中国電影迷

「中国」在住の「電影」好きの「迷」子のブログ。
映画の紹介と日常の心象風景のワンシーンを記録しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「トップガン」

2011年02月28日 | その他映画

「トップガン」
監督:トニー・スコット
出演:トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー
1986年作品

<あらすじ>
カリフォルニア州ミラマー海軍航空隊基地。F14トムキャットのパイロット、マーヴェリック(トム・クルーズ)と、RI0と呼ばれるレーダー索敵員のグースが「トップガン」と呼ばれるエリートパイロットたちの仲間入りをした。その夜、士官クラブで、マーヴェリックは金髪の美しい女性に魅せられた。翌日、その彼女が、教官として紹介された。チャーリー(ケリー・マクギリス)といい、航空物理学の博士で、敵の航空機の情報にも詳しい専門家である。実戦訓練が始まり、マーヴェリックとグースの絶妙なコンビネーションが披露されるが…。

小学校高学年の頃、大好きだった映画です。
制作年からみて、映画館に行ったとは思えないので、多分「金曜ロードショー」とかでみたんでしょう。
弟たちとビデオテープが擦り切れるまでみました。
この映画で、トム・クルーズを初めてみて、「こんなカッコいい男の人がいるんだ!」と衝撃を受け、長いこと彼のファンだったのですが、改めてみると、撫で肩だし、背は低いし、それなのに(失礼!)「カッコいい俺」みたいなオーラが満ち満ちていて、全然好きじゃないです、こんな男性。
こういう自信がみなぎっていて、目力がある男性、恐ろしくて正視できません。
ちょっとしたことで「俺のこと好きだな、コイツ」と思われそうで悔しいじゃないですか。
誰もが夢中になると思ったら大間違いよ!あんたのことなんか好きじゃないっつーの!
モテない女のひがみ?そんな感じで小さい頃から「自分に自信のある男」「モテる男」って大嫌いでした。
大人になった今もそれは変わらず、偏見かもしれないけど、若い頃から難なく女性を手に入れてきた男性って、横柄だったり、気持ち悪いほど自分大好きだったり、性格の良し悪しはあるとしても、一番顕著なのは会話が面白くないことだと思います。リアクションもつまんないし。

女性も男性もそうですが、外見がいいからってちやほやされて、それに甘んじてきた人は、内面を磨く努力をしていないから、歳を重ねるとともに魅力がどんどんくすんでくる気がしますね。

おっとお、話がだいぶ逸脱しました。
トップガンです。

この映画は、音楽が素晴らしく、当時はテープにダビングしたのを聞きながら、国道を突っ走りながら(自転車で)、飛行機が見えるとガッツポーズを送っていました(←そういうシーンがある。ただしバイク)。
だからオープニングの「デンジャー・ゾーン」を聞いただけで、わくわくします。
空母の上の滑走路の人たちの手旗信号みたいなサインも弟と真似して遊びました。カッコいいですよね。
レイバンのサングラスとか、バトワイザーの瓶ビールをラッパ飲みとか、大人になったら絶対やろうと思っていたし。(今やワインをボトルでラッパ飲みし、すっぴんをサングラスで隠すオトナ)
あの、アメリカ軍人の人が首からぶら下げている識別札(何て言うんでしょう?)も、通信販売で弟と買いました(笑)
しかも刻印は「Kyoko Maverick」、意味わかんないし! 

この映画は物語のほぼ1/3が戦闘機の空中戦。
舞台はサンディエゴの海軍航空隊基地、世界最高のパイロットを養成するエリート学校、別名「トップガン」と呼ばれる訓練生の話なので当たり前ですが、戦闘ものは苦手なので、空中戦の場面は全く理解不能でした。

F-14(バンドのTOMCATなら18番)とかミグとか戦闘機の種類もわからないし、アメリカ空軍が全面的に撮影に協力した本格的な空中戦ですが、どっちが敵か味方かわからないし、彼らの台詞だけでは状況はさっぱり把握できず。
「んん?何でこの人パニックになっちゃったの?」「え?何で死んだの?」
…物語の本筋に重要なところも何が何だか…。
昔は、弟の解説があったからよくわかっていたはずなんですが、こんなんじゃきっと面白さも1/3しかわかってないと思いますね。
なつかしの曲が映像によって綴られる…みたいな、ほとんどMTVとしてしかみれませんでした。名曲ばかりなのでそれもよし。

トムとヒロインのラブロマンスもね、子供ながらに「えーーー気持ちを確かめ合ったその日にベットイン?」って衝撃を受けたのを思い出しました。
グースの死の悲しみを乗り越えたとたんにグースの識別札を海に投げ捨てるところとかね。

アメリカ人ってドライですねえ。

今日の毒舌度:☆☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 映画「フラワーズ・オブ・シ... | トップ | 映画「ザ・コーヴ」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やす)
2011-03-06 21:33:56
あははは、おもしろく読みました。

確かに。キャラクターは年齢とともに深化するけど外見は衰えるもんね~。キビシー!!

この映画、確かに音楽と映像とのマッチングは最高です。この後にやっぱりトム・クルーズ主演でカクテルって映画があったけど、あれははずした気がするなぁ。いずれにしても遠い記憶だ・・・。
Unknown (キョウコ)
2011-03-07 14:40:46
アメリカに住んでいる友達が、アメリカ人は「トップガン」をゲイ映画として認識していると教えてくれました。
映画「カクテル」は、「トム・クルーズ『カクテル』」で売ってましたね。どうしようもない駄作。

「歳月は残酷」と言いますが、それでも男性は歳をとっても深みが増すからいいと思います。

女性はやっぱり…限界もありますよ。
他人だけではなく自分にも辛口なのです。
Unknown (やす)
2011-03-07 22:56:28
そうなんだ。公平なんだね。えらい。
ところでmixiの自己紹介で嫌いなものに「予定調和」入れてくれないかなぁ。たぶん嫌いでしょ(笑)僕も好きじゃないんです。
予定調和 (キョウコ)
2011-03-08 00:12:35
それはそれでいいなと思いますけどね。なんでだろう、残念なことに無縁ですね。
だから「けっ」って思ってるところありますね。
「不定愁訴」って言葉は好きですよ。予定調和と不定愁訴、なんか似てません?響きが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事