃を開始。
不意を突かれアメリカ軍が怯んだとき、「突撃ー!!」の号令が鳴り響く。
一斉に敵陣に向かって走り出す日本軍。
アメリカ軍の激しい銃撃の前に、次々と倒れていく日本の兵士たち。
それでも銃撃をかいくぐり、敵陣に到達した兵士たちは、殴りあったり刀で刺したりの白兵戦を展開。
最終的にアメリカ軍2000人、日本軍4000人が死亡する壮絶な戦いになりました。
この戦いでサイパンの日本軍は壊滅。
アメリカはサイパンの完全占領を宣言します。

この戦いで奇跡的に生き残ったのが、大場栄大尉でした。
目が覚めたとき、辺りは死体の山になっていました。
生き残った大場栄大尉は当初、「一人でも多くのアメリカ兵を倒す」ことを自身の使命としていましたが、民間人が襲撃されたのを見て心境が変わり、「彼らを守る」ことを使命とするようになっていきます。
わずか47人の兵士を率い、アメリカ軍に対しゲリラ戦を展開していく大場大尉。
当時の日本では「投降すると拷問されて殺される」ということが信じられていたため、投降するという選択肢はありませんでした。
大場大尉は知略を巡らせて少ない兵士でアメリカ軍を翻弄したり、アメリカ軍が日本軍残党の掃討作戦に出たときは地形を利用して追撃をかわしたりと、知将ぶりを発揮していきます。

また、印象的だったのが日本軍が最後の総攻撃を仕掛ける前夜、軍の司令官たちが「天皇陛下万歳」と叫んだ後、一斉に切腹したこと。
「命を捨てて最後まで戦え」という覚悟のお手本を部下たちに見せるため、切腹したとのことです。
これにより最後の総攻撃は玉砕を覚悟した凄まじいものになり、ゆえにアメリカからは「バンザイアタック」と呼ばれたようです。

そんな中、玉砕ではなく民間人を守ることに重きを置いた大場大尉の決断は、当時ではかなり珍しいものだったのではと思います。
生き残るより戦って死ぬことが美徳とされた時代でしたし。
部下たちからは時折「玉砕」の命令を出してくれとの声が上がったりもしましたが、大場大尉は最後まで玉砕はさせませんでした。
しかしその決断により、多くの民間人と兵士の命が救われました。
戦争映画を劇場で観るのは今回が初めてでしたが、涙ぐむ場面もあり、とても心に響く映画だったなと思います。

コメント (9)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« またもや雪 | トップ | 終わりの始まり »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画・・・ (えみパパ)
2011-02-17 18:29:10
是非観てみたい映画です・・がっ!
岩国では“まだ”公開されてないんですっ?!


ははは、田舎なもので…^_^;
えみパパさんへ (はまかぜ)
2011-02-17 22:32:19
えみパパさんも興味ありですか
まだ公開されてないのは残念ですね^^;
ぜひ観られると良いですね
この映画 (viviandpiano)
2011-02-18 02:45:32
私も気になっています。
本当にあった話なんですよね・・・

「戦争」っていうと、
臭いものに蓋みたいな感じで、
悪いことだった、と反省のみして過ごしていて、
ちゃんとした実態を知らない人も多いと思うんですよ。

最近思うのは、
ちゃんと事実を知らなきゃいけないってこと。
この映画も、その「事実」を語っているのでしょうか?
viviandpianoさんへ (はまかぜ)
2011-02-18 12:22:30
そうですね、実態を知らない人って多いと思います。
高校のとき、沖縄戦の経験者の話を聞いたときは衝撃を受けました。
漠然と「日本が悪い」と思うだけではなくて、ちゃんとした実態を知ることって大事だと思います。
この映画は、実際に大場栄大尉の親族の方に挨拶に行ったりもして、丁寧に作られたようです。
当時の記録をもとに作っていますし、かなり「事実」を語っているのではと思います。
Unknown (ビオラ)
2011-02-19 01:27:25
私もこの映画観たいんだ。

竹之内さんが主演ですが、唐沢さんもすごくインパクトのあるスキンヘッドで好演なさったんでしょうか?

韓国の映画「戦火の中へ」と言う映画も観たいんですよね。
先日日テレで、この映画に関する特集が数十分あったのですが、実際に学徒兵に志願し、戦い、生き残った方が話しされたり、その戦いの場となった学校の昔と今、北と南の昔と現状について等とりあげていて、色々と考えさせられました。

戦争と無縁だと思っている日本人ですが、今も世界のあちこちで戦争は起きています。
日本は自国、他国の戦争経験について、「事実」をもっと語り継いでいかなければいけませんね・・・。
ビオラさんへ (はまかぜ)
2011-02-19 09:13:16
唐沢さんはかなりインパクトがありました。
スキンヘッドの刺青姿で、個性派キャラ全開でした。

なるほど、韓国の戦争映画ですか。
北と南って、休戦協定が結ばれているだけであって、まだ戦いが終わったわけではないんですよね。
この前も砲撃事件がありましたし、一気に緊張が高まるときもあります。

日本でも「硫黄島からの手紙」などの戦争映画も作られましたし、映画を通じてでもかつての戦争について、事実を知る人が増えていったら良いなと思います。
サイパン (ナナ)
2011-02-19 17:53:03
初めて書き込みをいたしますご無礼をお許しください。
実は、私の知人がこのたび、サイパン・テニアンの戦跡を紹介した書籍を出しましたが、ぜひともこの本を広げていただきたいと思っています。
わたしも一度、サイパンを訪れ、幾つかの戦跡を訪ねたことはあります。バンザイクリフなどとても衝撃的でした。
今回、知人が執筆しました本は、これらのサイパン・テニアンの戦跡全体を網羅し、サイパン戦などの経過とともに、460枚にのぼる膨大な写真とエッセイで、多くの埋もれている戦跡をも紹介しています。大変読みやすくできています。
わたしは、この本をきっかけに、これらの島々へ多くの方々が訪ねられ、平和について考えるきっかけをつくられたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

『サイパン&テニアン戦跡完全ガイド―玉砕と自決の島を歩く』(社会批評社)定価1680円
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-916117-91-5.html
私も観ました。 (かえる※)
2011-02-20 18:10:34
私も先日、観てきました。

サイパンが激戦地であったということは知っていましたが 
このような事実があったことは初めて知りました。
あの戦争時において、大場大尉の最後の決断は難しかったと思いますが
結果として正しい大きな決断でしたね。

戦争と平和、そして命の大切さを考えさせられる映画でしたね。
かえる※さんへ (はまかぜ)
2011-02-22 15:18:44
大場大尉の決断は勇気あるものでしたね。
あの決断で多くの民間人が救われました。
敵を倒すだけが戦争ではなく、民間人を守ることもとても大事だと思います。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

11 トラックバック

「太平洋の奇跡 ‐フォックスと呼ばれた男‐」 (嵌絵図)
映画「太平洋の奇跡 ‐フォックスと呼ばれた男‐」  を観ました。     戦争のことを  知らない世代。    いろいろな媒体から  ほんの断片を  知ることはありますが  まだまだ  足りないのかもしれない。    けれど  どんなに知っても  それ...
映画<太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-> (美味-BIMI-)
歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 「生きて、日本に帰ろう―。」   <太平洋の奇跡-フ...
『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、岡田義徳、ベンガル、中...
『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 開戦から70年だから描けることは? (映画のブログ)
 『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。  この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌わ...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (to Heart)
生きて、 日本に帰ろう── 製作年度 2011年 上映時間 128分 原作 ドン・ジョーンズ 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 脚本 西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック 監督 平山秀幸 音楽 加古隆 出演 竹野内豊/ショーン・マッゴーワン/...
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」観に行ってきました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で激戦が繰り広げられたサイパン島のタッポーチョ山で徹底抗戦を続け、民間人を守り通した大場栄大尉(通称フォックス)率いる47人の日本兵達の物語。 元アメリカ海兵隊...
太平洋の奇跡 (上) (WEBLOG:e97h0017)
本作のレビューを執筆するにあたっては、作品が有するテーマとその表現方法を明確に分けて書く必要があると感じています。プレビューで書いたとおり、私はこの映画は決して「反戦映画」ではないと考えます。実は日本人にとって「反戦」というテーマで映画を作る
太平洋の奇跡 (下) (WEBLOG:e97h0017)
本作が当時の日本人を描くときに用いた基本的な表現方法にまずは言及しておきたいと思います。クリント・イーストウッド監督が「硫黄島の戦い」を2作品をもって描いたのは、戦争を切り取る視点が一方に偏らないようにする配慮によるものということになると思います。本作...
「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐... (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世...
太平洋の奇跡 (映画的・絵画的・音楽的)
 またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念を持って“フォックス”と呼ばれたのだろう、と訝しく思うの...
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 (小部屋日記)
(2011/日本)【DVD】 監督:平山秀幸 出演:竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、阿部サダヲ 生きて、日本に帰ろうー。 原作はドン・ジョーンズの実録小説「タッポーチョ『敵な...