マイ・シークレット・ガーデン

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツッコミ同士よ、お疲れ様☆

2008年03月27日 | アニメ&声優 08.1~3
も、ひと言だけ~☆


『ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-』 20話 奪還 ―断ち切られた絆―

カズキがすっかりISDAの活動の中心人物になっていてオカシイ☆
ドラゴン化したトアに乗ったジンを認めて(何故わかる?)
「来てくれたんだね、ジン」なんて笑ってますョ。
「この傷がうずくたびに思い出す」って、結構傷、小さかったです☆

ギオはタナトスからの指令でもあったのか、
ジン達から離れて行きました。

伊達に電気街に潜伏していたわけではなかったノザキ教授。
ネタじゃなかったんだ!

最後に、まげをといてロン毛の美人さんなギオ登場。
でも、タナトス側の者になってるぽいです・・ぁぅ ・・


21話 決別 ―継承せし者―

ギオはトアの命を長らえる為に、タナトスの継承者になったのでした。
意識を乗っ取られたわけでもなく、ギオはギオのままなのに、
トアの為に憎まれ役になっているところが可哀想・・
それにしてもタナトスは、
どうして人間とレゾナンスしたギオを後継者にと思ったのかしらね?

倒れたラウムの手当てをするトア。
もうすぐ死にそうなのに、その力はどこから湧いてくるのでしょうか?
しかし、サカキ指令はどうしてひとりでやって来たのでしょうかね?
やっぱり心配なんじゃん☆
指令だったのに、あっという間に追われる身に。
そういう入れ代わりが激しいなぁ~・・


22話 襲来 ―審判の時―

かつて3人で穏やかに暮らした家。
ギオはしばし、思い出にひたるのでした・・

ジンとトア。
ひとつの毛布にくるまるふたりを見て、嫉妬の目で見てしまうジークリンデ。
でも、トアの涙を見て、ハッとするのでした。
ジークリンデってジンの事好きだったんだ~。

サカキ指令の中には、タナトスへの復讐しかありませんでした。
それにしても、やっぱり奥さんより娘の方が大切だったのねん・・

月軌道上に現れたタナトス。
ん~どうしてもっと早く来なかったのかな~?

火星で氷付けになっていたマキナとアキラ。
マキナの目が開きましたョ。
ただ涙を誘う、悲しみのオブジェなのかと思っていたら、
ええ~?生きていたの~?!


23話 散華 ―悲しみと希望と―

ジルアード宇宙軍はタナトスを攻撃。
しかし、その効果はゼロ。
反対に大打撃ですよ!

そんな険悪な状態なのに、
ライナ達はギオならわかってくれるだろうと、
タナトスとの対話の為に動き出すのでした。

マキナとアキラはなんか本人ではないようで、
かつてそう呼ばれていた者達だそうです。
それでも過去の記憶があるのなら、
人間を汚れたモノなんてと思わないんじゃないのかな~?
その感覚がわからないのであります。

トアの聖痕を見た時、彼女の死期を意識したジンでしたが、
トアを救う為「トアを渡せ」と言われ、ギオにトアの命を託す事にしました。

ウィドーはカズキをかばった時の傷が元なのか、
死んで消えて行きました・・
直接レゾナンスした相手でもないのにあんなに尽くして、
「わかってあがられなくてごめんね・・」
と泣いていました。
なんか、カズキはそれで一気に目が覚めたらしいッスよ~☆
そんなカズキと一緒に、
ジンはトアをタナトスまで迎えに行く事にしました。
強引☆

ギオはカズキにとって、
「ジンを守る為の力を持つ理想像」だったらしいです。
なのにどうしてギオは生まれたとたんに、
「ジンを守る為」でなく「トアを守る為に生まれた」
となってしまったのでしょうかね?
不思議~☆

ローラ似のラウムとサカキ指令の最期は、
可哀想な感じもするけどちょっと微妙。
その子は本物のローラじゃないんですよ・・

ラウムの抗タナトス因子をノザキ教授が受け継ぎました。
対話で解決するのか、
それとも決別なのでしょうか・・?


24話 逆鱗 ―消えゆく明日―

すっかり仲良しに戻ったジンとカズキ。
カズキったらジンを殺す気満々だったのに、
「帰って来いよ、お前は帰って来なきゃいけないんだ!」
なんて、よくそんな事が言えるね~!
可愛さ余って憎さ百倍って感じだったのでしょうかね☆

出力を抑えたCSSによって、
タナトスとコミュニケーションを取るライナ達。
しかし、話は通じません。
ところが、ジンとトアの絆を見たとたん、また考えを変えるタナトス。
宇宙生物の考える事はわかりませんなぁ・・

アーシムとガーネットが(タナトスと融合した?)意識として再登場。
アーシムは死んでいないかもと思っていたので、残念ハズレ☆

ノザキ教授を見送るキタジマ博士。
役には立たなくても「私も一緒に行きます!」とか言うのかと思った。
なのに「止めはしません!」だって。

ギオは最後までジンとトアの犠牲になるのかな。


最終話 25話 共鳴 ―永遠に響き合うように―

やっつけっぽかった☆
ノザキ教授がなんか、無駄死にっぽくなかった?
「ひとりじゃない・・!」って、
最後は話し合い(?)わかりあえた~みたいな~感じでしたけど、
タナトスとの戦闘できっとたくさんの人が死んだよね?
さわやかに、さよ~なら~って言われても、ちょっとね~・・
ギオはひとりになって可哀想だったけど、
死ななくて良かったよ。
むしろ、もうあのふたりに振り回される事がなくなって、
幸いだったのかも☆

ツッコミ専門アニメって、やっぱ私アカンでしたわ~。
皆々様、お疲れ様でした~!!