四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

議長公務:上尾道路高速化促進陳情と江川改修協議会の総会参加。ごみ処理新施設に関する決議の調査。楽しい時間。

2021-07-13 20:28:00 | 日記

●私のワクチンは、12日で2回目接種から2週間。抗体獲得と言われていますが、油断せずマスク着用、密の回避、手消毒などの感染防止の基本は続けています。そういう中で、昨日は緊急事態宣言が発令された東京に、陳情に行きました。上尾道路の高速建設について首都高速道路(株)へ、早期着工完成に向けて、会長の上尾市長、桶川市長、北本市長そして3市議会議長が参加しました。私も北本市議会議長ということで参加しました。霞が関の文科省の向かいのビルで、懐かしい場所でした。もう35年程前に、この近くの虎ノ門に出版社の事務所を構え、社会教育図書(生涯学習専門書)を発刊していました。すっかり様子が変わっていました。

●今日は、桶川市川田谷公民館で開催された「江川改修促進協議会の総会への出席です。1級河川の江川ですが、雨量の多い雨で氾濫することがあり、5年程前に高校生が犠牲になり、社会問題化しています。桶川市、上尾市、鴻巣市、北本市の4市で構成し、国や県に整備促進を陳情などしています。今日は、事業報告や会計決算、今年度の事業計画と予算、要望書(案)が承認されました。

●議長の公務の無い日は自宅で、調べ仕事をしています。特に12月議会で議決した、ごみ処理新施設に関し、「単独で、脱炭素化、エネルギーの活用、財政比較などの調査」が、執行部は予算化しましたが未着手です。研究者や実績などについてネットで調べたり、買い込んだ書物を調べています。私なりの仮説はできつつありますが、複雑な背景をもつ「ごみ処理問題」ですから、多方面からの調査検証が求められます。結論を急ぐことなく確実に着実に。それにしても、議員になる前は、新事業の構想・計画策定のコンサルをしていました。あれから15年、ずいぶんとさび付いています。ここからは、仮説を持ちに専門家の知見と技術を活用して、事業の実効性・可能性について絞り込めたら方向性が見えているように思っています。楽しい仕事になりそうです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 緊急事態宣言下、無観客のオ... | トップ | 連日猛暑。呪われた?五輪。... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿