四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

今年も半年が過ぎます。せわしなかった6カ月。6月議会も終わり明日から北海道の両親の墓の墓参です。

2019-06-29 20:52:07 | 日記
●ブログサボっているうちに、6月も明日で終わり。選挙でせわしない時期もありましたが、今年も残りが半年です。この1週間は、26日に6月議会が閉会しました。私にとっては特に可もなし、不可もないという一般的な議会でした。三宮新市長にとっては初めての本格的な議会。新人議員含めて19人が一般しました。内容は録画配信をご覧いただき、それぞれがそれぞれにご評価してください。私の一般質問については前回書き込みました。是非、録画配信ご覧ください。

●最終日に補正予算が可決しました。三宮市長の公約の「南部新駅と圏央道・上尾バイパスの可能性調査」費2,000万円、宮内の緑地の公有化に向けた不動産鑑定の費用です。わが会派は、日高幹事長がこの予算に賛成討論しました。討論の内容は以下のものです。

*議案第42号令和元年北本市一般会計補正予算第2号について会派市民の力を代表して賛成の立場で討論します。
本予算第8款土木費のうち3目南部地域整備費委託料2,000万円と、6目公園緑地費委託料48万5,000円については、三宮新市長の公約でかつ「すぐに取り組む10の公約」の実現に向けた経費の計上であり緊急性のあるものと理解しています。
南部地域整備費は、南部新駅及び圏央道・上尾道路の可能性について、南部地域のまちづくりの調査を実施するためのもので、南大通り線より南側、圏央道インター周辺の産業経済振興の観点で調査すると説明がありました。市長が北本市の成長点と述べているこの地域の可能性は、本市の地域振興にとって極めて重要であります。しかしながら、この種の調査はこれまでも新駅の立地調査、圏央道整備に伴う調査、企業誘致など数多く実施されています。これらの事を踏まえ、将来の開発の可能性を確認し、方向性をしっかりと定める調査報告書を得るためには、市民参画も重要であると我々会派市民の力は考えています。したがって、執行にあたっては、建設経済常任委員会に置いて付帯された決議、委員長報告書に添付されている1.第五次北本市総合振興計画、北本市都市マスタープラン、北本市産業振興ビジョン等のほか、過去の計画や調査結果を踏まえた調査を行うこと。2.調査の実施に当たっては、例えば「南部地域整備に関する調査会議」のような公募市民を含めた会議体を設置し、市民と共同で行うことも検討すること。3.調査結果を踏まえ、南部新駅、圏央道・上尾道路沿線開発、久保特定区画整理事業、デーノタメ遺跡等について、早急に市の方針を明確にすること。の付帯決議について尊重されることを強く求めます。
また、都市公園整備事業の不動産鑑定委託料ですが、宮内の緑地公園の公有化に向けた事業であり、地域の人々にとって待たれる事業であり、一日も早い公有化が図れるよう期待して賛成の討論とします。

明日から北海道の郷里(福島町)に行きます。これまでも選挙が終わると、両親に報告のための墓参です。もう両親が亡くなって20年以上になりますし、郷里には肉親はいません。お墓があるだけです。同級生も少なくなりました。自分が上京したころは人口も12,000人ぐらいでしたがいまは4500人ぐらいのようです。青函トンネル工事で一時期は活気があったようですが、いまはもう・・・横綱千代の山と千代の富士の記念館があります。小学生のころ、横綱千代の山が凱旋郷里位に入りました。〽来た来た来たよ。横綱来たよ。千代の山来たよ。と行列して唄って出迎えた記憶があります。
アクセスしてみてください。

コメント   この記事についてブログを書く
« 私の一般質問終わりました。... | トップ | 両親のお墓参りに北海道へ。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿