東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

マメ科の樹木であるハナズオウが満開

2018年04月18日 | 花,野草

 我家では、桜や桃などいろんな木の花が咲きますが、今はハナズオウの花が満開です。たくさんのクマバチが花のまわりをうるさいほど飛び回っていました。この木はマメ科です。桜のような花びらではなく、マメ科の特徴を持つ花びらです。色も濃いです。マメ科の木はあまり多くありませんが、比較的よく知られているのはネムノキ,アカシヤ,そしてエンジュなどです。花にも特徴がありますが、実にも特徴があります。鞘がありその中に豆が実ができるのです。

          所狭しと花が咲くハナズオウ(マメ科)


 ハナズオウは私が子供の頃から植えてありました。60年以上経っているのに、背の高さもほとんど変わりません。桜などと違って木が丈夫なのでしょう。伐採しても根本から芽が出ますし、害虫もいないようですし、病気も少ないようです。野菜の豆を除いて、マメ科は毒を持っていることが多いのです。そのため丈夫なのではないかと思います。

    マメ科特有の花びらの形        花びらの蜜を吸うクマバチ
 

ジャンル:
観葉植物
コメント   この記事についてブログを書く
« 畝を耕し、茶色綿の種まきを... | トップ | ジャガイモ(シンシア)の芽かき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花,野草」カテゴリの最新記事