四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

議会閉会、その後議員会の忘年会。議員の倫理条例に基づき調査会の設置要求

2018-12-14 21:18:22 | 日記

●今日、議会は閉会。17日間の審議が終わりました。今議会は市長提出議案が少なかったたが、一般質問は議長除く全議員が行いました。また、現王園市長が、議会開会前に再選出馬を表明したことで、議会は、それに反応し少々荒れ模様の議会でした。これからは来年の統一地方選挙に向かってナーバスな展開が繰り広げると思います。早速閉会後の代表者会議に、請願の取り下げの圧力があったと「政治倫理条例」に基づく調査会議の設置の請求がありました。請願は国民の権利ですから、議員が出すな、又は取り下げろと圧力かけたりしていけないことは当然です。しかし、この問題は果たして倫理条例にある、「議員が立場を利用し、個人団体に嫌がらせ、圧力などをかけた場合」と規定に該当されるのか。いずれにせよ、その規定に基づき3人の議員が議長に調査会の設置を求めています。20日の代表者会議で委員の推薦を受け設置されますが、どうなるのか推移に注視しています。まあ、圧力を受けたと思われているなら、それ相応の対応が必要なのでしょう。

●今日は閉会後恒例の議員会主催の忘年会でした。6時からの開始でしたので、私は8時に失礼して帰ってきました。今年は、体調も良く4回の議会を何ら問題なく務めました。その間、市内全戸(8割ぐらい)を2回議会レポートの配布と、市民のみなさんからのご意見を承ってきました。少なくとも、4年前の私の大義は、木っ端みじんになりました。惨めな思いですが、これも不徳の致すところです。七転び八起きという言葉がありますが、私の人生は敗北に次ぐ敗北ですが、すべてにおいて時代の先を行き過ぎたもので、ほとんどは地代が進む中で取り返すことができています。時代は我々の思いと関係なく、遠慮なく進みます。成長産業・成長起業のほとんどは、時代を読み時代の進む一歩先を事業化しています。地方自治体のように、時代の後をのんびりと追いかけていたら、やがて追いつかないことになります。

●時代の先端は、確実に「半端ない」奴が作っていくのでしょう。今北本市政に必要なのは、半端ない異端児、21世紀、新元号時代の信長と思います。ドラッカーは、ラーニング(生涯学習)と言いました。学び続けることではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 議会は明日が閉会。いよいよ... | トップ | いよいよ歳末。12月23日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿