東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

古い足踏み紡ぎ機の修理と調整(1/2)

2020年10月23日 | 綿栽培,糸つむぎ,織り,染色

 年代物の古い足踏み紡ぎ機の修理を始めました。一見したところ壊れたところはないようにみえました。よく見ると、私が持っている紡ぎ機とは紡ぎの機構が異なっていました。まずは、故障個所を特定することから修理を始めることにしました。よく観察すると、あちこちに問題がありました。時間をみてはのんびりと修理しようと思います。

   これから修理・調整する足踏み紡ぎ機(はずみ車に糸を巻く)


  最初に気が付いたのは、はずみ車に糸を巻きつけて回していた時のことです。はずみ車を手で押すようにしていると、はずみ車を足で回すための棒が外れてしました。外れないようにするピンが無いのです。ピンをすぐには購入できないため、針金を通して代用しておきました。続いて、糸巻きを支える支柱を固定する細い竹棒が一ヶ所折れていました。反対側は折れておらず正常でした。

 ピンが外れて無い      折れた細い竹棒     正常な細い竹棒
  

 次に、紡ぎ部分を支えるボルトとナットが錆びており緩めることが困難でした。このボルトを使って、はずみ車から通された糸が外れないような位置決めするのです。その微調整をする重要なボルトです。ワッシャが無くなっていたため微調整が困難になっていました。ワッシャを新たに購入して、ボルトも新調しようと思います。続いて、はずみ車の中心軸を固定する部品がぐらぐらしていました。どうもくさびが無くなっているようでした。場合によってはそのくさびを作るしかないようです。

  錆びたボルト、ワッシャが無い     くさびが無く?中心軸がグラグラ
 


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放課後学習 成器塾 手芸(ポケ... | トップ | 光市 室積海岸沿いの史跡巡り... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

綿栽培,糸つむぎ,織り,染色」カテゴリの最新記事