四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

いい潮時。上田埼玉県知事5選出馬せず引退表明。おつかれさまでした。思い出いっぱいです。

2019-06-16 09:56:40 | 日記
●注目の上田埼玉知事の動向でしたが、昨日記者会見で5選出馬せず、ということから引退が明らかになりました。大変お疲れさまでした。いい潮時、賢明な判断と思います。思い返せば、上田清司さんの選挙は、1976年新自由クラブで旧埼玉5区から立候補したとき、友人に頼まれて北本支部の運動を手伝ったことからでした。その後3回落選、4回目に小沢一郎や羽田孜さんが結党した「新生党」の公認で念願の衆議院議員に当選しました。

 
●細川政権の政治改革で小選挙区制が始まり、新座・和光・朝霞・志木の選挙区になり直接選挙をすることはなくなりました。ところが2003年土屋知事が退陣し急きょ知事選に立候補することになり、何年ぶりかで上田さんの選挙をしました。この時の私は、4月の市議選で市議に当選し、政治家のはしっくれとして北本駅前で応援演説しました。当時の会派「新生会」の高橋代表、石倉幹事長らで応援しました。


 
●見事に当選し、それから4期12年、新しい埼玉つくりに邁進しました。衆議院選挙で落選し、苦しい時代が長かったが、持ち前の厚かましさと人なつっこさ、そして諦めないで頑張りぬいた根性は見上げたものです。私も見習わなければと肝に銘じています。友人の串田英夫(2年前に亡くなりました)さんは、上田「命」という人でした。生きていたら何というか…やはり「おつかれさま」と言うでしょう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 安心して暮らし続けられるマ... | トップ | <長文です>今日資源組合臨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿