カメラを片手に

遠くの奈良・春日奥山と若草山の移り変わりを定点観測し、
道端などの花々、ちょっとした出来事などを綴ります。

ユリ根の花って

2020-07-07 14:51:31 | 花日記
七夕なのに、線状降水帯が発生した梅雨末期、豪雨災害、熊本・鹿児島・宮崎に
続き、長崎・佐賀・福岡、そして筑後川、特に支流、大分・日田市三隈川も氾濫した。
3年前の平成29年7月にも九州北部豪雨災害がやっと癒え、三隈川にも5月から
11月まで鵜飼いの屋形船が浮かぶ小京都が・・・。
COVID-19と水害のダブルパンチ、小鹿田焼(おんたやき)の里も気になる。

一方奈良市は黒い雲が、風が吹けば雨が音を立てる状況、蒸し暑さは・・・
今朝は25.2℃と熱帯夜の朝を迎えました。
      8時

近くの保安林では、この雨で成長著しい葛が立ち木を覆いつくし、
人・動物?の立ち姿に見えませんか。
      

江戸時代の諺に「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花
今年はササユリは見損なったが、近所の公園で園芸種のユリが咲いていた。
      

我が小庭に、ユリの花がまだ咲いている。
 

この花は『ユリ根(百合根)』です。
ユリ根とは食用とされるユリ属植物の鱗茎のことで、ユリの葉が変形した
鱗茎に養分が貯蔵されており、栄養豊富でホクホク感を有し甘く、茶碗蒸し
などの日本料理や漢方薬としても用いられる。
また利尿作用等のカリウムや耐熱性のビタミンCや繊維質が含まれるが、
多くは高カロリーの炭水化物で占められ、食べすぎに注意!。 
また人体の免疫機能を調節し、癌を抑える作用もあるとの研究報告も。

このユリ根の花は、連れ合いの茶の菓子の百合根餡用に購入していたが、
一昨年使い忘れ、冷蔵庫で萎びたユリ根(百合根)がみつかり、
小庭に植えてみた。

食用になるまで大きくなるには3年かかるが、昨年は茎が出て葉を茂らせたが
秋には枯れてしまい、すっかり失念していた。
春に夏野菜のため耕していると球根を見つけた。連作障害があると聞き、植え
替えたところ・・・蕾をつけていたのは知っていたんだが。
六月の下旬に連れ合いが、玄関に飾っていて、咲いたことを知った。
 

実は食用にするには、鱗片に栄養を蓄えるため蕾は取るのが正解なのです。
現在食用のユリ根(百合根)は98%は北海道で栽培され、収穫期は10~12月、
その後澱粉を糖分に変えるため2か月ほど寝かせ春先から市場に出てくる。

通常ユリ科の植物の球根には、アルカロイド系の毒を含むものや苦みの強い
ものがあり、食用に向くのは、オニユリやとコオニユリ、ヤマユリなどです。

さてこれは、背が低く、花も小さいので『コオニユリ』?かな。
コメント

伊勢志摩の旅⑥おかげ横丁で赤福とかき氷を

2020-07-06 11:51:18 | 旅行
深夜になり激しく雨が降り出し、寝苦しさで何度も・・・今朝は寝不足、
早朝一時止んでいた雨も、降りだすと音をたてている。降りすぎだ。
今朝宮崎に「記録的短時間大雨情報」が・・・発表された。
再度北上した梅雨前線で、明日明後日迄こんな天気が続き、日本の
どこでも、災害が起こりうる状況だ。
神宮、風雨を司る別宮「風日祈宮」を思い描き、再度頭を垂れるばかり。
      6時半

草だらけの小庭では草丈よりも高く『ツユクサ』が雨に濡れている。
      

伊勢志摩の旅⑥、お伊勢さんにお参り後は昼食を兼ねお土産探しに
おはらい町通り、おかげ横丁を散策した。

宇治橋からおはらい町通りへ向かいと、入り口には観光人力車が客待ち
人は少なく、写真だけで500円と書かれている。大変ですね。
聞いたところによると、自粛明けの先々週は、以前と同様に多くの方が
訪れられた。でも先週は控えめ、今週になるとかなり少ないらしい。
      おはらい町通り

男の目的は一直線に日本酒の試飲へ、だがCOVID-19で「伊勢萬 内宮前
酒造場」や神前酒の「白鷹」さんも試飲は中止で、小売りのみ。
 

女性陣はお昼ご飯を探している。「松阪まるよし」で足を止めた。
昨日は冷しゃぶの一切れだけだったので、松阪肉に決定!
当初の予定では、松阪の和田金へいくつもりだったのに・・・。
  

ちゃんと体温測定と手指の消毒をしてから二階へ
      

メニューにビールがありません。えっCOVID-19のためなの?。
沢山は食べられないのでオープン記念限定メニュー「松阪牛牛鍋丼」1200円
やはり香りのある脂身と柔らかい肉が最高、でも少し甘めかな。
 
 
お茶を頂きながら、これからの予定をと。やはり3時7分発の伊勢志摩ライナーで
帰ることになり、スマホで特急券の予約を・・・便利になりました。

さらにおかげ横丁迄歩くと、右は五十鈴川にかかる新橋です。

その左前にある「赤福本店」、湯釜が煮えたぎり、赤福が手で造られていた。
 

夏の定番、赤福の「かき氷」を頂きたいので、通りの反対側のお店に
       


かき氷の中には、赤福の餡子と白玉が・・・(少し汚いですが)
 

おかげ横丁を通り過ぎる人を見ながら頂きました。
      このあたりで頂いた。

おかげ横丁をさっと見てきたが・・・欲しいものはなかったが、
「虎屋ういろ」の看板の前で連れ合いの足が止まる。
      

伊勢地方では正月飾りが一年中掛けられている。
      

ヨーカンならぬ「ういろ」を買っており、時間がないーからと急がせる。
近鉄宇治山田駅迄タクシーで移動、ビールを一缶買って、
伊勢志摩ライナーに乗車、さあ奈良へ帰ることに。
コメント

伊勢志摩の旅⑤伊勢神宮・内宮へお参り

2020-07-05 16:51:52 | 旅行
球磨川流域を中心とする九州南部、今年も梅雨末期の豪雨災害に襲われた。
今日昼から水曜日にかけさらに大雨との予報・・・さらなる被害に大警戒を。

奈良は22℃とムシムシする朝、10時過ぎより日差しが降り注ぎ、蒸し暑さが
増し、夕方より近畿地方にも雨雲が押し寄せ、水曜日迄雨、警戒しなければ。
私に出来ることは、天に祈ること、春日のお山・御蓋山にもお願いを。   
      11時
        若草山      御蓋山(春日山)

伊勢志摩の旅⑤、7月1日に伊勢神宮にお参りをさせていただきました。
賢島では雨だったのに、伊勢では青空さえ見え始めています。
      
宇治橋前の鳥居で一礼をして、真ん中は神様、人は右側通行です。
       
   
五十鈴川を渡りおえ、
      

またも鳥居を過ぎると
      帰りの写真

南方へ90度曲がります。


神苑


五十鈴川が増水して危険なため、御手洗場で手水を使います。
柄杓はCOVID-19のため使わず、樋から一筋の流れ落ちている。
 

一の鳥居越しの右側にロープが張られている、
ここを下れば五十鈴川御手洗場なのですが、今日は水量が多かった。
      

東方へ曲がります。木漏れ日が心地よいが、蒸し暑さは取れない。


授与所が二の鳥居越しに見え、
 

その前に、本来ならば外宮を参ってから内宮にお参り、
そこし先に外宮参拝所があるんですが・・・
右折して、風日祈宮へ先にお参りしに。
五十鈴川の支流、鳥路川にかかる風日祈宮橋へ。
 

別宮「風日祈宮(かざひのみのみや)」ご祭神は、級長津彦命・級長戸辺命、
本来は農耕に適した風雨をもたらす神さまが、元寇以降は日本の国難に
際して日本を救う祈願の対象となっている。

さて参道に戻ると、授与所の隣に皇大神宮神楽殿と続いて五丈殿
 

さらに四至神(みやのめぐりのかみ)そして外宮参拝所、背後には忌火屋殿・祓戸
      

内宮・皇大神宮正宮へと

ここからは撮影禁止、石段を昇り、内玉垣南御門から御正殿にむかい、ゆっくりと
お参りさせていただきました。
ご祭神は「天照大御神・あまてらすおおみかみ」、皇室の御祖先であり、
我々国民から総氏神のように崇められておりますね。
お願いするものでなく、生かせていただくことに感謝するのだそうです。
心が新たになったように感じられました。
左側から出口へ下り参道へ

もう一つの別宮「荒祭宮」へと直ぐ右折すると、大きな檜の木が・・・
皆さんに撫でられ、肌がつやつやに。長寿にあやかりたいのでしょうね。
         

御正殿の脇の登坂に高床式の「御稲御倉」、続いて外幣殿が
 

左折して、石段を下ると踏まぬ石が途中にあるはずなのですが・・・
      

別宮「荒祭宮」で、多賀宮と同様に鳥居がないのは珍しい。
内宮の別宮の中では第一位、正宮に次ぐ大きさで、
ご祭神は天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)。

お参りを済ませ、池の畔を歩いていると、池の中に咲く黄色い花が・・・


コウホネ・河骨』学名 Nuphar japonicumは、スイレン科の多年生草本。
浅い池や沼に自生し、夏に黄色い花を咲かせる。別名センコツ(川骨)。


御厨には神馬は不在

参集殿を経て宇治橋まで戻ると、午後1時前、やはりお腹が空きました。
                  (次回に続く)     
コメント

伊勢志摩の旅④宝生苑の雨の朝、鳶が飛ぶ

2020-07-04 14:13:18 | 旅行
夜明け前より熊本南部から鹿児島そして宮崎南部に線状降水帯が発生し、
4時半ごろ大雨特別警報が発令された。夜が明け詳細が明らかになるにつれ、
球磨川の氾濫が、そして・・・梅雨末期とはいいながらも毎年繰り返される。
地球温暖化でますますひどくなるばかり。
日本の施策はレジ袋の有料化と石炭火力の削減だけ?、小泉進次郎さん頑張れ!
      7時

奈良も深夜から雨で早朝だけの止み間も、
春日奥山の谷筋から水蒸気が駆け上り、御蓋山はそのうち包まれるのかも


午前10時過ぎから風雨が強くなり、先日の伊勢志摩旅行と同じような天候に。
窓をたたきつけるような風雨にもかかわらずお互い寝入ってしまった。
7月朔日、白み始めた午前4時過ぎにどちらともいうことなく、目が覚め、
窓を開けると、風と共に雨も吹き込んでくる。
時折さらに風雨が強くなるようだが、頑丈な建物で安心。
でも英虞湾は内海ですからそんなに白波が立たないようだ。   (4時30分)


眼下の展望露天風呂明かりが、でも5時半からですので・・・ぼっと
午前五時ごろに、こんな天気にもかかわらず、  ほとんど羽ばたかずに、
尾羽で巧みに舵をとり、上昇気流に乗って輪を描いて飛ぶ鳥が・・・
「ピーヒョロロロロ…」と鳴きました。タカ目タカ科の「トビ(鳶、学名: Milvus migrans)」で、関西では「トンビ」とも呼ばれます。
 

あっという間に、5時半になり、展望露天風呂に行くと先客4人が、無言で
海を眺めてぼんやりと。仲間入りして話すことなく、ぼんやりと時間が過ぎます。

部屋に戻り外を眺めると、真珠いかだの間をぬって漁船が
      

朝食時間は7時からで、COVID-19でバイキングから「和定食」形式に変更されて
いる。7時半過ぎに行くと、海を眺めながらの朝食は美味しくいただきました。
      *スマホで写真の予定が、撮り忘れました。
その間に今日の予定を相談、スマホで天候を調べると、伊勢の方が夕方まで
天候が良いとのことで、「お伊勢参り」に。近鉄電車で五十鈴川駅経由より
宝生苑前11時4分発1000円の伊勢神宮・内宮前への直通バスが良いのでは。
本当は歩きたくないらしい。
フロントで予約を済ませ、部屋の戻ると、また雨が激しくなっている。
連れ合いは9時半まで温泉に入れるのでと4回目に。僕は部屋から
島の間の連絡船も白波の間を抜けていく風景を眺めているとウトウトと。
      

小雨降る賢島でしたが、6名の乗客をので直通バスは一路、内宮前へ。
40分ほどで伊勢市域に入ると、山の上にお城が・・・
安土城天主閣の原寸大レプリカ、10億円もかかっているが・・・なぜここに。
      

上空は青空さえ見えており、傘を差さずにお伊勢参りができますね。
50分で内宮、宇治橋前へ到着です。
                          次回に続く

コメント

伊勢志摩の旅③大荒れの天候で賢島宝生苑でのんびりと夕食を

2020-07-03 19:00:35 | 旅行
奈良の朝は19.5℃まで下がり天候は下り坂、9時頃にはもう雨粒が・・・
      7時

6月30日梅雨前線の北上による大雨で、近鉄観光特急「しまかぜ」車内で
二時間の足止め、到着した賢島は雨風が強く、英虞湾の観光船も志摩マリン
ランドへも行かずに、宿泊予定の賢島宝生苑の送迎バスに乗り込んだ。
      

手指のアルコール消毒と、体温測定を受け館内へ。
2016年伊勢志摩G7サミットで安倍首相が10階の貴賓室「鳳凰」宿泊されている

ホールからは滝が流れ、琴の演奏台が・・・なんと階下にお茶室も


予約は期間限定2食付き9900円の燦陽棟8~10畳から”こちらの都合で”と
部屋を新館の華陽棟5階12.5畳の和室へ嬉しい変更にHPより

COVID-19対策でソーシャルディスタンスが守られ、仲居さんの案内はない。
絵画のかかる廊下を歩き自分たちでお部屋まで行くのですが・・・
      

エレベーターホールから英虞湾が庭園越しに一望です。


部屋に着くなり早々に温泉に浸かりに展望大浴場へ、小さな露天風呂もあるが、
「朝なぎの湯」の男性用庭園露天風呂へ50mほど下ると英虞湾が一望・・・、
残念にも小雨、だが独り占め、明日の朝に期待しよう。
      HPより

午後5時半から夕食は『おまかせ会席』、レストランにて

食前酒替 さんざしジュース        
酒肴合わせ盛り 前菜:貝柱うに粕和え プチトマト蜜漬けと蛸柔らか煮串打ち
          青さ厚焼き玉子 枝豆真丈 はじかみ
        お造り4種盛り合わせ
    *生ビールで乾杯

 *続いて日本酒は「作 穂乃智」
    300mlで2640円?、
    サミット酒だそうで、落ち着きのある香りと味わいが・・・

温 物  活け姫鮑の陶板焼き 野菜 レモン
       
もっと小さいと思っていたが・・・美味しかった。
      

  *お酒を追加「義左衛門」2090円

蓋 物  磯魚治部煮 姫皮博多煮 野菜炊き合わせ
       

冷 鉢  牛ロース肉冷しゃぶ めかぶ素麺 胡麻つゆ掛け 刻みレタス 茗荷
      

揚げ物  海老と鱚 玉蜀禿の天婦羅 野菜付け合わせ(4人前)
      

  再度酒追加「伊勢物語」2090円

蒸し物  すずしろ饅頭鼈甲餡掛け
御 飯  手こね寿司
      
留め椀  青さすまし汁
デザート  嶺岡豆腐
酒代合計10010円、返金なった「しまかぜ」特急代が消えた。

部屋に戻ると、午後7時半過ぎ、雨ですが夕闇が迫ります。
左下の庭園露天風呂の明かりが・・・温泉においでとばかりに


ひと風呂浴びて連れ合いを待つうち、はやくも寝入ってしまいました。
コメント