マイ・シークレット・ガーデン

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再び 風になるとき

2009年08月30日 | アニメ&声優 09.7~9
空を飛ぶという行為。
気流に乗ってしまえば楽なのかもしれませんが、
実は物凄いエネルギーを必要にするとか、
飛べない者があこがれるほど、
素敵な事ばかりではないと聞いたような・・


『獣の奏者 エリン』 第33話 飛翔

キリクの元に、どこからか荷物が届きました。
白い花が添えられた、毒薬・・?
「あの人らしい」とは、ダミヤの事かな?

エリンは、リランが飛んだ事をエサル先生に報告しました。
先生はちょっと嬉しそうですね。
でも、
リランが勝手に飛んで逃げて行ってしまうのを心配します。
それを防ぐ為に、
リランがエリンの命令によって飛行するよう、
訓練する事になりました。

ところが、なかなか飛ぼうとしないリラン。
キリクの話に反発したエリンは、
自分がどうして獣ノ医術師になりたかったのかを思い出します。

母は、
「獣ノ医術師は獣の為にあるものじゃない
獣と共に生きる人の為にあるものなのよ・・」
と言っていました。
(それは、この村で生きてゆく為にそう教えたのでは?)
エリンは、
「人の為でなく 野生の王獣と同じようにリランを育てたい」
と思っています。
リランの気持ちを尊重していなかった事に気づいたエリンは、
リラン本位の飛翔の意欲を待つ事にしました。

空を飛ぶ白い鳥達を見上げると、
鳴き声を発し、羽ばたくリラン。
エリンは再びリランの背に乗って、飛び立ちます

この時のBGM 最高でしたね!

エリンとエサル先生は、
リランが勝手に飛んで行ってしまうのを心配しましたが、
リランはエリンがいなければ飛ぶ気もないみたいな?
ひとりと一匹の気持ちがひとつになった時だけ飛べるのかな。

帽子といい、飛行訓練の為のエリンの服が、
ナウシカの衣装にソックリだなと思ったり。

次回 【イアルとエリン】

コメント (2)   トラックバック (4)