EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トラックバックじゃんけんからコミュニケーションは生まれない

2005-09-25 | WEBにまつわる話
Blog間のコミュニケーションを促進する「トラックバックじゃんけん!β版」  トラックバックの新しい使い方を考えたことは評価したいのだけど、これ、「新しいコミュニケーション手段」になりますかね?
 結局トラックバックを使ったゲームでしかないですよ。
 オンラインゲームで見知らぬネットユーザーとのコミュニケーションをとるのは結構なことだけど、それと似たようなことをブログでやろう、という意図が僕には理解できないです。
 このツールは、トラックバックじゃんけんを設置したもの同士で行われるものだから、いやな人は設置しなければいい、そんなことで越後屋が文句を言うのはおかしい、という人がいるかもしれませんが、そんなことにでも文句をいうのが僕なのでして。
 たぶん、はじめはコレを設置したもの同士が、考案者の思惑通りにコミュニケーションツールとして機能するとは思います。
 が、そのうちこのツールが普及するほどに、「じゃんけんの勝敗にこだわったエントリー」を書くことにこだわった人がでてきて、結局無意味な記事の応酬になってしまうような気がします。
 正しいトラックバックのやり取りの、オマケ的な機能として働く分には面白いのですが、じゃんけんをすることが主目的になってしまった場合、お互いのブログのトラックバック一覧は、第三者には全く無意味なものになってしまうでしょう。そんなふうになったブログに対しては、正当なトラックバックを送る価値も低くなってしまいます。
 
 このツールは、今のところ設置に対する敷居が高そうなので、急激に普及して、ネットリテラシーの低い人がじゃんけん専用記事を作りまくる事態にはならないと思います。しかし、改良の後に「誰でも簡単に設置」可能になったり、このツールが始めから付属しているブログサービスが始まったりすると、ちょっと塩梅が悪いです。このツールからトラックバックの何たるかを学んだブログビギナーが、本来の意味を無視したトラックバックを大量に発射するようになることが予測されるからです。

goo 辞書

コミュニケーション【communication】
人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと。言語・文字その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情・声などの手段によって行う。
 このツールから正しいコミュニケーションが生まれるとは、僕には到底思えません。
 できれば、FlashBlog内に専用のブログサービスを設け、そのコミュニティ内でしか使えないような仕組にしていただきたいところです。
  関連記事:
ブログパーツ「トラバわんにゃん」
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 越後屋的スパマー分類 | TOP | ブログが閉鎖的に思える理由など »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックコロシアム (はじめま略)
2005-09-26 21:50:08
1.テーマを決め

2.参加者を募り

3.相手が決められ

4.テーマに沿ったエントリを綴り

5.何かで勝敗を決める(ついたはてブの数、コメントの数、so-netとかYahooにあるような拍手とか、へぇとか、なんでもいいや)



<反則行為>

宣伝トラバ



てか勝敗決めるとかいう時点で萎えですなこりゃ。企画倒れお粗末でしたorz
思わずぐぐった (えっけん)
2005-09-26 23:57:19
コロシアム。



なんでもかんでも「勝ち負け」にこだわる方向性に走るのがよくないんですよねー。

極論だけど、トラックバックによる「勝ち負け」は議論の勝ち負けに結びつきそうでイヤだなー。

Recent Entries | WEBにまつわる話

Similar Entries