東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

たき火で伐採木などを焼却

2016年02月04日 | 田舎暮らし

 夕方、風がありませんでした。これは伐採木や枯れ枝を焼却するチャンスですので、たき火をしました。最初に不要な段ボール箱を積み、その上に細かい枯れ枝を積みました。そして、ライターで火を点けました。火をつけた直後は炎は小さかったのですが、だんだん枯れ枝に燃え移りました。

 不要な段ボール箱に着火    枯れ枝に燃え移る       だんだん大きくなる炎
  

 このところ、日が長くなったことを感じます。12月であれば、5時を過ぎるとすぐに暗くなったものです。2月になると、わずかに暗くなる時刻が遅くなります。それだけ燃やす時間を多くとれます。
 枯れ枝に燃え移った炎の上に、伐採した幹などの太い木を重ねました。すると、炎がだんだん強くなります。燃え盛る炎をぼんやりと見ていると、時間を忘れます。3月位まで、風が無い日を狙っては伐採した木々を焼却しようと思います。それでも、すべての木を燃やすには時間が足りません。

                暗闇の中で燃え盛る炎


コメント   この記事についてブログを書く
« 田布施町観光協会を訪問、ほか | トップ | 田布施町郷土館 小学生達が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事