EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NGワード:あなたに迷惑がかかりましたか

2005-07-15 | WEBにまつわる話
 こうした「何かを批判する事が多いブログ」を書いているからには、当然自分も誰かから批判される事は想定しているわけですが、その言い分はちょっと理解に苦しむ物の代表例が「(批判している対象が)あなたに迷惑かけたわけじゃないだろう」という類のもの。
 トラックバックを使ったわけでもない、特定の誰かに対して言ったわけでもない「こういう事象が、こうした理由で良くない」という物に対して寄せられる反論としての「あなたに言われる筋合いはない」「その事であなたに迷惑がかかりましたか?」という物は、「批判として」の的を射ていないと思うのは僕だけでしょうか?

 これはこのブログに限った話ではなく、何かを批判する事が多いブログのコメント欄・トラックバックを読むとたまに見かけるものなのですが、例えば無断リンク禁止関連のエントリにて寄せられた批判に「ちっぽけな個人サイトが無断リンク禁止宣言した事で、えっけんに何か迷惑がかかったのか」という物がいくつかあります。
 そうした批判に対して、いつも思うのは「じゃあ、僕が無断リンク禁止を批判するエントリを立てたことで、無断リンク禁止宣言をしていない、あなたに何か迷惑がかかりましたか?」ということなのです。(*)(この辺は「無断リンク禁止」を「BlogPet」「トラックバックありがとう」「面白かったらクリックしてね」という具合にテキトーに置き換えてお読みいただけると幸いです。また、そうした機転の利かない方は、ここに書かれていることの半分以上は理解できない方だと思うので、おとなしくブラウザを閉じる事をオススメします。嫌いなサイトは見ないことが、ストレスをためないコツ)
 予想される反論としては「そんなブログは不愉快だ」という物がありますが、愉快か不愉快か等というのは、批判の材料としてはあまりにナンセンス。
 批判系サイトを批判する事自体がメタ批判であり、「サイト批判をしてはいけない」というのはオノレの主張が矛盾しているものなのですが、「不愉快だ」と言うのは単に「嗜好が合致していない」というだけのことであり、自己主張しているブログの場において、法や規約に反していないその記事を「自分の感性に合わない」という理由で糾弾するのはどんなものだろう?
 反論する際に感情的になるのは分からないでもないですが、「不愉快だ」「気にいらない」では、相手を説得する事はできません。そんな苦情では議論する価値が生まれてくるものではなく、また、相互の意見の歩み寄りにもなりません。

 相手の意見を訂正させたい、非道な行いに対して謝罪をさせたいのなら、嗜好の違いによる不快感を顕わにするのではなく、もっと論理的に反論していただきたいものであります。
 なお、当方は、自分の認めた間違いについては、これまで幾度か謝罪させて頂いていますし、記事について訂正も行っております。その際、訂正が行われた事については該当する記事内でアナウンスしておりまし、今後もそのやり方を崩そうとも思っていません。但し、人間関係を維持する為の上っ面だけの謝罪を行うつもりは毛頭ございません。
 
 なお、僕が何かを批判する際に気をつけたいこととしては、批判系サイトで気をつけたいことで述べた通りです。
 考え方の違いは、いくら言い合いをしても、そう簡単にお互いの意見の合致はしないものです。
 相手の考えに賛同できずとも、「そういう考え方もあるよね」と済ませることが出来れば、いくらかでも相手が持つ価値観を尊重できるものだと思います。批判や反論……オトナの対処法は?

 しかし「迷惑がかかったか否か」という点について考えると、それを当事者以外の人間が「○○さんは△△さんに対して迷惑行為を行っている」と言うのは、偽善者ぶるのもえぇ加減にせぇよと思うのであり、他者が当事者の思考を妄想して「意見を異にするもの」を攻め立てるのはあまり利口な手段ではないな、と思うのでした。


 あまり本筋には関係ないことなのですが、「ちっぽけな個人サイトが無断リンク禁止宣言した事で、えっけんに何か迷惑がかかったのか」について回答させていただくと、そのサイトが直接的に僕に迷惑を書けたわけではありませんが、そうしたサイトが放置された挙句、ゆくゆくはそうした考えが蔓延した為に、引用の自由を侵害される可能性が高く、将来的にWEBサイトが非常に閉鎖的なつまらない空間になる事が予測される事から、「迷惑が及ぶ可能性は十二分にある」と述べておきましょう。ついでに言うと、自分が守ろうとしているサイトを「ちっぽけな」とかいうのは、相手を馬鹿にしているよね。
Comments (8)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
« 自分に合ったニュースサイト... | TOP | NGワード:IP晒すぞ、ゴルァ! »
最新の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (中猫)
2005-07-15 22:00:28
迷惑がかかっているからいけないのだとか、迷惑をかけていないからかまわないのだとかいうのは、なんとも意味のないことであると思っています。

迷惑をかけないということはあまりにも当たり前のことであって、「・・・すべき」あるいは「・・・すべきでない」ことを決定するのは、迷惑かどうかというようなことだけでは論じられないのではないかなと思うのですよ。
思わずうなっちゃった (アキ)
2005-07-16 02:40:43
 ブログでは、こういう経験はありませんが、ある掲示板で…

私の書き込みに対して「自己中心的で不愉快な書き込みだ」といったご指摘が第三者(掲示板の管理人さん)を通してあり、思わず「別にあなた(ここでは管理人さんではなく、批判者)に損害を与えたわけではないでしょ?」と喉から出そうになりました。思わず言いそうになったけれど、いってもねえ…何にもならないし…

 あの時の書き込み、勢いにまかせて書きまくったので、反省すべき点は私にあるのですが、どこが悪いのか?指摘して頂かないと、謝罪したくても謝罪できないし、更正できないし、多くの方に不快感を与えたのなら別ですが、賛成者もいたから、ただ謝れず、ややこしかったな。

(管理人さんもフェアじゃないと思うが、人様の掲示板ですので、黙して語らず去る)



 「価値観の違い」価値観の違いを言葉で示すのも難しいものです。



 掲示板の管理人さんに迷惑かけない為に自己責任でブログはじめましたが、ご批判に対しては、ブログの方がフェアかな?

私はこりているのか、こりていないのか?



 えっけんさんの記事にコメント残すのにも、論理力が試されます。

記事にこのコメント合っていますかね?
●中猫さん (えっけん)
2005-07-18 15:33:33
もし書き手が「迷惑をかけてやる」という思想の元に行動しているのであれば、それは明らかな荒らし行為であります。

多くの場合、悪意のない発言が、相手にとって不快だった、だから迷惑行為だ、と思われているのだと考えますが、悪意がなければ何をしても良いわけではない、ということもあるし、なんとも面倒なハナシだなぁ。



自分にとっての正義は、必ずしも誰にとっても正義というわけではないですからねぇ。
●アキさん (えっけん)
2005-07-18 15:37:38
結局、コメント欄での批判行為は、相手にとっては単なる荒らしと見なされるケースが多いし、正当な批判であっても、人間関係の円滑化ということからも、相手の常連がこちらの見方をしてくれるケースは、少ないと思われるので、トラックバックが有効かと思います。



絶対的に正しい解答が存在しない問題の場合は、単なる罵り合いになるケースが多いことから、価値観の違いが確認された時点でお互いの言及は避けた方が良いのだと思います。
えっけん死ね (ばーか)
2005-07-18 18:28:26
お前生きてる価値ねぇよ死ねクズ
 (えっけん命)
2005-07-18 20:33:57
↑ お前が死ね、お前がクズだろうが!!!



人批判するときは、

己のURLを入れておけヴァーカ!
クズ (えっけん)
2005-07-18 21:48:02
そもそも批判でも何でもないし、どうでもいいや。

まぁどうでもいい (エンプティ)
2005-09-17 23:05:03
結局ブログだと主張者の意見が淡々と読まれるだけで

反論者がいても言い返せないから

こういう持論は別のところでやってみたほうがいいね

(´,_ゝ`)

Recent Entries | WEBにまつわる話

Trackback

自戒の意味をこめてNGワード (Over 40)
自戒の意味をこめてNGワードをいくつか。 俺はいいんだけどね。 本当はいいと思っ...