東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

草取りと雑穀苗の移植

2006年06月21日 | 田舎暮らし

 梅雨空の中、サツマイモとヤーコンの根元の草取りをしました。この時期の雑草は根がしっかり土をつかんでいるのでなかなか除草がはかどりません。また雨で滑るので腕や指がよけいに力を入れる必要があり疲れます。
 ジャガイモの葉はだいぶ黄化しているので収穫適期です。梅雨の間に収穫を済ませて次作物の準備をします。今日は、ジャガイモを収穫した跡に雑穀のシコクビエの苗を移植しました。

 梅雨の時期は、田植え、麦の収穫、ジャガイモの収穫、そして草取りが一年で一番忙しい時期です。梅雨は菜園に挫折する人が一番多い時期です。その一番の原因は草取りにあるそうです。

コメント   この記事についてブログを書く
« シュレーゲルアオガエルの卵塊 | トップ | トラクター電気系統の修理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事