四輪クドウの独り言

見えたまま、聴こえたまま、感じたまま…

富士山初冠雪。天皇即位礼正殿の儀行われる。3市のごみ処理新施設予定されている11月議会に整備関連予算提出せずに・・・

2019-10-23 11:07:41 | 日記
●10月13日にブログを更新して今日は10日ぶり。予選ラウンドをトップで通過し熱狂したラクビーも、準々決勝で南アフリカに敗れ、後は強豪4チームによる準決勝・決勝を残すだけになりました。チーム・ワン、日本のゲームは感動ものでした。
●今朝の富士山です。すっぽり雪をかぶっています。秋を通し越冬がすぐそこまでやってきています。これから空気も澄み、我が家のベランダから見る朝焼けの富士山は美しいです。
 

●昨日は、今上天皇の「即位礼正殿の儀」が行われました。まさに平安絵巻、雅の世界を見ました。私は天皇の即位に特に違和感はありませんが、安倍総理の万歳には、何とも言えない・・・がありました。天皇はお言葉で、「…日本国憲法に則り、国民統合の象徴としてつとめを果たす…」と誓いました。上皇さまのお考えを踏襲したもので、二度と天皇の名で戦争する国にはならならいとの思いだと推察しました。雅子皇后が、美しくお元気な様子を見て安堵しました。


●当初予定されていた、鴻巣市安養寺に建設予定の新ごみ処理施設整備のための補正予算(債務負担行為)は、21日の正副管理者会議で「今定例議会(11月15日)」には提出しないことになったと、組合事務局長から連絡いただきました。「ほっと」しました。この債務負担は、建設費を決め入札するためのものです。3市の首長(正副管理者)が一致しないままに議会に議案を出されることは、あってはならないことです。私は議長として、3市が一致することを願っていました。しかし、これはかなり難しいことでもあると見ていました。
●28日(月)に全員協議会を予定とおり開催するということです。この場で、債務負担行為に至る経過と整備費が示されると思っています。私の印象では、この組合は設立して6年目ですが、建設事業の情報公開度が低く、議会の議論も単発的で、議員同士が生産的な議論の場もないようでした。私は議長になりましたので、早速議運の委員長に諮問し、「(仮称)ごみ処理新施設建設特別委員会」の設置をお願いしました。委員会条例も整い、近々設置ができる見込みです。この場で施設の建設について情報を共有し、議員も主体的にかつ建設的にこの問題に関わっていけるようになればと考えています。
●そういう意味でも、急ぐだけでなく、一服感を上手に活用し、建設的・生産的・合理的(科学的根拠)な議論を期待しています。必要と思われる資料請求もしました。資料をもとに、建築・土木そしてプラント建設の知見を最大限に活用し、3市の市民に理解していただけるような建設の進め方が望みです。3市の40年50年にわたる事業であり、事業費はすべて市民が納めた税金です。市民がある程度の理解ができるものでなければならないでしょう。急がば回れという言葉もあります。急いで、混乱で停滞するなら、回り道でも着実に確実に…が。
コメント   この記事についてブログを書く
« ラグビー日本スコットランド... | トップ | ソフトバンクは強かった。選... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿