四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

工藤日出夫議会レポート第160号発行。ごみ処理新施設建設整備を特集しました。

2019-11-05 19:32:00 | 日記
●今朝は、議会レポート第160号を駅頭でお配りさせていただきました。今160号は、鴻巣市に建設が予定されている、鴻巣行田北本市の3市で進めているごみ処理新施設整備について特集しました。平成26年から3市で建設に向けて検討してきました。令和6年の稼働に向け、ぎりぎりの段階で概算費用の総額を示しました。611億円という、とても北本市の財政力ではきつい数字です。総額の約25%が北本市の負担です。このレポートを読んだ方から「率直に申し上げると『何か問題が起こってそうだけれども、北本の一般市民にどうしろと工藤さんがお考えになっているのか分からない』とモヤモヤしました。」とコメントいただきま
ホームページが読みやすいので、ぜひこちらをご覧ください。



●その通りと思います。しかし、いま私はもの資源組合議会の議長です。議長は公平中立と言われていますので、個人的な見解や採決に影響を与えるコメントは控えました。今、示された事実だけを載せています。その点をご理解ください。私はこの数字でいいとは思っていませんし、さりとて行田市長が提示した数字でいいとも思っていません。いずれにしても議会できちっと検証することが重要です。そのために議長として与えられ職責の中で、市民が納得できる結論になるよう議会を運営します。お読みいただきご質問やご意見をお待ちしています。

●今日は、鴻巣行田北本環境資源組合議会臨時会でした。私が議長に就任し、議会運営委員会に諮問した「組合議会委員会条例」の制定のための臨時会でした。この条例の制定をもって、本日「新施設建設特別委員会」も設置されました。3市の住民に大きな影響を与えるこのごみ処理新施設建設です。議会としてしっかり審査し、最も適切な施設建設ができるよう、特別委員会の活動に期待しています。

コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は北本まつり。議員もオ... | トップ | 家族で伊香保に来ています »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿