マイ・シークレット・ガーデン

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Re : レイラです

2007年02月22日 | アニメ&声優 07.1~3
 ヤバイよね ここの星空じっと見てると手が届きそうで
願いが叶うような気分になる・・

シンの願いって、何でしょう・・?

列車の中でエロ小説を読んでいるシンの手が指が、凄くイイ感じデシタ
それと、プロダクションの社長の声が若本さんだったのにウケました
と、ヤスを初めブラストメンバーが、AV女優に意外と詳しくて笑えました


『NANA-ナナ-』 42

妊婦は眠い・・でも起きなきゃ・・
隣に寝ているタクミの寝顔を見て、愛しげに微笑むハチ。
「もう一度ちゃんと話がしたい」というノブからのメールあり、
心が掻き乱されます。

小松家に挨拶に行ったタクミ。
女性陣には歓迎されますが、父親は初めツンケン☆
まるで動じないタクミは凄いデス!
タクミの家族の話を初めて詳しく聞いたハチは、
ナナの事を思い出したり以前のタクミの言葉を思い出したり・・

素人離れしたカリスマ性を持つナナですが、
歌唱力はもっと鍛えなければいけないレベルらしいですね。
何だかんだと、松尾さんとも結構仲良くやってるように見えます☆
強化合宿の目的は
メンバーとスタッフの結束を強める為じゃないのかな

というレイラの考えは当たっているみたい?
さすが業界の先輩だと思いました。
シンのメールに励まされたレイラは、
今度は「お互い がんばろうね」とシンを励まします。

ホテルのバスタブで眠るレン。
レン こんな所で寝てたら風邪ひくよ
ほらおいで 良い子だから
こらこらぁ・・

今日のレイラは世話焼きお姉さん風?
甘えたレンと、どうにかなっちゃうかと思いましたョ。

手に届く場所にないと やっぱり不安だよ
って言うのは、ライターの話にかこつけた、
恋人同士の話みたいと思いました。

偽らずに誰かと見つめ合う事は
自分自身を見つめる事でもあると思うから
目をそむけたら負けだよね
私は負けたくない

レイラって結構芯が強かったりして?
それに比べてナナは、
向き合わなければいけない事から目をそむけていたんですね?
現実を突き付けられたナナはそれに耐えられず、
過呼吸の発作を起こしてしまったんですね。

あたしは生まれ変わるなら魚がいい
狭い水槽の中で
レンとふたりだけで 泳ぐの・・


涙を流し苦しんでいるナナを見て、何だか泣けてしまいました。
どうしてこんなに脆いんだろう。
ナナを愛し、支えてくれる人達は傍にいるのに、
彼女の生い立ちが心の安定を妨げるのでしょうか・・
ナナお願い。
鎧を脱いで、ハチとの再会を信じて待って・・


『武装錬金』 第二十一話 GONE INTO FLAME

自分のシルバースキンを全てカズキら3人の子ども達の為に使い、
火渡の劫火で蒸発したのかブラボー!?
え~ん・・と泣いてたら、大戦士長が助けていました。
剛太に倒された戦士も助けられていたようで、良かった良かった。

7年前の苦い失敗任務。
その中で見つけた、ただひとりの生き残りが斗貴子さんだったって。
ブラボーも泣いていたけど、火渡も泣いていました。
彼も正義の人なんですね。
火渡もカズキも知っているブラボーは、ふたりを戦わせたくなかったのですね。
その意志が、意識を失っているのに、
シルバースキンでふたりの間に盾を作りました。ぅぅ・・

照星さんのメガネのズリあげ方がなんか、藍染さんっ
美形美声キャラ・・イイ!!
わはははははははは☆と笑いながら、
ス・・って
かと思えば、
「そうそう、それと、
部下は皆私の大のお気に入りですから♪」

って、飴とムチですかっ☆
「フン」とか言いながらウレシソウな火渡が可愛かったデス
あ、毒島って火渡ラブっぽくない?

核鉄みっつで潜水艦作ってたのね。
艦長、航海長、水雷長の、
「フォーメイション!」に笑った☆

次回 【決断を要す】
男爵様は無敵です!!


『少年陰陽師』 第二十一話 罪の焔に絆絶え

瘴穴に堕とされた昌浩達。
封印の金環を失った紅蓮は再び縛魂の術に嵌まり、
その手で昌浩を貫きます! (紅蓮が悪人顔でイヤン・・

う~ん。大変だ。
前はどうやって紅蓮の術を解いたのでしょうか?
術をかけた風音にしか解けないのでしょうか?
玄武と天一の力により一命を取り留めた昌浩が、
愛の力で目覚めさせるというのでしょうか?!
せっかく脩子姫が心を開いてくれたというのに、
絶体絶命状態が続きます。

章子姫は昌浩に会った事ないんですよね?
なのにどうして名前を呼んだのでしょうか・・?
(あ、スミマセンこれ、彰子姫の間違いでした☆

次回 【すべては巫女の御為に】


http://shibaneko.blog53.fc2.com/blog-entry-550.html
http://himegoto4649.blog73.fc2.com/tb.php/217-355c0748

コメント (4)   トラックバック (11)