四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

議長選での所信表明にご意見沢山いただきました。監査委員、私の任期の2年間もなく終わり。充実した2年でした。

2021-04-28 17:14:08 | 日記

●昨日の議長選での所信表明は、是非行ってほしいというお声をたくさんいただきました。そもそも議会の存在が市民には希薄です。何をやっているのかわからない。本当に必要なのかという意見もいただきました。誰がなっても議員が選んだ結果ですからそれはそれですが、なぜこの人なのかがわからない。市長は選挙の時に広報やポスターや演説を聴くことはあるが、議長はたまになった人があいさつを聴くぐらい。是非、議長選挙で何を言ったのか。市の政治をどうするのか。しっかり聞きたいものです。というお声がありました。

●今日は監査委員の例月出納監査でした。私は議会選出の監査委員で、その任期は2年ですから間もなく交代です。そういう意味で今日が最後の監査です。間もなく辞職届を市長に出します。この2年間、これまでの議員生活18年の内で最も充実した時間でした。2年間の総括ですが、行政はしぶといという印象です。監査結果報告や要求監査、定例監査で指摘しても、その改善が具体的かつ適切に事務に反映させない体質には、疑問を持っています。市長のガバナンスが問われます。議会のガバナンスが問われます。そして住民の自治力、住民のガバナンス意識も問われると思います。

●今コロナ対策で、政治の思考停止状態は、まさに戦後民主主義政治が未熟であるという証でしょうね。そういう場所にいる自分も同じです。安岡正篤にはなれませんが、親の教え、先輩の教えをもう一度思い起こし初心に帰って残りの任期(あと2年)努めます。政治は一寸先が「闇」とも言われます。一日千秋の思いで頑張ります。

コメント   この記事についてブログを書く
« 会派みらいの代表「議長にな... | トップ | 本棚の整理。廃棄の図書に格... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿