東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

急いで、秋冬野菜の種まき準備

2019年09月08日 | 野菜:葉菜

 まだまだ暑い日が続いていますが、秋は確実にやってきます。急いで秋冬野菜の種まきの準備を始めました。すべての雑草を刈り取ってから準備すると良いのですが、今年はあれやこれやと忙しい日々が続きました。そのため、草刈りは後回しにして秋冬野菜の種まきの優先順位をあげることにしました。今回は秋冬に収穫するための畝を作りました。仕事から帰ってからの農作業のため、しかも最近は夜が早いため、穴あき黒マルチを覆う作業だけしかできませんでした。種まきは明日か明後日にします。

        秋冬野菜の種をまくための穴あき黒マルチを被覆


 あらかじめ耕耘機で耕していた畑を、もう一度耕耘機で丁寧に耕しました。そして、クワを使って土を寄せるようにして鞍型の畝を作りました。次に、その鞍型の畝をレーキで丁寧に整形しました。続いて、穴あき黒マルチを被覆しました。最後に、黒マルチの両脇に土を寄せて完成です。明日か明後日種をまきますが、今はタマネギの種まき適期です。黒マルチ前に、タマネギを育苗のための畝を作っておきました。秋はどんどん気温が下がっていきますので、のんびりすることができません。今年は、白菜もキャベツも種から育てる余裕がありませんでした。苗を買うしかないかなと思っています。

  クワで鞍型畝作り     レーキで畝を整形    穴あき黒マルチを被覆
  

コメント