東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

今年もたき火の季節がやって来ました

2013年12月06日 | 田舎暮らし

 12月に入って毎朝霜が降るようになりました。早朝庭に出ると、野菜は薄雪が降ったように白くなっています。葉が凍っているのでしょうか、葉を触るとポキンとまではいきませんが、裂けるように折れます。
 この季節になると、夏の間に伐採した木が乾いていて、とても燃えやすくなっています。夕方近く、我家東の山に夕日がかかる頃になると、ほぼ毎日たき火をしています。毎日燃やさないと、伐採した木々を処分できませんので。

              夕日に染まる我家の東側の山、この頃にたき火開始


 たき火は子供の頃からよくしていました。また風呂たきも私の仕事でした。事前に山に行っては枯れ木を伐採し、引きずるように山から降ろしていました。降ろすと、ノコギリで30cm位の長さに幹を切ります。そして、斧でその幹を割りました。
 ある時、さらに木を細く割ろうと鎌を振り下ろしました。しかし、当たり所が悪くて手の甲に刃が当たってしまいました。軍手をはめていましたが、みるみるうちに血で赤く染まっていきました。いまでも、その傷跡がまだ残っています。子供の頃は、このようによく怪我をしました。

     細い木の下に紙を置いて着火       細い木に火が燃え移り、着火成功
 

 たき火をしていると、体の前は熱くなり夏のようですが背中は冬のままです。体中が均等に暖かくなるように、たき火側を向いたり、後ろを向いたりします。炎が上がっている間は、炎の大きさによって暖かさが上下します。体を温めつつ、次々に伐採した木々を火の中にほおり込みます。その一方で、火の粉が飛ばないように炎の大きさを調整します。ボーっと座って温まっている暇はありません。

               炎が勢いよく上ると、熱くなって真夏のよう


 体を温めるにちょうど良いのはおき火です。炎は上がらず、炭火のような状態の時です。ちらちら燃える炎を見ながら、のんびり椅子に座って火を管理します。まんべんなく木が燃えるように時々、燃え残りを炎の中に押しこめます。

          椅子に座ってただひたすら、ボーっとおき火を見つめる至福の時間


 だんだん周りが暗くなっていく中、おき火を見ながら椅子に座っている時が至福の時間です。時を忘れてただひたすらに、ぼんやり火を見つめます。

               周りがすっかり暗くなった中、赤く光る残り火


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 小豆の莢を手もぎして収穫(2... | トップ | 平生町 赤子山ウォーキング... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
畑も山もきれいに管理されてますね。 (ラッキー)
2013-12-06 15:49:50
焚火の後の火種で焼き芋が食べたいなあ。
昔はよく口の周りを真っ黒にして食べてました。なつかしいなあ。
サツマイモは焼き芋が1番です。
コメントありがとうございます。 (東京里山農業日誌)
2013-12-08 10:47:14
そうですね。
たき火が終わった後、時々おき火でサツマイモを焼きます。
焼きすぎると、こげた部分を取り除いて食べます。
冬は焼き芋が甘くて美味しいですね。

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事