東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

草刈機、チップソー使用方法(2)

2012年02月27日 | 農機具,工具

 前回は、草刈機に取り付けるチップソーの話をしたので、今回は草刈機へのチップソーの取り付け方法を説明します。チップソーなどの回転刃は、刃が減ってくると丸刃を交換します。この時必ず、刃を取り付ける軸の回転を止めます。止める時に細い六角レンチ(釘や細いドライバーで代用可)を使います。この六角レンチを回転止めの窪みに入ります。窪みに入ると回転が止まり刃を交換し易くなります。

    回転止めの窪みに入っていない       回転止めの窪みに入っている
 

 次にチップソーを回転軸にはめ込みます。この時に注意することは、チップの向きが軸が回転する方向と一致するようにはめます。下図の場合、軸は時計周りに回転するためチップの向きが時計周り方向になるように取り付けます。

      チップの向きが軸が回転する方向と一致するように丸刃を装着

 チップソーを回転軸に取り付けると、チップソーが外れないように固定します。このため、固定するための部品をチップソーに続けて回転軸に装着します。この部品にはいろいろな形状のものがあります。地面を滑らせるようにして草を刈り取ると効率的ですので、滑らせやすい形状のものが良いかと思います。

      チップソー回転軸に装着         チップソー固定用の部品を装着
 

 最後に六角ナットを取り付けます。この六角ナットは、通常のナットと異なり逆回しで取り付けます。通常のナットは時計回ししますが、この草刈機の回転刃固定用のナットは反時計回しします。この六角ナットを使って、チップソーとそれを固定する部品を強く軸に固定します。緩んでいると刃が外れて大参事となります。外れないよう固く回します。

              チップソー固定用部品の次に六角ナットを装着


 六角ナットの回し方ですが、最初は指で軽く反時計周りで回します。指で回せなくなったら、今度は専用の六角ナット回しを使って回します。これで、草刈中にチップソーが外れることかなくなります。次に回転軸が回らないように固定していた六角レンチを取り外します。これで、エンジンをかければすぐにでもチップーソーが回転します。

   六角ナット回して六角ナットを強く回す        六角レンチを外すと回転可
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 別所小学校にお米を届ける | トップ | 平山城址公園の東園を散策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農機具,工具」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事