EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いろんな異論は不快ですか?

2004-11-08 | WEBにまつわる話
 題名駄洒落でスイマセン。
 
 絶対に明確な答えがでてこないことは承知で書くのだけど、ブログに関して「不快なこと」って何ですか?
 こちらで書いたように、僕は「自分の意見を主張するために、他人を持ち出すこと」が不快なことの一つです。「みんな」がどう思っているかじゃなく、自分自身がどう思うかを主張してくれ、と思うのです。「自分だけがこう考えている」訳じゃないことを証明するために、似たような発言をしている人のサイトへのリンクを貼ったりするのは、自己を正当化するための手段だとは思いますが、いるかいないかも分からない(=証明できない)「みんな」を持ち出すのは、他人を批判する手法としてはアンフェアなんじゃないの?
 というのが、『みんなが不快だ』は俺が不快だ! の概要だったわけですが、頂いたコメントの数とか、取り上げていただいた個人サイトの数(っていっても4、5件ですけど)を考えると、賛否はともかく興味を引いていただいたようです。
 個人ニュース界隈の、どなたが最初に見つけてくれたのかは分からないのですが、その手の個人ニュースサイトって、まぁ、それがスタンスなのかもしれないですけど、取り上げた記事にどんなことを考えたのが書かれていないのが残念。
 で、記事として書かれていたものの他にも、クリッピングツールにメモしている方もいまして、そこに残された一言コメントが『「みんなが不快だは俺が不快だ」は僕が不快だw』
 そういう考えの方がいるのは分からぬでもないけど、敢えて言わせてもらえば、「僕」はどう不満なの?
 そういうことまで記述しない限り、文末に「w」をつけていることからも、その一言は「オマエはバカか」といっているのとたいして変わらないです。
 他人に対して「不快だ」という場合、その理由を明記しない限りは、単なる悪口か、当方に悪意をこめて晒すとしてしか読み取れない。
 特定個人の書いたものに対して、批判めいた事をするのに、その対象へリンクしたり、URLを記したりしていながら、相手には直接知らせない連中の考えていることが、どうにも理解しがたいです。(賞賛や同意の場合はこの限りではありませんが)
 ※この記事について該当者にトラックバックを送りたい所なのですが、あいにく先方は、この件について記事にしているわけではないので出来ません。また、当方としては相手に知らせることをせずに、リンクを貼ったりURLを記すことは、この記事内容に矛盾するので避けさせていただきます。
 これは僕個人の批判に対するスタンスとの違いかもしれないけれど、相手に知らせないで、なおかつその相手のサイトへの入り口を用意している批判と言うのは、言ってみりゃ「バカ晒し」と何ら変わらないと思うのです。「みんなが不快だは俺が不快だ」は僕が不快だw と書いて、それを自分のサイト上に記しているのは「おーい、みんな、こんなバカがいるから見てご覧よ」という解釈以外に、どう取れと言うのでしょうか?
 もちろん、後で言及するために、軽くメモ代わりとしてクリップしたのかもしれないが、それならば自分のブラウザのブックマーク欄にいれておいてもいいはずだし、他の閲覧者が見えるところに記すのなら、中途半端に貶すコメントをつける必要もあるまいに、と思うのです。
 クリップしたものを自分のブログのサイドバーに表示させている、その該当者は、ブログと言うものが「公の場に情報発信されているもの」だという認識が足りないんじゃないですかね?

 過日、僕を批判する記事について、その反論をトラックバックを送って書いたことについて、「えっけんはすぐ喧嘩を吹っかける」というような第三者のコメントがありましたが、自分が批判されたことに対して反論し、その記事を相手にお知らせする、ということのどこが「喧嘩」なのかと問いたいです。どうせ見つからないだろう、と思いながら批判し、見つかったら「ごめんなさい」……それならまだマシな方で、「いちゃもんつけられたぁ」と半ば逆ギレするのは、ご都合主義に過ぎないか、と思うのです。
 その件について、僕を批判する記事を書いた当事者とは、該当記事のコメント欄のかなり早期に決着がついているのですが、僕が問いたいのは、その後にたくさん寄せられた、捨てハンドルや名無しのコメントです。
 一部のあからさまな嫌がらせコメントについては、ハナから無視させていただきますが、「えっけんは他人の批判ばかりだ」「人のブログにけちをつけるな」といった類の、要するに「他人の批判をするな」という主旨のコメント、これはどんなものなんでしょ。
 「ケチをつけるな」というコメントも僕にケチをつけていますよね?
 しかも、さも自分が優位にあるかのような命令口調で。
 匿名で人を批判するのに、エラソーな態度とるなっての。
 「批判をするな」というものも、言ってみりゃ批判をすることに対する批判ですよ。
 広くブログを巡っていると、ニュース記事の感想として、その報道の仕方や事件・事故に係わった人や物事に対する批判に、「おまえは間違っている。批判するな」などと、個人のニュースに対する感想ですら、文句を言う人が結構見つかるものなのですね。
 しかしその文句を言う人の主張をよく読むと、どうやら「自分と考えが違う」ということに対して腹を立てていることが多いのです。
 なんだかなぁ……
 自分の意見が正しい、と主張するのは、まぁ、分かるんですけど、自分の考えと異なる者の存在を認めないような意見を、その相手のブログのコメント欄で主張するってのは、いかがなものですかねぇ…

 そんなことを、頭がスッキリするコラム:紳助報道の薄気味悪さのコメント欄のやり取りを読んで、考えました。
 頭がスッキリするコラム氏が、どのような相手に向けて、どれくらいのトラックバックを送ったのかは不明です。コメント欄を読む限り、かなり多くの似た話題を取り上げたブログに向けて、送ったようです。
 寄せられたコメントを読む限りは、決して無差別なトラックバックではないと思われるものの、アクセス稼ぎの宣伝トラバ、と取られても仕方のない部分はあるかもしれません。
 「こちらにリンクしていない記事からのトラックバックは不快だ」は分からないわけではないですが、「自分と違う意見のトラックバックを送られて大変不快だ」と主張している人が何人かいるようで、これまたずいぶんと温室育ちが多いのだなぁ、というのが正直な感想です。
 自分と同じ意見のものをたくさん集めるのは良しとして、、異論を認めないのならば、コメントやトラックバックなどの「他人が意見を言える場所」を用意しないほうがよろしいのではないでしょうか?
 それともそれは僕の幻想で、ブログと言うのも所詮は仲良しごっこのツールだったのでしょうか?
 
 別件になるのですが、ある日記系ブログにおいて書かれていたことに、読者の感想として「そんなものなら僕は不要」というコメントが残されていました。短い言葉ではありましたが、記事の内容を鑑みて、含蓄のあるコメントだと、僕は思いました。
 それに対する第三者のコメントとして「オマエはずいぶんとガキだな」
 「それ」が自分にとって「いる」「いらない」は各人の考え方の違いですけど、その考えの違う人に向けて「ガキだね」とか「バカじゃねーの」というのはどんなものでしょうかねぇ…
 もっと理路整然と反論できないものでしょうかねぇ。
 反論したい気持ちを否定する気はありませんけど、「ガキ」「バカ」「氏ね」では、語彙の低さを露呈しているに過ぎませんね。
 バカはどっちだよ、というのが素直な感想です
ジャンル:
ウェブログ
Comments (51)   Trackbacks (3)   この記事についてブログを書く
« ミラーマンですよ | TOP | 文末のw »
最近の画像もっと見る

51 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
さてさて (らりお)
2004-11-08 18:23:15
この記事は読み応えがありますねぇ。

さて、株にハマッていた頃にYahoo掲示板を良く見てました。そこには罵詈雑言の嵐が吹き荒れる掲示板が存在してました。株式の掲示板なので今後の相場の行方とか、その会社の方針や商品等を意見するモノだと思ってましたが、そうでない輩が多数存在していたのです。

>もっと理路整然と反論できないものでしょうかねぇ。

全く同意見でした。議論するのに罵声を浴びせる必要があるのだろうか。「ボク馬鹿なんで」と言ってるようなもんじゃないですか。意見ならキチンと意見らしく書いてもらいたいものです。

さて話が変わりますが、このブログにケンカを売りたい輩がいても仕方ないと思います。これは一種の有名税みたいなものじゃないでしょうか。本人が自分のバカさ加減を棚にあげて、「俺はえっけんにケンカを売った」と自己満足に浸っているんじゃないでしょうか。

ケンカ売るなら筋道を立てた理論で、コメントしにくれば良いと思うのですが、それができれば捨てハンドルなんか使わないで正々堂々と来るか・・・そうか。
Unknown (LSTY)
2004-11-08 19:11:38
 今日、自ブログの記事に書いたのですが、単純に世論をなぞったようなブログ記事には、読む価値がないと思います。「オレ節」のないブログには魅力を感じません。



 ただ、書いている立場からすると、馬鹿みたいに絡んでくる奴の相手は面倒くさい、というのが本音です。今までの経験から言うと「世論を見方にして一般論で文句言う奴」って、一般論以上の物を持ち合わせていないので、何も与えてくれないんですよ(笑)



 そんなわけで攻撃的な記事を書く時にはこざかしく逃げ道を作ってしまいます。ずるいなあ、我ながら。
Unknown (20cm)
2004-11-08 19:31:48
みんながみんな同じ方向を向いて

メダカの兄弟、鰯の群れじゃ気持ち悪いですな
Unknown (Lefty)
2004-11-08 19:44:51
>頭がスッキリするコラム:紳助報道の薄気味悪さ

この記事を読む限り、ぎりぎり?議論になっていると思うんですが…。

(まあ、その前の記事はぐちゃぐちゃっぽいですね→読んでない)

●らりおさん (えっけん)
2004-11-08 21:32:59
匿名掲示板は結局、良くも悪くも「便所の落書き」でしかないのです。

ゴミの中にも宝があるわけですが。



>議論するのに罵声を浴びせる必要があるのだろうか。「ボク馬鹿なんで」と言ってるようなもんじゃないですか。



でも本人はそれに気付いていないものなのです。
●LSTYさん (えっけん)
2004-11-08 21:40:58
>単純に世論をなぞったようなブログ記事には、読む価値がないと思います。



コピペ以上のなにものでもないブログね。

オリンピックブログですよ。

むだづかいにっき♂:オリンピックblogが激しくつまらない!

http://blog.goo.ne.jp/simauma_dx/e/65eebe9590ae0d47bb913c793aae701f

読まないね、実際。

意味ねぇもん。

ニュースサイトを読めば済むブログは読む価値ないです。

読んでいる人もいるでしょうが、情報収集能力に激しく欠ける人だと思います。

間違ってみることはあっても、コメントを残そうとは思わない。



>馬鹿みたいに絡んでくる奴の相手は面倒くさい、というのが本音です。



面倒くさいねぇ。

何で必死こいて相手してたんだろ、と反省しますよ。

つか、そういう奴らの「批判」は全く的を射てない、というか、その記事の主旨とは大きくかけ離れた、いわば揚げ足取りであることが多いです。

そこじゃねぇんだよ、その先を読めよ、と思うことが多いのです。

で、「ちゃんと読め」というようなことを言うと、「お前の文は長くて読んでられない」

全部読まないやつは、文句言ってくるな。



>「世論を見方にして一般論で文句言う奴」って、一般論以上の物を持ち合わせていないので、何も与えてくれないんですよ(笑)



いい事言うなぁ。

ちゅうか「考える能力」が欠如しているんでしょ。
●20cmさん (えっけん)
2004-11-08 21:41:58
>メダカの兄弟、鰯の群れじゃ気持ち悪いですな



でも最近その傾向が強くてねぇ。

群れないと何も出来ない奴が多いのよ。
●Leftyさん (えっけん)
2004-11-08 21:43:39
>ぎりぎり?議論になっていると思うんですが…。



いや、あの人は仕切りまわしの能力に長けていますよ。

罵倒合戦になりそうなところを、その能力で回避しています。

僕は彼と意見を異にする部分もありますが、あのブログはとても面白いです。
Unknown (頭がスッキリするコラム)
2004-11-08 22:11:59
TBありがとうございます。

えっけんさんに取り上げてもらえるとは、光栄というか、後が怖いというか(笑



TB乱発議論は“一場と紳助”ですが、まあ、あれは私がやりすぎたんです。その前記事は反論が出にくい性格だったので問題にならなかったのですが、“紳助”については反論が多くそれがTB乱発に飛び火した格好で。気の合う仲間だけで楽しみたい人には迷惑なスパムと同じだけですからね。



「もうTBするな!」とか「消した」とか云われたのは結構こたえまして、TB恐怖症になりました。

●頭がスッキリするコラムさん (えっけん)
2004-11-08 22:22:02
>えっけんさんに取り上げてもらえるとは、光栄というか、後が怖いというか



な、な、な、な、なんでぇ~っ!

最近の最も実力派の人気ブロガーからも恐れられなきゃならんの!!



TB連発を嫌う人は多いので、的を絞って撃つ必要はあるかもしれないですけど、僕は別に不満ないけどなぁ。

少なくとも関連性のあるものだと思えたし。

いや、状況を知らずに語るのは良くない、というのが貴殿の記事の内容でしたっけ。

でもそのことを理由にTB使わないのは非常にもったいない話です。

ムチャクチャおもろいブログであると思いますので、たびたびお邪魔させてもらいますです。

Recent Entries | WEBにまつわる話

Similar Entries

3 Trackbacks

耳を塞いで罵るのは見苦しい。 (★SHOEGIRL★)
先ほど『TVタックル』をチラっと観た時、 ハマコー氏が政治評論化の三宅氏に 「ハゲ!」っていうような事を言っていました。 言い合い(あえて議論、とは言いません)が白熱しての事のようです。 全く見る気を失い、テレビを切っちゃいました。 子供同士がケンカする時、
ブログの交流について (はむはむの煩悩)
最近、うんこが固い・・・。 今日も、トンカチみたいなのが出てきた。 こないだなどは、肛門が壊れるかと思うほどのが出てきて、おれの中で大パニックになってしまった。落ち着け、おれ、まだ死んだと決まったわけではない!って。 人は、こうして痔になっていくのだ
たたかうということを考えてみたり (日々是好日?かささぎなくらし)
コトバによって たたかう コトバを たたかわす とは どういうことなのか この狭くて広い世には たたかう人が多くいらっしゃる。 実際に声を挙げ 拳を振り上げ 剣を携えて その人の持つ,みえない正義のために 剣を拳を 振り翳す。 拳や剣を勢いよく振り上げれば