四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

1週間ぶりの投稿。昨日熊谷総合病院で認知症について説明を受けました。認知症は症状です。従って認知「症」が正しいようです。

2022-05-13 20:13:34 | 日記

●ほぼ1週間ぶりの投稿です。この間、6日は北本市婦人会でのあいさつ。8日は北本市自治会連合会総会であいさつ。9日は、埼玉県市議会議長会の事務引継ぎで所沢市、10日は埼玉医科大学へ。そして、昨日は熊谷総合病院と何かと忙しく過ごしています。また事務局で議長決済の仕事があります。今日は太鼓連盟の諏訪会長と小一時間懇談しました。婦人会は、SDGsへの取り組みが事業の中心のようです。自治連は、今後の自治会への期待として、地域共生社会の実現に向け積極的に取り組んでいただくようお願いしました。事務引継ぎで所沢市へ行きましたが、大きな市ですね。

●さて、熊谷総合病院ですが、ネットで「脳ドック・脳機能ドック」で認知症を早期に発展し早期に対応することで改善する事例が多いという。ネット発見しましたが熊谷市議会議員が受診したようなので、知り合いの熊谷市議会議員尋ねたところ、女性議員が体験し、その議員の紹介で昨日お話を聞きに行ってきました。鴫原(しぎはら)医師が、スライドを使って丁寧に説明していただきました。

●認知症は病気というのでなく、認知機能が弱まる症状であるということでした。風邪(病気)をひくと熱が出るのは「症状」の一つですから解熱をする。咳が出ていればそれが風邪の症状、というように認知機能(言動・判断等に)が現れたとすればそれは認知症です。との説明でしたので、私が「認知症は”認知「症」”ということですか」と尋ねると医師は、「うまいこと言うね。その通りです」と。認知「症」は、適切な対応(治療)すれば改善するということでした。

●先生はテストで、私の認知機能検査をしてくれました。80歳まじかの私ですので、100点万というわけにはいきませんが、80点ぐらいの評価でした。さらにMRIの検査とセットで行うことがより適切な検査になるようですので、来年春に検査しようと考えています。詳しい内容は明日以降に報告します。

 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日はこどもの日(端午の節... | トップ | 深い意味(行くに径(こみち... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿