東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

古い東芝製カーラジオAR-109(日野コンテッサ搭載)の修理(7/x)

2018年10月03日 | 古ラジオ修理工房



 今回から電子回路の故障個所を探索することにしました。特に、ラジオ放送を受信するにもかかわらず、とにかく音が小さすぎる故障原因を探すことにしました。これまでの修理経験から、音が小さい原因のほとんどが電解コンデンサの容量抜けであることが分かっています。そのため、容量抜けした電解コンデンサを探しました。

           音量を大きくしてラジオ放送を聞く


 低周波増幅の故障を探す時、私は初段から後段へと順番に探索します。音量故障の原因が、経験的にほぼ電解コンデンサの容量抜けと推定できます。そのため、正常な電解コンデンサを初段増幅部から順番に充てていきます。そして、その音量の変化を耳で聞きとります。変化があれば故障個所である可能性が高いのです。そのように調査した結果、初段増幅部は問題がなく最後段の電解コンデンサが容量抜けしていることが分かりました。

  低周波増幅初段部    低周波最後段増幅部  〇:故障した電解コンデンサ
  

 故障した電解コンデンサの容量値は470μFです。それが0になっていると思われます。そこで、容量が470μFの正常な電解コンデンサを仮取り付けしてみました。すると、大きな音が出るようになりました。これで故障個所が確定しました。ただ、音が大きなったものの音量を最大値にすると音が壊れます。その様子をオシロスコープで確認しました。これは最後段のPP出力の歪が原因です。

  音量が小さい場合     歪んだ大音量の音     音声をチェック
  

 容量抜けした電解コンデンサは、この田舎では手に入りません。10月末に東京に行くので、その時に秋葉原で購入しようと思います。音の歪対策は、その後とすることにしました。正常な電解コンデンサを購入するまでは、これ以上修理できません。そのため今回はラジオ放送が正常に受信するかどうかだけ確認しました。その結果、正常にチューニングしたりプリセットできることが分かり問題ないことが分かりました。

 仮付け電解コンデンサの半田付け   仮付け電解コンデンサを付けると音量正常に
 

『オーディオ・カーナビ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「田布施町の明治150年のあゆ... | トップ | 郷土館の壊れた掃除機、修理不能 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご案内です。 (コンテッサクラブの木村です。)
2018-10-15 19:16:32
ラジオの修理、ありがとうございます。
月末、東京に来られるなら、御参考です。
10月27日11:00~15:00は日野自動車 日野工場の秋まつりです。コンテッサが展示されます。
僕は参加予定です。修理をお願いしている、T氏は会社稼働日で参加されませんが・・・。
御時間有れば・・・。
取り急ぎ御連絡まで。
コメントありがとうございます。 (東京里山農業日誌)
2018-10-17 20:42:16
お誘いありがとうございます。
残念ながら、25日に再び山口県に戻ります。
ぜひ来年見学させていただければと思います。

コメントを投稿

古ラジオ修理工房」カテゴリの最新記事