四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

カリスマ経営者?カルロス・ゴーンは、日産でため込んだ金をもって女房と一緒に老後を楽しく暮らしたいとごねた普通のおじさんだった。もう帰ってこなくてもいいよ。

2020-01-10 09:57:53 | 日記
●年末から正月にかけて、世間的に騒がせたイラン・アメリカとカルロス・ゴーン問題は、空爆と逃亡という非日常的な出来事でマスコミのテーマになっています。カルロス・ゴーンについては、逮捕されたときに驚き、逃亡には仰天しました。ちょっと古いテレビドラマの「スパイ大作戦」を思い出しました。


●自分はカルロス・ゴーンについては日産を復活させた、合理性重視のカリスマ経営者であるというイメージでした。日本人経営者には決断できないリストラを断行し、低迷していた日産を再生させた功績は認めるが、そこから排除された多くの日産マンの人生の将来を考える憂鬱になったことも思い出しました。そして8日の夜の会見の冒頭15分ほど聞き、「これは聞くに堪えない代物…」とテレビを消しました。翌日のテレビ報道や新聞を読み、ゴーンの終わりを感じました。エビデンスも論理性も無く、単なる愚痴、女房に会いたいとごねる老人に見え、あの冷徹なゴーンが普通の人になったと理解しました。もう帰ってこなくともいいから、日本の司法のことも言わなくてもいい。日本の司法のことは日本人が考え、直せばいい。ゴーンは、おとなしく、ママと一緒にレバノンで楽しく暮らしなさい。バイバイ。

●すごい女性がまたまた現れました。ある大手企業の労組の事務職員が、組合のカネ5千万を横領した疑いで逮捕された。一部報道では総額、6億円だまし取ったというニュース。普通のアパートに住みながら、乗馬の「午」を6頭持ち、高級外車を乗り回していた。60歳とか。もうずいぶん前ですが、銀行の女子行員がこのような多額の横領がして逮捕された記憶があります。それにしても、大手企業の労働組合。一人の事務員に資金管理のすべてを任せていた。まあ労働組合のなれ合い体質がこのような不祥事を生むのでしょう。ゴーンといい、日産といい、労組といい、カネにまつわる不祥事で新年から「めでたい・めでたい」。日本の夜明けは遠いぞ‼スギサク

●今日は朝からこんなつまらんブログで失礼します。これから工藤日出夫議会レポートをポスティングしてきます。おそまつ!
コメント   この記事についてブログを書く
« 昨夜、商工会主催の賀詞交歓... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿