四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

本棚の整理。廃棄の図書に格別の思いが・・・身が切られる。コロナ対応について政治の不作為。人災だべ・・・

2021-04-30 19:27:35 | 日記

●ゴールデンウィークという最悪の日が続きます。昨日は雨ということもあり、数年前からかみさんに言われた本棚の本と生涯学習等の資料の整理をしました。本類はブックオフへ。資料等は資源ごみ(紙類)その他焼却などになります。先は短くなりましたので整理しましたが、捨てきれなく、残っています。すでに一度数百冊処分しました。この中には貴重な生涯学習の文献と国際的な資料集もありました。明日以降残りの整理をしますが、以下に写真を添付しましたので、読んでみようという本がありましたらご連絡ください。提供します。矢野純也氏の「黒い手帳」や闇社会の守護神、暴走する国家、略奪国家、未熟者の天下、超整理法などは秀作と思います。

●都道府県のコロナ対策とその結果(ここまでに限定)には、一つの傾向があるように思います。あくまでも報道やネット等のデータ、特に東洋経済のデータは信頼できます。従って98%独断です。私の人物(政治家力)好みもありますので、きわめて「偏見」になっているかもしれません。

●まず国政です。与野党ともに科学的理解力がないのは共通しています。一部の議員にはありますが、組織的に科学が反映されません。これは致命的です。しかも、コロナ対応より優先すべき政治課題があることです。昨年の2月は、中国の習近平国家主席の国賓と観光立国(中国からの観光客)、そして東京オリンピック開催。この問題は東京都知事含め対応の遅れにつながったと見ています。

●3月の緊急事態宣言で、ひとまず収束したが、その後緊急事態のエビデンスに基づく検証をしないままここまで来ている。何度も同じ間違いをする。何より「想像力」がない。間違いを認めない。反省しないから成長しない。相変わらず「ワンプラン」しかなく、環境変化に対応するプランを持っていない。今後もするように見ています。ワクチン接種についても、ワクチンの見通しが立ったら、医師に支援金を出すという土田場です。厚労省の医務技官に牛耳られた政治の劣化です。今後も続くでしょう。地方の知事については明日書きます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 議長選での所信表明にご意見... | トップ | 高齢者分ワクチン6月末まで... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿