東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

田んぼ見回り、サツマイモ周辺草取り

2006年06月18日 | 田舎暮らし
 久しぶりの日曜休みなのに朝から雨でがっかりです。そんな中、高校生から田植えに行けないとの連絡。大雨の予想のためか、急用ができたのか、メンバー全員が行けないなどのトラブルがあったのかも知れませんね。
  朝から暇だったので雨が収まるのを待って田んぼに行ってみました。畦や田んぼへの給水箇所を見回りましたが、決壊箇所や穴は開いていませんでした。腰を落として田んぼの水面下をよく見ると、たくさんのおたまじゃくしが元気に泳いでいました。また、たくさんのタニシが泥上で這っていました。水面では大小のアメンボも無数にスイスイと泳いでいました。この梅雨の中、人間には憂鬱な天気でも自然の小動物には活力を与える天気なのでしょうね。
    雨が降りしきる田んぼ

 時間が十分あったので畑で草取りをしました。先日植えたサツマイモ付近を重点的に除草をしました。この時期の雑草は、しっかりと根が地面に食いついているので抜くのはとても大変です。
    草取り前のサツマイモ

それに雨で土が粘土状になっていてヌルヌルしているので手が滑ります。サツマイモはしっかりと根付いていたので、遮光用の寒冷紗や稲わらを取り除きました。 そのうち雨が激しくなってきたので家に帰りました。
    草取り後のサツマイモ
コメント   この記事についてブログを書く
« 田植え準備と麦刈り | トップ | シュレーゲルアオガエルの卵塊 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事