四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

おぬし悪よのー・・・越後屋退治に桃太郎侍はおらんのか。関西電力。NHKは暴力団と日本郵政、どっちもどっち

2019-10-04 22:05:34 | 日記
●ついにテレビ時代劇桃太郎侍(チト古いか?)が、現代によみがえったと思われることが起きている。それも日本のリーディングカンパニー(と思われる?)であるが、ついにこういうことが普通になっちゃたのか。関西電力と日本郵政対NHK。岡山県総社市議会議員。モリカケで騒いだ時期もあったが、今や日本はこういうことが起きても「驚かない」世相になったようである。
 
●関西電力の記者会見。会長と社長が会見で話されたことは、福井県高浜町の原発に絡み、元助役から約3億2千万円の金品を受け取っていたというものです。聴いて笑えない、思わず顔が引きつったのが「お菓子の箱を開けたらお菓子の下に金塊(小判?)が入っていた」。「おぬし悪よのー」と言った越後屋が出てくる1シーンです。一着50万円の洋服仕立券。返そうと思っていた。元助役に恫喝された。また、日本郵政の副社長(元総務勝事務次官)はNHKは「まるで暴力団」と批判。日本郵政の簡保の不祥事は・・・どっちもどっちですよね。報道をめぐっての行き違いとして「暴力団」呼ばわりするか。岡山県総社市議会議員(共産党)が、入院していたと嘘ついて議会を休み、実は旅行していた。しかもうその証明書まで作って議会に出していた。
●今、コンプライアンスとか、ガバナンスと言われる時代です。これでは国際社会では生き残れない。原子力発電にうさん臭さ。特にわが国特有(かは良くわからないが…?)の「迷惑施設」ということから、どうしても闇の部分が出てくるようです。ごみ焼却施設もそうですし、お墓(納骨堂)等も迷惑施設と言って、行政は避けようとする。それに付けこむ人がいる。そして何らかの利益を生む人がいる。ここにアウトロー的な集団や人が介在する。そういう意味で言えば、「NHKは〇力団」ということになるのでしょう。高度に経済成長した日本は、裏でこのような闇が潜んでいる。こ・わ・いですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月。議会レポート第15... | トップ | 市民の力議会報告会2日で60人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿