EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

更新は義務じゃないんですよ

2005-03-17 | WEBにまつわる話
※この記事はekken:ネタがないと嘆いている人は、他人のブログを読んでいないだけじゃないのにおいて書き直しされています。
---

 時々こちらにコメントを頂く毒舌家・LSTYさんって、ホントいいこと書く人だな。
 彼の書く毒を単なる悪口としてしか受け止められないのなら、いつまでもつまらないブログを永遠に書いてろ、と思うのは僕だけなんでしょうか?
 
 いくら「個人の日記」で「何を書いても自由」とはいえ、面白くない物には人は寄り付かんのですよ。
 始めてから何日も経つのに、どうして僕のブログはアクセスが増えないんだろう……
 そういう風にお嘆きのアナタ! そう、そこのアナタッ!!
 指を差されないと分かりませんかッ!!
 アンタだアンタッ!! (しつこい)
 答えは簡単、「面白くないから」
 誰にとっても面白くない物、書いている本人でさえ、面白いと感じない物を書き続けていても、アクセスは増えません。面白いブログは山ほどあるのに、わざわざつまらないブログを探して歩く人はいないんです。
 だめなブログって続かないな、、、


 言い換えると、「ブログを作る」ことが目的になっちゃってるブログは、続かない。ブログは手段なんですよ。何か言いたいことがあって、それを伝える手段としてブログがあるだけ。
 最初の記事が「とりあえず作ってみました」「テスト」とかいう記事の場合、基本的に「別に書きたいことはない」わけでしょう?まあ、消えたら恐いからテスト投稿って事もあるだろうけど。

 そういう人のブログって基本的につまらんし、「これからイロイロ、blogのこと勉強しまーす」って言いながら放置するし(笑)結局つまらんままに終わってゆくんだなぁ、と。
 つまらないと読者は増えるわけないし、そうなると、もともと書きたいことがない上に更新のモティヴェイシンも下がるしね。

 だから、ブログを続けようと思うんなら、まず「ブログを続けることを目的にするな」ですよ、正解は多分。「お前自身が面白くなれよ」でしょう、そして多分。

他人の不幸は蜜の味:ブログを続けるコツを教えてあげましょう


 そろそろ落ち着いてきた感があるものの、ブログを始めた理由をアンケートにとると、恐らくは「流行っているから」を挙げる人がかなり上位に来るのではないか、と推測するのであります。
 こうした人たちの最初のエントリに多いのが「ブログはじめました 」・「 初めてのブログ 」、「テスト投稿」「とりあえず書いてみる 」といったものです。結構テキトーなこと言って実際に検索してみたら、思いのほか引っかかってウハウハです。正直笑いが止まりません。すまぬ。君達を傷つけるつもりは毛頭ないが、これが現実なのだよ。ぷくく。あははは。わーっはっはっは!
 腹がよじれますッ!
 
 ブログに関するブログで、メタブログというほどには硬派なものではなく、みんなでブログを楽しみましょう! みたいな事を掲げるブログのお題として「ネタがない時どうしますか?」という質問を書き、コメントやトラックバックを求める記事があります。「トラックバックマナーについてどう思うか」「あなたがブログをはじめた理由」と共に、ブログの定番ネタで、正直もう飽き飽きなのですが(それでもトラックバックについて書き続ける、かなりしつこい越後屋がいるわけですが)、この手のネタは、絶える事のない初心者に好まれるのか、それなりに盛り上がっている物です。
 「毎日更新」を義務にしている人が多いのか、ホントどうでもいいつまらない事を書いている人って、結構いるんですね。酷いのになると「今日は書くことがない~!! 見に来てくれた人、ごめんね(はぁと)明日はきっと面白いことを書くから! きゃは(汗」なんていう「だったら書くなよ」と思うようなことを書いている人が、結構簡単に見つかる物です。
 あ、念のため言っておくけど、どこかからのコピペじゃないからな。
 別にブログは毎日更新しなきゃならないものでは無いでしょう。好きな時に好きなことを書けばよいのです。
 書くことがないのに「カレンダーに穴をあけたくないから」という理由で更新されるブログって、正直言ってつまらないんですよ。
 つまらない情報しか得られないブログには、閲覧者がつかないし、閲覧者がつかないとブログを続けるモチベーションが生まれてこないから、早々に放置されてしまうわけです。
 「ネタがない時どうしますか?」
 答えは簡単です。「ネタがないときは更新しない」
 じゃあなんで越後屋は高頻度に更新しているんだよ? と思われるかもしれませんが、「書きたいことがたくさんあるから」です。
 最近は「ネタ帖」もつけていないのですが、常に5つくらいは「次にこういうことを書こう」というネタを持っています。時々それを忘れちゃいますが、忘れた物は「忘れる程度の物」ということで、諦めます。
 しかし、他人の面白いブログを読んでいると、書きたいことって自然と生まれてくる物です。
 「更新したいけどネタがない」などという人は、自分の記事を書くことばかり考えていて、他人の書いた面白い物を読もうという気持ちが足らないんじゃないですかね?
 
 それでも「どんな所を読めば面白い物を見つけられるのか、さっぱり分からない」という人は存在すると思います。
 ブログポータルのトップページをちゃんと読んでいれば、面白い物はいくらでも見つけられそうなものですが、それも出来ない、という人は、リンク列記型のニュースサイトの中から、自分の趣味と合致した物をブックマークに入れるとよろしいのではないかと。
 僕がよく利用するのは、WEB論に関するリンクを多く取り上げる所、[MM]くろぽメモ一軒家@メモ帳、それに更新頻度こそ少ない物の、毎回テーマを絞り、ニュースの鮮度にとらわれることなく紹介してくれる駄文にゅうすなのですが、こうした個人ニュースサイトを巡回先にいくつか加えておくと、面白い情報なんていくらでも見つけられるものです。
 (最近、「ニュースブログはつまらない」という以前の考えは撤回しなければならないな、と強く感じるようになりました。ニュースブログにはつまらない物も多いけど、それは非ニュースブログも同じ事で、つまらない物はつまらないし、探す努力をすれば、面白い物はいくらでも見つかる物ですね)
ジャンル:
ウェブログ
Comments (16)   Trackbacks (6)   この記事についてブログを書く
« 「このブログがすごい!BLOG... | TOP | じゃあ「面白い記事」ってど... »
最近の画像もっと見る

16 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
予告 (LSTY)
2005-03-17 12:33:21
 最近更新頻度が低いのは、決してネタがないわけではなくて、暇がないだけですからね!念のため。



 以下余談。

 次はmixiについて書きたいので、いろいろ考えてます。でも私の場合「これについて書く」と宣言して放置ってよくするんで、あまりアテになりません。

 えっけんさんもmixiどうですか?多分、えっけんさんや私は「先天的にアンチmixi体質」だと思うのですが(笑)勉強にはなりますよ、ブログ論にもつながるし。
●LSTYさん (えっけん)
2005-03-17 12:38:30
>アンチmixi



書きたいんですけどねぇ。

なにせSNSはよく分からんので、的を射たことを書く自信がないのです。

キヌガサは「とりあえず」入っているが、全く使ってないし、使う気にもならん。



mixiは、たまにリンク元として解析に残っているが、非会員のサイトにリンクを張ってこそこそなにか言っているのは、たとえそれが悪口じゃないとしても、気持ち悪いです。
Unknown (しんざき)
2005-03-17 13:06:50
書きたいことがないんだったら無理して書くな!っていうのは、コメントやTBにも同じことが言えそうですね。なんか、「ブログをやる目的」とあわせて、分析してみると面白いかも知れない。



mixiは私も勉強の為も兼ねて、始めてみました。今のとこ全然活動してませんが。

なんといいますか、お友達サイトを物凄い勢いで集積するとこうなるのか、という感じです。
ここか。 (keko)
2005-03-17 13:14:03
呼んだでしょ。

でも、

指さなくていいから。分かってるから。



ネタですか。

今、頭の中に3つくらいですかね。

熟成するのをポケーっと待ってる所。

私は小難しい事は書けないけど、

思うところは一応ある。
無理矢理書くことも (ボンバー犬)
2005-03-17 14:00:55
無理矢理でも書いて、文章を作る技術を練習していたりします。

リンク先じゃないところで。

ping打ってないからあまり迷惑はかけていないとは思いますが、でも検索情報の邪魔はしているかも。

プチカミングアウトですね。



mixiでは有り得ないほど馴れ合ってますよ。



時々自分が気持ち悪くなります。

サイトの数だけ人格があるような気がしてきた。

医者はどこだ?
呼ばれちゃいました (MIMIKA)
2005-03-17 16:05:46
私のブログの1日目は「ブログはじめました」でした。わっはっは。
●しんざきさん (えっけん)
2005-03-17 19:16:31
>書きたいことがないんだったら無理して書くな!っていうのは、コメントやTBにも同じことが言えそうですね。



表立って言われることはないけれど、実は嫌われているコメント・トラックバックの多くは、別に書く必要もないのに、無理してかかれたものであることが多いように思えます。



ところで先日の「音楽クイズ」ですが、あれは「無理して更新」の類の記事なわけですが、思いのほかコメントがついていたりして、実は困惑しております。
●kekoさんと読んでいるかどうかわからない「きをふし」さん (えっけん)
2005-03-17 22:38:18
>ネタですか。

>今、頭の中に3つくらいですかね。



今現在のハナシで言えば、両手でも足りないくらいのネタがあります。

何から手をつけていいか、わからないくらいです。

ただ、放っておくと、その中の割とどうでもいい話題は、自然と忘れたり、似た様な話題に吸収されたり。



この記事を読んだ、くろぽメモの「きをふし」さんはこんなことを書いていましたよ。

>目的なくサイトをはじめるのも良いと思います。僕も「なんとなく」ではじめたから……(笑)。



確かにそれも悪くはないのですけど、早いうちに自分のサイトの方向性を定めておかないと、消滅への道は早いと、僕は思うわけでして。

黒板ぽって、かなり前からその存在を知っていましたが、サイトの方向性って、確立していましたよね。

●ボンバー犬さん (えっけん)
2005-03-17 22:42:53
>無理矢理でも書いて、文章を作る技術を練習していたりします。



ブログ読む限り、かなり読書家であろう、ボンバー犬文章は、かなり確立したものを書いていると思います。



僕の文章がみんなにとって「わかりやすい」物なのか否か、僕はよく分からないのですが、声に出して読んだ時に、リズム感がある文章を心がけています。

椎名誠氏の本を読んでいるうちにこうなりましたが、何が書いてあるのか分かりにくい文章を書く人は、たぶん読書量が足りないのだと思います。

良い文章に触れていない人は、良い文章の書き方を知らないのでしょう。



最近特にそう思うようになりました。

ヘンに知識人ぶって、難解な文章を書く人は、ちょっと文学かぶれに過ぎると思うのですが。
●MIMIKAさん (えっけん)
2005-03-17 22:47:01
そうやって笑い流してくれる人が一番好きです。



過敏に反応して「おれのことかーッ!」と怒られても、正直、構ってられないわけでして。



そういわれて、その通りだ、と思えば、それを直せばよいのだし、そんなことは絶対にない、と思うのなら無視すればいい話だと思いません?



はじめま略さんなんて、ブログのタイトル自体が「ブログはじめますた」だからなぁ。



早く復活しないかなぁ・・・

Recent Entries | WEBにまつわる話

Similar Entries

6 Trackbacks

近頃の生活と近頃のこのblog。 (日々呟く。)
またロクでもない生活リズムになってしまった。 ここ5日ほど、次のような生活リズムで生活しております。 起床時間は夕方近く。 そして、近頃毎日訪ねていらっしゃる友人と碁を一局。 あっという間に夜になる。 夕飯。 夕飯後、ここになにを書こうかと考え、そしてなに
ブロガーがブログをやめる日 (不倒城)
なんだか最近、「ブログの目的」について考えさせられることが多い。 ことの発端は、「むだづかい日記」様のこちらのエントリーである。 更新は義務じゃないんですよ 書くことがないのに「カレンダーに穴をあけたくないから」という理由で更新されるブログって、正直言っ
無理することはない? (ぐだぐだと(仮))
前回の更新に関連して…むだづかいにっき♂:更新は義務じゃないんですよ痛いところをつかれました。要するに、ネタが無いのに無理して更新してもつまらないから更新するな、と。全くもってその通りです。はい。更新が手段から目的にいつのまにかすり替わってるのが問題なん
ツマラナイブログ。 (若干、特盛で。)
■更新は義務じゃないんですよ  にて。  >いくら「個人の日記」で「何を書いても自由」とはいえ、面白くない物には人は寄り付かんのですよ。  アッハッハッハッハッ!!!ウチの事?泣いていい?  常々、「ブログは別に自由に書いていいんですよ、誰かに縛られて書くの
更新の意味、モチベーション (俺の道)
更新は義務じゃないんですよ(むだづかいにっき) まずこの記事を読んでもらいたい。 ダメなblogについて書いてある記事だ。 詳細は記事内容を見て欲しいが、更新は義務じゃないんだから 好きに書けばいい。無理して書いた記事なぞつまらんし、 ならいっそ書かない.
文章による自己顕示 (COOL DE KITSCH)
 「日記ならチラシの裏に書いとけ」という、実に有名な突っ込みありますよね。今でも...